HOME > ブログ > ファスティング > 「ファスティング」で心掛けたいことについて。 

ブログ

< 痛みや疲れには「半断食」が効果あり?  |  一覧へ戻る  |  お風呂に入っていられない人は免疫力が低い? ~ポイントは体温~ >

「ファスティング」で心掛けたいことについて。 

以前に何度か「ファスティング」(半断食)について紹介
させて頂きましたが、今回はそのファスティングの際に
心掛けてもらいたいことを少しまとめて書きたいと思います。







①生野菜や果物を取り入れた
ファスティングを意識すること。







酵素栄養学の考え方からすると、酵素の全くない食材での
ファスティングは良い方法とは言えません。


というのは、ここでいうファスティングの目的は酵素の温存
や臓器の休息により、身体の老廃物や毒素の円滑な排出です。


そのため、生野菜や果物、発酵食品といった酵素の含まれる
食材を取り入れることが重要
なのです。





②ファスティング中は
早寝早起きを心掛け、
リラックスして過ごすこと。





ファスティング中は、体内酵素が身体の調子を良くしようと
整えてくれるので、生活習慣を整えることが大事なことです。


仮に夜更かしなどの生活習慣やストレスがあると、身体は
大きな負担を受けて、酵素の無駄使いに繋がります。






③ファスティング中は
激しい運動は控えること。






ファスティング中は身体の代謝活動に対して働きかけている
ため、激しい運動に対する働きにはうまく対応していません。


ただし、ウォーキングなどの軽い運動であれば無理のない
程度で行うことは可能です。


もちろん、体調が悪くなった場合はすぐに止めるようにして下さい。





④ファスティング前日や
終了直後に、消化の悪い
食事は避けること。





ファスティング中は消化器官が休息状態になるため、前日や終了日
に消化の悪い食事をしてしまうと消化器官に過度な負担がかかります。


なので、お粥や味噌汁、野菜や果物のすりおろしなど消化の良いもの
を食べるようにして、徐々に普通食に戻していくことが大事です。





以上、簡単にですがファスティングの際に心掛けたいことを
まとめてみました。





{関連記事はこちら}
[ファスティング・デトックスプログラムについて]
[ファスティングでのポイントとなる補食について]
[食事で酵素を取り入れるためには?]
[早寝早起きを心掛けるわけとは?]

[加熱食による酵素不足について]

[半断食を行う目的とは?]
[果物を食べるのが良い理由とは?]
[すりおろしによる酵素の活性化について]



カテゴリ:

< 痛みや疲れには「半断食」が効果あり?  |  一覧へ戻る  |  お風呂に入っていられない人は免疫力が低い? ~ポイントは体温~ >

同じカテゴリの記事

酵素ドリンク+プチ断食1週間で効果良好!

『体験者の声』 【2012年8月30日付けお客様ノートより】 抜粋

前回の入酵から3週間空いてしまいましたが
その間、朝食をサラダ・酵素ドリンク・フルーツだけで1週間過ごしていたら
今日は体脂肪も減り、結果良好です!  しばらく続けます。

《きばこオーナーより》
1. 寝起きに白湯を200ml飲む
     その後
2. 酵素ドリンク20mlを飲む
    そしてその後の朝食では
3. さらに白湯を200ml飲みながら
4. サラダやフルーツ・発酵食品等を食べて
5. 白米・パンは食べないで抜く

朝食のプチ断食は、
体内酵素温存デトックス効果(便秘解消)に優れ、大変効果的です!
また、午前中の水分補給は白湯のみにすることで、むくみ解消にも効果があります。

1日2食(プチ断食)の朝食抜きダイエットを続ける事で、
朝食をしっかり食べるよりも、お昼までの腹持ちも良くなります。

ファスティングにおける「補食」とは?

前回、ファスティング・デトックスプログラムについての記事を
書いた際に「補食」という言葉が出てきました。

実は「補食」はファスティングにおいて非常に重要なことであり、
これをしっかり行えるかどうかで、効果や結果が異なってきます。

「補食」とは、ファスティングによる断食から普通食に戻していくまでの食事のことを言います。

なぜ「補食」が必要なのか?
それは断食により臓器の活動が休止状態になるため、
そこに今までと同じような食事を摂ってしまうと、臓器は
消化のための準備がまだできていないために消化器官
に大きな負担がかかります。
また断食により身体が飢餓状態にあるため、栄養を
必要以上に吸収しようとするので普段の食事のつもりで
食べてしまうと逆に太ってしまうことがあります。
                 このようなことから「補食」というものが必要なのです。


では「補食」とはどのようなものなのでしょうか?
断食明けの食事は、消化の良いお粥や味噌汁などから始めます。
但し、消化が良いからといって食べ過ぎてしまうと消化器官に
負担がかかるので、食べ過ぎないように注意しましょう。

消化器官の働きが少しずつ戻り始めたら、豆腐や豆乳などの豆類・
わかめやひじきといった海藻類・大根やさつまいもなどの野菜など

を少しずつ食べましょう。
なお、固形物などの消化が悪いものや味の濃いものは避けましょう。
具体的には肉や魚、卵などの動物性タンパク質・パンなどの小麦製品・
揚げ物などの油分の多い食べ物・コーヒーなどのカフェインの含まれるもの・
菓子類など
が挙げられます。

つまり、ファスティングを行った際には必ず「補食」の期間を作ってください。
これを行わなければせっかくのファスティングも失敗に終わったり、更には
逆効果の恐れもありますので注意してください。


酵素栄養学とは? ~時には半断食で内臓を休ませてあげましょう~

これまでの話で「生」の酵素(食物酵素)が含まれた食事を摂取することで
健康を維持し、病気にならない身体になる
ということを書きました。
確かにそれは大事なことですが、今回は半断食をすることによって
内臓などの臓器を休ませることの重要性について書いていきたいと思います。

そもそもなぜこのような話になるのかというと、現代人の食事の大半は
「過食・飽食」の状態にあるからです。

例えばステーキや焼き肉などの肉中心の食事、
天ぷらやフライものなどの揚げ物の多量摂取、
スナック菓子などの間食、ラーメンやおにぎりなどの
夜食の習慣といった、大量の「消化酵素」を
使わなければ消化できないような食事
を毎日のように
続けている方がたくさんいます。





また、コンビニなどの普及により食べ物が24時間
いつでも手に入れることができるようになり、常に
食べ物を食べることによって消化活動が休まる
ことがないという状態の方もいたりします。
このような状態の方は胃腸などの消化器系が
疲れ切っており、常に「消化」に酵素が使われている
状態なので、「代謝」に使う酵素が足りなくなり、
その結果として免疫力の低下から病気に侵されやすくなります。

                 また、お酒をよく飲む方は肝臓がアルコールを分解
                 するために常に働いている状態であり、こちらも疲弊
                 していることでしょう。


つまり、「過食・飽食」の状態が続くと「消化酵素」の浪費となり「代謝酵素」の働き
に影響を及ぼしたり、臓器の疲弊により機能の低下を招きます。


このような過労状態の臓器では十分な働きをする
ことが難しく、本来の働きに戻してあげるために
半断食という方法で臓器を休ませるということが重要なのです。
ここでいう半断食とは言葉の通り、全く食べないという
ものではなく、少量の果物や生野菜などを食べるというものです。
食べる量を減らすことと酵素が含まれた食べ物を摂ることで
「消化酵素」を節約することができるので、その結果として内臓などの
臓器を休ませることができ、さらに「代謝酵素」の働きが良くなります。

この半断食をすることで胃・小腸・大腸・肝臓・腎臓などあらゆる臓器の
休息に繋がり、身体に溜まった毒素や老廃物をしっかりと排出する

                  ことができ、全身の浄化ができます。



ちなみに酵素風呂「きばこ」では、ファスティング・デトックスプログラムをご提案いたしております。
これは断食による「消化酵素」の節約に加え酵素原液による「酵素」の補給酵素風呂の入酵によって
自己免疫力を高められる
という三重の効果を得られることができますので、更なる効果が期待できます。

きばこ酵素風呂

お電話でご予約下さい!

045-306-9874

住所
神奈川県横浜市港北区鳥山町387-2
営業時間
10:50~20:30
定休日
不定休
入酵受付時間
11:00~18:00
(時期により営業時間短縮あり)

このページのトップへ
このページのトップへ