HOME > ブログ > 47の心得 > 心得42 ぽっくり逝く技術を身につける? ~その①心臓病では、ぽっくり逝けない?~

ブログ

< 心得41 「ほっときゃ治る」をいつも心に ~その②入院が長いとボケる?~  |  一覧へ戻る  |  心得42 ぽっくり逝く技術を身につける? ~その②元気に、長生きできる4つの習慣?~ >

心得42 ぽっくり逝く技術を身につける? ~その①心臓病では、ぽっくり逝けない?~

今回は「心臓病では、ぽっくり逝けない?」というテーマです。






2011年、全国の20〜89歳の男女924人を対象に第一生命経済研究所
が行った「理想の死に方」アンケートを見ると、
「ある日心臓病などで突然死ぬ」を選んだ人が全体で70.9%。
60代では82.9%にのぼっています。


驚くことに、ぽっくり逝きたいと考えている人が7〜8割もいるのです。
その理由としては、「家族に迷惑をかけたくない」・「苦しみたくない」
・「寝たきりで生きていても仕方がない」などが挙げられました。

確かに、ボケて家族に迷惑をかけたり、寝たきりになってチューブで
栄養を入れられたり、ひどい苦痛や不自由にうめきながら生き続ける
といったことは敵いません。



しかし、人間なかなかぽっくりとは逝けないのです。

例えば、7割以上が望んでいる「ある日心臓病などで突然死ぬ」ということ。

今、日本人の死因でガンの次に多いのは肺炎を除くと
心臓病と脳卒中であり、この2つはぽっくり逝けると
思われがちですが、ウッときてすぐ死ねる人はとても少ないのです。


実際には、ほとんどの人が何回も発作を繰り返して、
その都度生き延びて、だんだん症状がひどくなっていきます。


脳出血にしても、脳幹(脳の中心部)に大量出血したら
呼吸や心臓の中枢が壊れて、すぐ死ねます。
しかし、よくある大脳半球内の出血では手足の片側の麻痺が長く続きます。




2012年6月、厚生労働省が「健康寿命」という新しい指標を出しました。

これは「介護を受けずに、自立して健康に生活できる」年齢を意味します。

2010年は男性70.42歳、女性73.62歳とされています。
そして平均寿命は男性79.55歳、女性86.3歳。

あくまでデータ上ですが、日本人は亡くなる前に平均10年前後も
「健康ではなく、介護なしでは暮らせない」という日々を過ごして
いるということになります。


しかし、こうした実態は超長寿国である日本の現実なのです。









<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム

カテゴリ:

< 心得41 「ほっときゃ治る」をいつも心に ~その②入院が長いとボケる?~  |  一覧へ戻る  |  心得42 ぽっくり逝く技術を身につける? ~その②元気に、長生きできる4つの習慣?~ >

同じカテゴリの記事

心得42 ぽっくり逝く技術を身につける? ~その②元気に、長生きできる4つの習慣?~

今回は「元気に、長生きできる4つの習慣?」という
テーマです。






前回、人間はなかなかぽっくりとは逝けないという話をしました。

ただ、ぽっくり逝く可能性を高める方法はいくつか考えられます。



救急のとき以外は病院に行かないこと。

これだけで、検査のために放射線を浴びたり、無意味な手術や
薬害で苦しんだりして亡くなるリスクがグンと減ります。



リビングウィル(終末期の医療・ケアについての意思表明書)
 を書き残すこと。

自分が倒れたときの延命治療についての希望を明記し、
家族に渡します。


転倒を防ぐこと。

年をとると身体のバランスを取りにくくなり、転倒骨折しやすくなります。
骨折後にそのまま寝ついて、一気にボケてしまうことがよくあります。

階段の上り下りはバランス感覚のよい訓練にもなるので、
なるべく階段を使うことをお勧めします。
但し、階段で転んでしまっては元も子もないので、くれぐれも
無理のない程度に行い、必ず手すりを持つようにして下さい。



ボケを防ぐこと。

ボケてしまったとしても、「噛んで飲み込む」機能は保たれ、
内臓も元気なので、ケアが行き届いている程10年15年と
生き続けることになります。

家族を不幸にしないためにも、手足をよく動かしてボケを
遠ざけましょう。









<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム

心得41 「ほっときゃ治る」をいつも心に ~その②入院が長いとボケる?~

今回は「入院が長いとボケる?」というテーマです。






日本は世界的に見て、入院日数が長いことが問題です。

例えば、出産後の入院が欧米では1〜2日に対し、日本では一週間前後。
また、小指の骨が折れただけで、必要のない抗生物質の点滴が3〜4日
と何日も続いて病院に留め置かれた、といった話を聞いたことがあります。



特に、高齢の患者の入院日数が長いことに注目です。

高齢者の平均入院日数は、デンマークの場合32日、それに対して
日本では高齢入院者の半分近くが6カ月以上入院しています。

高齢の患者は入院するとベッドに寝てばかりいることも多いため、身体を
動かさないことで、筋力が衰えやすくなり、頭もボケやすくなります。

こうしたことが、寝たきりや認知症を作る大きな原因になっているのです。



「病気の80%は医者にかかる必要がない。かかった方がいいのが10%強、
かかったために悪い結果になったのが10%弱」
という言葉がありますが、
まさに至言。

基本的に少々の痛みや不自由は「ほっときゃ治る」と放置して、
どうしても日常生活に差し支える症状があったときだけ、病院に行く。

本当に手術や入院が必要なのか、あらゆる情報を調べてから踏み切る。


そう心掛けると、人生終盤を有意義に過ごせます。








<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム

心得41 「ほっときゃ治る」をいつも心に ~その①医者がストライキをすると死亡率が減る?~

今回は「医者がストライキをすると死亡率が減る?」というテーマです。





以下の話は、冗談のようですが本当の話です。


1976年、南米コロンビアで医者が52日間ストライキを行い、
救急医療以外の診療活動が全てストップするという事態が起きました。

その奇妙な副作用として、新聞が報じたのは
「死亡率が35%も下がった」というニュースです。
「偶然かもしれないが、事実は事実である」と国営葬儀協会が
キツネにつままれたような気分が伝わるコメントを発表しました。


また、同じ年に米ロサンゼルスでも医者のストライキがあり、
17の主要病院で手術の件数が普段より60%も減りました。

すると、全体の死亡率は18%低下し、ストライキが終わって
診療が再開されると死亡率はストライキ前の水準に戻りました。


さらにイスラエルでも1973年に医者のストライキが決行され、
診察する患者の数が1日65000人から7000人に激減しました。

ここでも不思議なことに、エルサレム埋葬協会は
「死亡率が半減した」と伝えています。
イスラエルでは2000年にも医者のストライキがあり、
エルサレム埋葬協会の集会ではストライキ中の5月の死者は93人。
前年同月の153人より39%も減る結果となりました。



こうしてみると、人がいかに行く必要もないのに医者にかかって、
命を縮めているかがわかる気がします。







<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム

心得40 インフルエンザ・ワクチンを打ってはいけない? ~その②インフルエンザを予防するたったひとつの方法?~

今回は「インフルエンザを予防するたったったひとつの方法?」
というテーマです。
 
 
 
 
 
 
これは抗インフルエンザ薬も同じです。
2009年の豚インフルエンザ騒動のとき、世界に流通する
抗インフルエンザ薬であるタミフルの7割が日本に流れ、
海外ではあり余って話題を呼びました。
 
元々、ヨーロッパではインフルエンザでも病院に行く人は
少なく、自宅で治します。
 
海外の学者たちはパンデミック直後から医学雑誌などに
「タミフルの効果は疑わしい」・「抗ウイルス作用は
ほとんど認められない」
と発表していました。
「効果がある」という報告は製薬会社によるものが多く、
信憑性が薄かった。
 
 
効かないのにタミフルの副作用は呼吸停止による突然死、
意識朦朧状態で転落死など、極めて深刻な社会問題になりました。
 
また、抗インフルエンザ薬と解熱剤を一緒に摂ると、
39度以上の熱が一気に34度くらいまで下がります。
体温が下がってもウイルスの消滅とは関係なく、
人体には致命的です。
 
服薬後の突然死は、この低体温化によって引き起こされた
可能性があります。
 
 
 
 
では、インフルエンザ対策はどうしたらいいのか?

ウイルスは喉や鼻の粘膜にくっついてあっという間に
細胞に入り込むので、水で洗い流すことは無理です。
ウイルスの粒子はマスクの繊維の隙間を通り抜けるので、
欧米ではマスクが予防に使われていません。
 
 
インフルエンザを予防する、たったひとつの確実な方法は
「流行時に人混みに出ないこと」
です。

しかしながら、普通に社会生活を送っていれば感染は防げません。
ならば、むしろインフルエンザにかかって免疫をつけると、
その後かかりにくくなります。








<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム

心得40 インフルエンザ・ワクチンを打ってはいけない? ~その①インフルエンザ・ワクチンを作るのは理論上無理?~

今回は「インフルエンザ・ワクチンを作るのは理論上無理?」
というテーマです。
 
 
 



冬が近づくと毎年インフルエンザ・ワクチンの接種を
受けている人が多い印象があります。
 
オランダでワクチンを打った群と打たない群を比較したら、
インフルエンザの予防効果は全くなかったというデータが
あります。
 
さらに60歳以上になるとワクチンを打った群で急死する人が
明らかに多く、表向きは「心筋梗塞のせい」とされていますが、
これはどう見てもほぼワクチンの副作用と考えられます。

WHO(世界保健機関)も厚生労働省も、ホームページ上で
「インフルエンザ・ワクチンで感染を抑える動きは保証
されていない」と表明しています。
 

 
ワクチンでインフルエンザを防げる保証はない。
これはある意味当然と言えるでしょう。
 
というのは、変わり身の早いインフルエンザ・ウイルスに
効くワクチンを作ることには原理的に無理があります。
 
例えば、はしかのウイルスのように遺伝子的に安定した、
人間にだけ感染するウイルスに対しては、効果的なワクチン
を作れます。
 
しかし、インフルエンザ・ウイルスは人に感染しながら
どんどん形を変えていき、鳥や豚など多くの動物にも感染します。
 
そうした変幻自在のウイルスにぴったり合う(効く)
ワクチンを作るのはほとんど不可能です。
また、血液中に弱い抗体ができたとしてもウイルスが入ってくる
喉や鼻には抗体は作られないので、感染は避けられません。
 
こうした意味でインフルエンザ・ワクチンはワクチンとは
呼べないような代物なのです。
そして、感染を防げないのに副作用はショック症状や突然死
など激烈なのです。








<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム

きばこ酵素風呂

お電話でご予約下さい!

045-306-9874

住所
神奈川県横浜市港北区鳥山町387-2
営業時間
10:50~20:30
定休日
不定休
入酵受付時間
11:00~18:00
(時期により営業時間短縮あり)

このページのトップへ
このページのトップへ