体験者の声

HOME > 体験者の声 > 8ページ目

体験者の声 8ページ目

カテゴリ

きばこ酵素風呂で大量の発汗による体質改善を!


【2014年6月20日付けお客様ノートより】
森林酵素温浴きばこ
木箱のお風呂
気が付いたら2カ月ぶりでした。

入酵は、気持ち良かったです!一気に全身が温まります。
どうしても腕を出してしまいますが
最後の方は、本気に寝に落ちそうになりました。

入酵後の発汗もヤバイ!止まらない! もう30分以上経つのに湧き出てきます。

夏本番前に体質改善して、無臭な汗にしたいですわ~~~~

《きばこオーナーより》
良い汗(水に限りなく近い汗・ベトベトしない汗)をかける事は、特に夏の季節は大事ですね!
熱中症対策になりますし、夏バテ対策にもなります。

汗本来の働きである、身体が熱くなったら汗をかいて冷やす作業がスムーズに行えるので
猛暑の夏も割合、快適爽快に過ごせる様にもなっていきます。

暑くなる夏の季節程、クーラーでの冷え、薄着で過ごす冷え
更には冷たい飲み物・食べ物等でも、冷えを溜めがちになります。

このような夏の冷えを酵素風呂で解消しておけば
冬の寒さには体温を保てる冷えない身体への体質改善がなされます。


きばこ酵素風呂で良い汗に変えて夏を爽快に過ごす!


【2014年6月10日付けお客様ノートより】
森林酵素温浴きばこ
木箱のお風呂
またまた2カ月近く来店が空いてしまいました。
が・・・・ようやく来ることができました。

そのかいあって発汗!汗!汗!!
ようやく汗も引きスッキリした気分でリラックスしています。

カラダスキャン記録サービスの用紙も2枚目を頂くことができました!
2枚が満タンになるまで何年かかったことやら・・・・
3枚目はもう少しペースアップしたいと思います。
また、よろしくお願いします!

《きばこオーナーより》
暑い夏に良い汗をかけていると、爽快に過ごす事ができますし
暑い季節ほど薄着やクーラーでの冷えを溜めがちになりますね。

夏に冷えを溜めない事で、冬を暖かく過ごせますので
是非この時期、入酵頻度を上げて臨んでみて下さい。



暑くなる季節の冷え対策にきばこ酵素風呂


【2016年5月17日付けお客様ノートより】
森林酵素温浴きばこ
木箱のお風呂
今日は4日ぶりに入酵したのですが、かなり身体がだるく
初めて体脂肪が減っていなかったのです・・・・

寝ている時に、朝方布団を剥いでしまっていて
冷えてしまったとアドバイスを頂いたので気を付けます。

入酵頻度を週2回から週1回に変えたりしていましたが
週2回のほうが私の身体は楽になりますので
少し様子を見ながらペースを考えてみますね。

《きばこオーナーより》
この時期には、季節の変わり目やクーラー使用の始まり等
体調を崩しやすくなります。

夕方から涼しくなると、気持ち良く涼んでしまいがちになりますが
冷えはその時から始まっていますので
暑くなる季節の冷えには特に注意が必要となります。

クーラーの効いたショッピングセンターの中や、電車・バス乗車の時には
上着やサカーフ(バンダナ)等を持って出かける習慣を付けましょう!


腰痛の辛い時には、きばこ酵素風呂で改善!


【2015年5月16日付けお客様ノートより】
森林酵素温浴きばこ
木箱のお風呂
今日は、腰痛が辛くて酵素風呂しかない!と思い来店しました。

入酵後、身体の冷えもとれて血流が良くなり、身体が楽になって嬉しいです!

日頃の生活も、身体を冷やさない様に気を付けて体調管理をしていきたいと思います。
自然のパワー(酵素の力)で元気になります~~~

《きばこオーナーより》
痛みは、血流の滞りで起こりますので
身体の芯から温めて回復してくれる酵素発酵熱は、大変効果的です!

酵素風呂への定期入酵する事で、健康維持ができますね。


疲労からの痛みを、きばこ酵素風呂で回復


【2015年5月14日付けお客様ノートより】
森林酵素温浴きばこ
木箱のお風呂
ここ2~3日は、起きると右背中が痛くて~~。
カラダスキャンの数値の変化から、どうやら疲れが溜まっているようです。

暇ではないですが、忙しすぎる事もないので、疲れに鈍感ということ・・・

今日の入酵後半は、いつも通りオガクズから出ていましたが結構眠れました。
これで疲れが取れると良いです~。

《きばこオーナーより》
睡眠不足やストレスも疲れ反応(代謝の下げ)として出ますので
様々な仕事の疲労として溜まっていた物が、季節の変わり目の気圧に反応して
痛みが出ているのではないでしょうか?

痛みは血流の滞りから出ますので、薄着に注意をして身体が常に温まる状態を保って下さい。

痛みには、デトックス(毒素出し)効果の高い集中デトックスコースでのゲルマ温浴もお勧めです!


きばこ酵素風呂のリバウンド現象後には快調な生活!


【2016年5月7日付けお客様ノートより】
森林酵素温浴きばこ
木箱のお風呂
身体の冷えを改善する為、酵素風呂に通い始めて丸々3カ月が経ちました。
週1ペースで時には集中デトックスコースでゲルマ温浴もやりながら通っていますが
確実に体調が変化しているのが分かり、もう酵素風呂なしの生活は想像できません。

好転反応高熱が出たり手のしびれが強く出たりして心配になり
夜間救急に行ったりもしましたが、特に異常はなく
翌日は逆に身体が軽く快調になりこれがリバウンド現象(=好転反応)か!とびっくりしました。

リバウンド現象(=好転反応)後は、酵素風呂入酵後のふらつき
長いと感じていた20分の入酵時間も、入酵中の動悸なくなり
酵素風呂を楽しめるようになりました。
汗もかけるようになり、まさに身体の中で色々な変化が起きているように感じます。
これからも定期的に通いたいと思います!

《きばこオーナーより》
酵素風呂入酵後に、病気が悪化したかのような症状が出るのは
ほぼリバウンド現象(=好転反応)で
身体の改善に必要な毒素出し時の痛みを伴う場合があります。

今までに経験したことのないような強烈な痛みが出る場合もあり驚くかと思いますが
その場合は次回入酵を早めにすると治まりやすいです。


GWでも最優先順位にある・きばこ酵素風呂


【2015年5月3日付けお客様ノートより】
森林酵素温浴きばこ
木箱のお風呂
GW(ゴールデンウィーク)ですが、一番の優先順位が『きばこ酵素風呂』です。

本日はゲルマ温浴もプラスして、集中デトックスコースをしたので
身体がスッキリ!この後気持ち良く過ごせそうです。

生理前で不安定な食欲も入酵で落ち着きました。
週1回ペースを守っていきたいです♪

《きばこオーナーより》
『健康であればこそ!』をこれまでにも実感していますからね!

定期の酵素風呂入酵と、毎日の酵素ドリンクは身体のケアーツールとして
欠かせませんね!


薄着になる季節こそ気を付けたい冷え対策にきばこ酵素風呂


【2016年5月1日付けお客様ノートより】
森林酵素温浴きばこ
木箱のお風呂
昨日は昼間暖かかったので油断してしまって、夜冷えてしまいました・・・・。

今日は酵素風呂の桶に入った時から、すごく熱かったです。
シャワー中もふらついてしまいました。
そう言えば今日は水分もあまり摂ってなかったような・・・。
これから気を付けようと思います。

《きばこオーナーより》
薄着になる季節ほど、冷えに気を付けないといけません。
『涼しくて気持ち良い』状態から、身体の冷えは始まっていますので・・・

シャワー室のふらつきは、リバウンド現象によるものですので心配はいりません。

ただサウナ上がりと違って、身体の芯を温めている酵素風呂上がりでは
暑いからと言って、温度の低めシャワー水を浴びてしまいますと
目まいやフラフラ感に襲われます。


きばこ酵素風呂でダイエット=健康 → 体質改善=健康=ダイエット


【2016年4月10日付けお客様ノートより】
森林酵素温浴きばこ
木箱のお風呂
今日は、酵素風呂2回目の入酵ですが
前回よりも熱く感じて発汗が多量でした!

ここ最近は体調も良く、気分よく過ごせています!

元々の酵素風呂きっかけは、ダイエットをしたく考えて始めたのですが
健康の為にも良さそうなので、これからも定期的に続けていこうと思ってます!

《きばこオーナーより》
『ダイエット』=『健康』イコールの関係にありますね!

酵素風呂への定期入酵で『体質改善』=『健康な身体』
すなわち=ダイエット=に繋がります。




風邪の引き始め状態は、きばこ酵素風呂で改善!


【2016年4月12日付けお客様ノートより】
森林酵素温浴きばこ
木箱のお風呂
最近、暖かくなったり、寒くなったり気温差が激しいせいか
今朝起きて、風邪の引き始め状態に・・・・

今日は、仕事がお休みだったので慌てて酵素風呂きばこにTELしました。
プロポリスキャンディーを舐めながら入酵したので、大分楽になりました。
ありがとうございます。

《きばこオーナーより》
風邪薬を必要と思った時や、病院に行こうかどうか迷った時には
まずは酵素風呂入酵で代謝を上げて、免疫力を付けて
自然治癒力の力で治す事をお勧めします!

風邪の引き始めの喉の不快感や、炎症からの痛みを感じる時には
きばこ取り扱い商品の『プロポリスキャンディー』が効果を発揮できます。


<<前のページへ345678910111213

きばこ酵素風呂

お電話でご予約下さい!

045-306-9874

住所
神奈川県横浜市港北区鳥山町387-2
営業時間
10:50~20:30
定休日
不定休
入酵受付時間
11:00~18:00
(時期により営業時間短縮あり)

このページのトップへ
このページのトップへ