HOME > ブログ

ブログ

心得14 「抗がん剤を使えば寿命が延びる」と言う医者を信用するな ~医者の余命診断があてにならない3つの理由~

今回は「医者の余命診断があてにならない3つの理由」
というテーマです。







余命診断があてにならない1つ目の理由は
「ガンの成長速度が人によって全く違う」からです。

見つかった時に病巣が大きくても長生きする人もいますし、
年をとるとガンの進行が遅くなる、ということも一概には
言えません。


2つ目の理由は「ガン病巣が人の命を奪うまで育つには、
意外と時間がかかる」
からです。

多くのガンは直径10㎝ぐらいにならないと人を殺せません。
ガン細胞が2倍になるのに、平均2ヶ月以上かかります。
1㎝のガンが10㎝になるには20ヶ月以上かかりますが、
そんな先のことは誰にも予言できません。


3つ目の理由はガンが大きくなるにつれて、
「成長スピードがスローダウンすることが多い」からです。

これは進行ガンだけではなく早期ガンにも起こり、発見された
とき以上に大きくならない早期ガンは珍しくありません。




こうした理由から、余命診断をある程度正確に出来るのは、
脳・肺・肝臓などの重要臓器がやられてしまい、機能が
衰えてきたときです。


例えば肺ガンが増大して呼吸が苦しくなって、治療法がない
場合には「余命はあと数ヶ月だろう」と予想できます。

しかし、重要臓器に転移が見つかっても、自覚症状も機能不全
もなければ、もっとずっと長生きできます。


つまり、寿命を数ヶ月の幅で予想できるのは、体力がガンに
負けてしまい、足腰が立たなくなったり、寝たきりになったり
した場合です。



逆に、普通に病院に歩いて行けたのに「余命3ヶ月」とか
「余命半年」と言うような医者に命を預けることはしないことです。









<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム

心得13 軽い風邪で抗生物質を出す医者を信用するな ~その②40度まで上がっても脳に影響はない?~

今回は「体温が40度まで上がっても脳に影響はない?」
というテーマです。






風邪などで高熱が出たとき、40度近くまで上がったことが
ある方は少なくないと思います。

そんな高熱で、脳もやられてしまうのではないかと思う方
もいると思います。

しかし、熱が40度まで上がったとしても熱で脳をやられる
心配はありません。

逆に解熱剤の副作用による脳症や死のリスクを考えると、
できるだけ解熱剤は避けた方が賢明です。



熱が上がっていく段階では、温かい飲み物をたっぷり飲み、
布団を多めにかけて、どんどん汗をかくという昔ながらの
方法が理に適っています。

高熱が出て辛い場合は、水枕や冷たいタオルで身体を拭く
など、物理的に冷やすことをおすすめします。


また抗生物質はウイルスに対しては無効であり、耐性菌
などの厄介な問題を起こします。

そのため、軽い風邪なのに抗生物質を処方するような医者
には注意が必要です。

風邪を早く治す方法は薬を飲むのではなく、身体を温かくして、
ゆっくり休むこと
が一番なのです。








<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム

心得13 軽い風邪で抗生物質を出す医者を信用するな ~その①風邪薬は風邪に効かない。薬害でこんなに死んでいる~

今回は「風邪薬は風邪に効かない?」というテーマです。







風邪薬と聞くと、風邪を治す薬と思われる方が多いでしょう。
しかし、「風邪を治す薬を発明したらノーベル賞もの」と言われています。

その理由は風邪のウイルスは200種類もあり、DNA(遺伝情報)も
変化しやすいことです。
風邪のウイルスのDNAを解析するだけで日数がかかる上、
ようやく薬が完成したとしても、その時には既にウイルス
の遺伝子が変異していて、その薬では効力がないのです。



では、市販の風邪薬(総合感冒薬)や医者が出す薬などはどのようなものなのでしょう?

結論から言ってしまうと、「症状を一時的に和らげる」薬であり、
風邪自体を治す薬ではないのです。


市販の風邪薬には咳、発熱、咽頭の痛み、鼻水など風邪の
代表的な症状を抑える成分が少しずつ入っています。
医者が出す薬は、その症状別の薬になっています。

どちらも飲むとしばらくの間、症状が軽くなります。
しかし、また症状が悪くなり、薬を飲んで楽になるという
イタチごっこを繰り返して、身体がスッキリしない状態が続きます。

風邪をひくと身体は咳や鼻水によってウイルスやその死骸を追い出し、
体温を上げて外敵と闘う白血球を活発に働かせようとします。

そのため、せっかくの咳や熱を薬で抑えてしまうと、病気との闘いに
水を差すことになり、ウイルスは身体に居座ってなかなか治りません。



そして、インフルエンザをワクチンで防げるとか、タミフルやリレンザ
などの治療薬で治せるという実証もなく、薬害による脳症や死亡事件は
数え切れないほど起きているのです。








<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム

心得12 一度に3種類以上の薬を出す医者を信用するな ~その②その症状は、薬の「副作用」ではなく「主作用」?~

今回は「その症状は、薬の副作用ではなく主作用」というテーマです。






近藤氏は「副作用」という呼び方は薬害が起きたときのための口実。
薬の作用は全て「主作用」であり、病気を治すどころか、逆に病気を招いたり
悪化させたりして、最悪の場合死に至らしめる危険なもの
と考えています。


西洋医学の本場、アメリカで医師たちに支持されているテキストがあり、
「ドクターズルール425 医師の心得集」(南江堂)という邦訳も出ています。
内容は日本の医者や患者がのけぞりそうな心得が満載で、とりわけ印象的
なのが薬への警告です。

その一例として、以下のようなものがあります。
「できれば全ての薬の使用をやめよ。それが困難ならできるだけ多くをやめよ」
「薬の数が増えれば、副作用はネズミ算式に増える」
「4種類以上の薬を飲んでいる患者は、医学知識の及ばない危険な状態にいる」
「高齢者のほとんどは、薬を中止すると体調が良くなる」



日本では国の薬害防止対策が甘く、薬事法の規制も緩いため、多くの量の
薬が患者に与え続けられているという現状があります。

日本に出回る薬の種類は世界的に見ても大変多く、WHO(世界保健機関)は
「270種類もあれば十分」としているのに対し、日本では1万種類以上も
認可されています。



薬害の観点などから薬の取り締まりをもっと強化するべきなのですが、
「患者はしばしば複数の医師から処方薬をもらって一緒に飲んでいるものである」
(ドクターズルール425)としたことから、どこの国にも薬に取りつかれている
患者が多いのが現状です。

極端な話、くしゃみが出ただけでも薬を飲まないと落ち着かないという
心境の方が予想以上に多いことで、薬の種類はなかなか減りません。

また、取り締まりによる経済の混乱が予想されることや大企業保護優先
などの問題もあり、一朝一夕には実現しそうにありません。







<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム



心得12 一度に3種類以上の薬を出す医者を信用するな ~その①できれば全ての薬の使用をやめよ~

今回は「できれば全ての薬の使用をやめよ」というテーマです。






近藤氏は全ての患者さんに「一度に3種類以上の薬を出す医者を信用
しないように。5種類以上を一度に飲むような行為は極めて危険」

伝えているそうです。

そして何種類も服用していて、ずっと体調がすぐれないという患者さん
やお年寄りで認知症、ふらつきなどの症状が出ている場合は「薬を全部
やめてみて下さい」とアドバイスをしています。

やめても薬効はしばらく続き、なだらかに下降していくので「禁断症状」
が出ることはなく、ほぼ全員の体調が好転します。



何度も話していますが、薬は毒物であり、全てに副作用のリスクがあります。

それは何気なく飲んでいる市販の風邪薬でさえ、重大な副作用が
出ることもあるのです。

少量や短期の服用なら、肝臓や腎臓が薬毒を処理してくれることが
多いですが、習慣化してしまうと副作用が確実に現れてきます。

しかし、少量・短期といっても薬が毒物である以上、いつ副作用と
なって現れてくるのかは予想がつかないので注意が必要です。



例えば水面下で病気が進行していたり、神経系や心臓の生理機能が
弱ったりしている場合、服用と同時にショック死に至ることもあります。
(アナフィラキシーショック)






<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム

心得11 医者の健康指導は心臓病を招く ~フィンランドの15年がかりの調査で分かったこととは?~

今回は「医者の健康指導は心臓病を招く」というテーマです。







医者は患者との面接などを経て、健康指導を行うことがあります。

しかし、そもそも医者の健康指導は人々の病気の予防や健康長寿の
ために役立つのでしょうか?

フィンランドでは15年がかりの詳しい追跡調査が行われました。

この結論を先に言ってしまうと、「きちんと定期健診を受け、
病気や異常が見つかったらライフスタイルを改善し、それでも
検査値に問題があったら医者から薬をもらう」
という非の打ちどころ
のない努力は、無意味もしくは危険だということがわかりました。



詳しく見ていきましょう。
検査は会社の管理職で40~55歳の「見た目は健康だが、心臓病に
なりやすい因子を持つ」、約1200人をくじ引きで600人ずつに
分けました。

具体的には
・コレステロール値が270mg/dL以上
・中性脂肪(トリグリセライド)が150mg/dL以上
・最大血圧が160mmHg以上、200未満
・最小血圧が95mmHg以上、115未満
・タバコの量が1日10本を超える
・体重が標準体重の120%以上
・耐糖能検査で1時間血糖値が162mg/dL以上

以上のうち、少なくとも一因子を有する人たちです。


そして「介入群」の600人には4ヶ月に一度ずつ5年間、医者が面接して
運動量を増やすプログラムを手渡し、喫煙者には禁煙させ、食事内容も
細かく指導して摂取カロリー、飽和脂肪、コレステロール、アルコール
、砂糖を減らさせ、不飽和脂肪(主としてマーガリン)、魚、鶏肉、子牛
の肉、野菜を増やさせました。

その後、高血圧と高脂血症が続いていれば、薬が処方されました。

かなり厳格な介入でしたが、75%が医者の指導をしっかり守りました。

残りの600人は「放置群」で調査の目的を知らせず、健康調査票への
記入だけでした。




5年の試験期間が終わると、後は全員自由に任せて10年後には皮肉な
結果が出たのです。

介入群の心臓死(心筋梗塞、心臓突然死)は放置群の倍以上も多く、
自殺・事故・総死亡者数とも全て医者の指導に従った介入群の方が
多かったのです。


この皮肉な結果を分析すると「症状がないのに高血圧や高コレステロール
などを薬で下げると、数値は改善しても心臓には良くなかった」・
「検査で病気や異常を指摘され、医者からアドバイスや薬をもらい続ける
ことが精神的ストレスになり、心筋梗塞やうつ病に繋がった」
などの
理由が考えられます。


こうしたフィンランドの調査結果から、医療に対する過度の期待や
医者への信頼に少し疑問視する必要がありそうです。







<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム

心得10 健康な人は医療被ばくを避ける。CT1回でも発ガンリスクあり。 ~その②「とりあえずCT」の被ばく線量は、国が避難目安にした数値と同じ?~

今回は「CTの被ばく線量は、国が避難目安にした数値と同じ?」
というテーマです。






CT検査では360度全方向から身体にX線を当てて、検出結果を
コンピューターで計算し、人体の輪切り映像を見て診断します。

被ばく線量はX線撮影の200~300倍とされており、たった1回の
CT撮影でも発ガン死亡のリスクが生まれる被ばく線量なのです。



具体例:45歳の人の場合
全身CTを1回受けただけで1万人中8人(0.08%)、30年間毎年同じ
検査を受けると1万人中190人(1.9%)が「被ばくにより発ガン死亡
する」と推測されています。



また、胸部だけのCT検査でも医療被ばく線量は信じられない数値
になります。

原発事故の後、国が避難の目安にした「年間」の被ばく線量は
20ミリシーベルトでした。

胸部CT検査は1回でその半分の10ミリシーベルト前後に達します。

しかも、一般的に「造影CT」といって1回撮影した後、造影剤を
静脈に注射しながらもう1度撮影するので、2回で20ミリシーベルト
となります。
腹部・骨盤CTはさらに被ばく線量が多く、1回で20ミリシーベルト
となり、造影CTまでやればその倍になります。



なお、レントゲン検査について病院での検査は比較的安全ですが、
会社や地域の健診を検診車で受ける場合は要注意です。

なぜなら、検診車のレントゲン装置は間接撮影装置なので、病院
などに設置されている直接撮影装置と比べると、被ばく線量が
3~10倍多くなると言われているからです。




しかし、医者も患者も「とりあえずCT」・「何でもCT」という風潮
からか、国民の被ばく線量は増え続けており、日本で医療被ばくに
よるガンで亡くなる人は推定毎年2万人前後と言われ、ガン死の原因
の6%を超えているという説もあります。





<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム

心得10 健康な人は医療被ばくを避ける。CT1回でも発ガンリスクあり。 ~その①日本は医療被ばく大国?~

今回は「日本は医療被ばく大国?」というテーマです。






東日本大震災以後、日本人は放射線被ばくの問題に
「低線量なら安全だ」・「いや、どんなに微量でも危険らしい」
と、とても敏感になっています。


しかし、レントゲンやCT検査などによる「医療被ばく」には無頓着です。

健康な人がまず避けるべきは「放射線検査」です。
なぜなら、放射線は細胞の中のDNA(遺伝情報)を必ず傷つけます。
そのため、放射線を浴びた量によって1歩か100歩かの違いはあるものの、
発ガンに向かって必ず歩を進めていきます。



にも関わらず、国や医療機関は医療被ばくの危険はほとんどないとして、
医者も患者に「とりあえず」・「念のために」と安易にCT検査をすすめて
います。
そうしたことから、放射線検査による国民被ばく線量も、検査によって
起きる発ガン死亡率も世界ワーストです。



イギリスの研究によると「日本人のガン死亡の3.2%は医療被ばくが原因」
「世界15ヶ国で日本が最もCT検査回数が多い」「発ガンへの影響は英国の5倍」
という医療被ばく大国ぶりです(2004、医学誌「ランセット」)。






<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム

心得9 「ガンだったから仕方ない」と考えてはいけない ~その②その手術、欧米では30年前に廃れています?~

今回は「その手術、欧米では30年前に廃れています?」
というテーマです。






その手術というのが乳ガンの「ハルステッド手術」
この手術は従来乳ガンの標準的な手術法であり、乳房から
大胸筋と小胸筋、リンパ節までを切除するものです。

しかし近年では、乳ガンの手術が縮小化し、「乳房温存手術」
や「胸筋温存乳房切除術」などが行われるようになったため、
この手術を行うことはほとんどありません。



こうしたことから、欧米では30年以上前に廃れましたが、
日本では変革が遅れたため、10年ほど前まで行われていました。

真偽は不明ですが、乳房なら多少手元が狂っても命には別状
ないため、新人の外科医の「練習用」に重宝されているという、
なんとも耳を疑うような話があります。



ガン手術の問題点として、「ガンは切除できても(手術は成功しても)
、術後の障害で死亡するリスクが非常に高い」
ということもあります。

ガンはもちろんですが他の病気やケガなども含めて、医者に手術を
すすめられたら、「この手術は本当に必要なものなのか」ということ
を徹底検証してから決めること
が大事なことです。






<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム

心得9 「ガンだったから仕方ない」と考えてはいけない ~その①切り刻むのが大好きな白衣の紳士たち~

今回は、「切り刻むのが大好きな白衣の紳士たち」という
テーマです。






その昔、江戸時代には武士が暗闇に紛れて路上などで人を斬る
という「辻斬り」が横行していました。
その目的は刀の切れ味や自分の腕前を試すことと言われており、
幕府が禁令を出すほど人を斬りたい武士が多かったのです。


外科医の中には、「やるからには徹底的に治療する」という医者
としての使命感から、「辻斬り」のように患者さんを斬っていく
医者もいます。



日本人は欧米人に比べ、体形が手術向きであり、手術での死亡率も
欧米に比べて少なかったことから、日本は歴史的に手術の盛んな国
とされ「手術絶対主義」が根付いています。


その結果、「治る見込みがない」・「他の治療法の方が明らかに成績がいい」
・「患者さんの寿命を縮める」手術が頻繁に行われているのです。



例えば海外では、1期の咽頭ガンといえば放射線治療をするから、
9割近くが咽頭を残せます。
でも、日本では1期でもどんどん切ってしまうのです。

また、舌ガンも進行度にもよりますが、初回治療として手術はほとんど
必要ないのに、日本では8割も手術が行われて、大抵リンパまで取って
しまうのです。
2期の舌ガンでは舌を半分切り取るため、舌があったところに他から
取ってきた筋肉を埋め込む再建術も必要で大手術となります。
また手術が成功しても、後々ろれつが回らなくなったり、食事を摂る
際に不自由になるというおそれもあります。

他にも、子宮頸ガンは手術ゼロにすることもできるのに、7割はリンパ
まで大きく取ってしまうことで、排尿・排便障害、膣が短くなる、足が
むくむなどの後遺症のおそれが生じます。






<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム

12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

きばこ酵素風呂

お電話でご予約下さい!

045-306-9874

住所
神奈川県横浜市港北区鳥山町387-2
営業時間
10:50~20:30
定休日
不定休
入酵受付時間
11:00~18:00
(時期により営業時間短縮あり)

このページのトップへ
このページのトップへ