HOME > ブログ

ブログ

心得26 よくある医療被害ケーススタディ ~ケース③~

[ケース③]喉が腫れて、看護師に座薬(鎮痛剤)を挿入されたら、植物状態に。


Q:糖尿病の60代の夫が、喉が腫れたので受診。
  急性喉頭炎で入院と言われ、看護師に鎮痛剤の座薬を挿入された途端、
  夫は痙攣を起こして呼吸が止まり、緊急の手当てもなく、植物状態に 
  なりました。
  担当医は説明もできず、耳鼻科院長には「力不足でした」
  と頭を下げられたのですが、とても納得できずに係争中です。


A:植物状態とは意識を失い、呼びかけにも答えることができず
  「永遠に眠り続けている」状態です。
  
  心臓が止まるなどして、脳へ行く血液(ひいては酸素)が足りなくなると
  脳は数分で取り返しのつかないダメージを被ります。
  
  すぐに人工呼吸や心臓マッサージなどの救命救急措置がとられれば、
  回復するのですが「緊急の手当てもなく」ということは、医師が
  そばにいなかったのでしょうか。
  
  急性喉頭炎は細菌感染が原因となることもありますが、
  大部分はウイルス感染で起こります。  
  使用された座薬はおそらく、ボルタレンやインテバンなど
  非ステロイド系の消炎解熱鎮痛剤で、風邪をひいて医者に
  かかったとき「熱さまし」として出される薬と同系統のものです。
 
  断定はできませんが、この患者さんの場合、解熱鎮痛剤の副作用で
  急性のショック(血液の循環がストップする状態)が生じたと思われます。
  このように解熱鎮痛剤には、予断を許さない大変危険な側面があります。







<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム

心得26 よくある医療被害ケーススタディ ~ケース②~

[ケース②]ガンを切除したあとに「ガンではなかった」と言われた。


Q:昨年、胸の2センチのしこりを乳ガンの「クラス5(確実に悪性)」
  と診断され、40代の私は乳房全摘手術を受けました。 
  ところが手術後の再検査では「クラス2(悪性ではない)」の判定。
  別の検査では線維腫と診断され、ガンではなかったことが判明。
  病院側もミスを認め、弁護士同士の話し合いに入っています。  


A:線維腫は良性の病変で、乳房切除の必要はありません。  
  このように良性の病変が顕微鏡による病理診断で乳ガンと誤診
  され、片方の乳房を皮一枚残して無残に切り取られてしまう
  ことは少なくありません。 
  
  近藤氏の経験でも、他病院で組織や細胞の検査をして
  「乳ガンです。乳房を切除します。」と言われて相談に来た
  人たちの標本を取り寄せ、病理医に再度診断してもらうと、
  「良性」に変更されることがしょっちゅうあります。
  患者さんたちがそのまま乳房切除を受けていたら、と考える
  と恐ろしくなります。
 
  今は減ったと思いますが、20年前は日本の乳ガン手術の1割以上、
  年間2000人以上が良性なのに乳房が切除されていたと推定されています。








<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム

心得26 よくある医療被害ケーススタディ ~ケース①~

今回から医療被害のケースを4つほど、
Q&Aの形で紹介していきたいと思います。



[ケース①]検診ですすめられた検査を受けて、急性膵炎に。


Q:50代の妻が検診で引っかかり、胆管と膵臓の検査(ERCP)を
  受けたら、急性膵炎になってひどい苦しみようでした。
  受けない方がよかったでしょうか?


A:ERCPの正式名は「内視鏡的逆行性胆道膵管造影」といい、
  十二指腸まで内視鏡を入れて胆道と膵管に造影剤を注入し、
  X線写真を撮る検査です。
  
  膵管に造影剤を入れたとき、何かのきっかけで膵液が漏れて
  周りの組織を溶かしてしまい(膵液は強力な消化酵素を含みます)、
  急性膵炎が発症するわけです。
  

  急性膵炎と聞くと、急性の上気道炎(つまり風邪)程度の症状を
  想像するかもしれませんが、風邪とは桁違いに症状が重いです。
  脂汗を流すほど激烈な腹痛があるので、本人は死ぬかと思うはずです。
  
  
  そして、ERCPで急性膵炎が生じることは決して少なくなく、
  本当に死亡する場合もあるのでおすすめできません。
  








<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム

「冷え」には酵素温浴&ゲルマニウム温浴が効果的!

いよいよ冬も本番といったところでしょうか、
これから寒い時期が続いていきます。




この時期になると手袋やマフラー、携帯カイロなどの
防寒アイテムで防寒対策をしっかり行っていても、
身体の「冷え」を感じてしまうことがあります。



そんな「冷え」には
身体の芯から温まる
ことができる
酵素風呂
が効果的です。






さらにオススメしたいのは、
酵素風呂きばこのメニュー
にある集中デトックスコースです。



このコースは酵素風呂+ゲルマニウム温浴+マッサージチェア
という、冷え改善にもってこいの特別コース
となります。
ゲルマニウム温浴はデトックス(毒素出し)効果に優れているので、
体調不良や疲労などの回復にも効果的です。



{関連記事}
[ゲルマニウムとゲルマ温浴の利点について]

心得25 「免疫力」ではガンを防げない?

今回は「免疫力ではガンを防げない?」というテーマです。






欧米の医学界では「ガンに対して免疫力を強化しても効果なし」
というのが常識です。

なぜなら、免疫細胞は外から入ってきた異物を敵と認識して攻撃
するのですが、ガンは自己細胞が変異したものであり、人間の
免疫システムがガン細胞を敵とみなさないからこそ、ガンは発生
した
からなのです。

そうした意味で免疫を強化するという「免疫治療」は効果なしと
されるのです。



ガン細胞とは、約23000個の遺伝子を持つ細胞が複数の遺伝子の
突然変異によってガン化されたものを言います。

ガン病巣には、直径1ミリに育った段階で約100万個のガン細胞があります。
ガン細胞は0.1ミリでも転移する力があるので、1ミリ以前に血液に
乗ってあちこちに転移していることもあります。

分子生物学の研究でも、「ガンは当初から転移する能力があり、
ガンが大きくなってから転移するのではない」
としています。



今の医学で「早期」にガンを発見できても、直径1センチ前後ぐらい。
しかし、その段階でガン細胞は最低でも10億個に増えており、転移も
終わっています。

免疫細胞は「非自己」と認識した異物をつぶす細胞なのですが、ガンが
直径1センチという大きさになって発見されるのは、NK(ナチュラルキラー)
細胞がガン細胞を「非自己」として見分けることができなかった
という
ことになります。

こうした理由が「免疫力ではガンを防げない」ということになります。





※ガンと体温は深く関係しており、低体温の状態はガンにとって住み心地
 のよい環境であり、逆に体温が高い状態は住み心地の悪い環境となります。
 つまり、「体温」はガンにとって大きな要因の1つと言えます。
 そのため、血流の改善や体温上昇といった体質改善に繋がる「酵素風呂」
 はガンを防ぐ影響を与える可能性が十分にあると考えられます。








<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム

きばこ店内がクリスマスバージョンに装飾中&オーナメント追加!

酵素風呂きばこ店内は、現在クリスマスの装飾となっております。

クリスマスバージョン装飾は12月24日までとなって
おりますので、期間中に是非ご覧になってみて下さい。


なお、今年は新たにオーナメントが増えましたので、
そちらの写真をアップします。
























心得24 医者たちの「ガン詐欺」に注意。 ~なぜ、治療が効いたように思うのか?~

今回は「なぜ、治療が効いたように思うのか?」
というテーマです。







その理由を3つ挙げます。

顕微鏡で調べてもガンの誤診率は非常に高く、
海外では「良性腫瘍」とされるのを日本では「ガン」
と呼んでいるものも多い
ということが挙げられます。

また、無症状で見つかるものは、ほぼ大きくならない
「潜在ガン」や転移しない「ガンもどき」で、よく自然
に消えるものが多いのですが、医者は「ガンが消えた」
と奇跡が起きたように言います。



放射線や抗ガン剤も使っていることが多く、
そもそも何が効いたのかわからない
ということが
挙げられます。

患者さんの体験談には、
「この方法で体調が良くなったから有効」というのもよく
ありますが、これは「プラセボ(偽薬)効果」が疑われます。

とある実験では、医者から自信ありげに「効きますよ」と
小麦粉などの偽薬を渡されると、頭痛や不眠に悩む患者の
3割程度の方が「効いた」と感じた
という結果が出ています。



調子が良くなったのは、それまでの治療法を止めた
おかげかもしれない
ということが挙げられます。

例えば、丸山ワクチンは体調が良くなることで有名です。
開発者の丸山氏は受診した患者に「今までの治療をきっぱり
止めなさい」と指導していたそうです。

患者の多くは副作用の強い抗ガン剤を続けてきたはずなので、
調子が良くなって長生きしたのは抗ガン剤を止めた効果が一番
大きかったのではないかと考えられます。









<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム

心得23 1センチ未満の動脈瘤、年間破裂率は0.05% ~医者の「まずまず」は車椅子や寝たきり状態のこと?~

今回は「医者のまずまずは車椅子や寝たきり状態のこと?」
というテーマです。






脳ドッグで見つかる1センチ未満の動脈瘤の年間破裂率は0.05%
これは欧米の53施設が共同で未破裂動脈瘤をもつ患者2621人を
調査した結論です。

1998年に総合医学雑誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・
メディスン」が報じました。
世界で最も広く読まれ、医療界に影響を与える医学誌だけに世界中
のメディアが取り上げ、各国で手術を断る患者が続出しました。


しかし、日本ではその3年後に脳外科医にアンケートしたところ、
6割が「1センチ未満の動脈瘤の年間破裂率は1~2%」と患者さんに
説明し、「0.05%」と説明していた医師は2%だけでした。
(2001年、日本脳ドッグ学会)

その後、日本でもNTT東日本関東病院等による追跡調査が行われています。
対象は2001年1月~2004年4月までに、3ミリ以上の脳動脈瘤が見つかった
男女5720人であり、最長8年間追跡しました。


全体の破裂の割合は年率:0.85%(105人に1人)
大きさ別に3~4ミリでは0.36%、5~6ミリでは0.5%、
7~9ミリでは1.69%(59人に1人)、10~24ミリでは33.4%が破裂

ただ、この調査は破裂しない人たちの追跡が不十分なので、
実際の破裂率はもっと低いと考えられます。




では、手術に踏み切ったらどうなるのでしょうか?
患者の後遺症のレポートには、目を疑いたくなる表現と数字が並んでいます。

信州大学神経外科の「未破裂動脈瘤のクリップ手術」成績をまとめた
英文論文では、310人に行われた手術の結果報告が「死亡1人」・
「fair(まずまず)17人」・「good(良好)30人」・「excellent(素晴らしい)262人」。

一見すると、死亡が1人であとは良かったように思えますが、この評価は
決していいものではないのです。

まず、「good(良好)」とは眼を動かす運動神経の麻痺、軽度の半身不全麻痺、
軽度の視力障害など「神経機能の欠落があるが自力で生活可能である」状態
のことを言います。

そして、「fair(まずまず)」とは「ひどい障害が残って自力生活が不可能である」
状態のことを言います。
例えば、車椅子や寝たきり状態でもfair(まずまず)と評価されます。

また、後遺症のない「excellent(素晴らしい)」が85%というのも驚きです。
85%は成功と見えますが、裏を返せば残りの15%は手術をしたら障害者に
なるということを物語っているのです。







<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム







心得22 胃を切り取る前に、知っておきたいこと ~臓器は温存すべき~

今回は「臓器は温存すべき」というテーマです。







胃ガンの治療というと、胃を切り取られて患者さんの
身体にダメージを被る印象があります。



実際に胃を全摘されたり、胃の出口、幽門を含めて大きく
切り取られると、患者さんは「食べたものを消化する」・
「食べたものを溜めて少しずつ十二指腸の方に送り出す」
という2つの大きな胃の機能を失います。


すると食べ物がストンと小腸へ落下して、腹痛や冷や汗
などの「ダンピング現象」に苦しむおそれがあります。


それを避けるために食事を1日4~5回に分けて少しずつ
摂ることになることで、次第にやせ細ってしまいます。

その他にも、傷跡が開いてしまう縫合不全や出血、炎症など
手術が招く合併症や重い後遺症のリスクもあります。






つまり、胃ガン手術の大きな問題は胃の周囲のリンパ節を
切除する、リンパ節郭清(ごっそり切除すること)が当たり前
とされていることにあります。

胃の周りには胃に近い方から1~4群の数多くのリンパ節
があります。
進行胃ガンの場合、胃の切除とともに2群リンパ節まで
郭清する「D2胃切除」を行うのが一般的です。

しかし、これは胃袋に加え、腹部内臓に分布する自律神経
も切除されるため、患者さんに大変な後遺症をもたらします。



イギリスとオランダの臨床試験では「D2胃切除は生存率の
向上に寄与しない」
という結果が出ており、ガンの手術は
世界的な傾向として可能な限り、臓器を温存する方向に
向かっています。


なぜならば、むやみに手術を行っても患者さんを苦しませる
だけで、生存率を上げる効果は見込めないからです。

そうした意味では「無治療のまま様子を見る」という
選択は、究極の臓器温存療法と言えるのかもしれません。








<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム

心得21 「乳ガン検診の結果は、全て忘れなさい」 ~その③手術と放射線治療、どちらがいいのか?~

今回は「手術と放射線治療、どちらがいいのか?」
というテーマです。






子宮頸がんの治療を例にすると、日本の慣行は
1期~2期は手術、3期~4期には放射線治療です。

しかし世界では1期~4期の全てが放射線治療の対象となっています。

治療成績は1期と2A期では手術と放射線治療の生存率は同等、
2B期では放射線治療の方が優れている、と考えられています。




手術を選ぶと骨盤の中にあるリンパ節まで広く切除され、
周囲の膀胱や直腸を支配する神経も切れてしまうおそれが
あり、排尿・排便の機能に障害が起きる可能性もあります。

子宮がん切除手術を受けた患者さんの中には自力で排尿が
出来なくなり、カテーテルという管をその都度尿道に
差し込んで排尿している人が少なくありません。


放射線治療ならば、手術と比べものにならないほど
合併症や後遺症が軽く済みます。
特に1B期から2B期では、全摘術ではなく放射線治療
をするべきであると考えます。










<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム

12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

きばこ酵素風呂

お電話でご予約下さい!

045-306-9874

住所
神奈川県横浜市港北区鳥山町387-2
営業時間
10:50~20:30
定休日
不定休
入酵受付時間
11:00~18:00
(時期により営業時間短縮あり)

このページのトップへ
このページのトップへ