体験者の声

HOME > 体験者の声 >

体験者の声 汗

カテゴリ

きばこ酵素風呂で免疫力Maxにして心身ともに復活!


【2020年5月9日付けお客様ノートより】
森林酵素温浴きばこ
木箱のお風呂
新型コロナウイルスにより、私の仕事は益々忙しくなっています。

心身ともに疲れていたので、久しぶりの入酵は
良い汗がかけて、大変気持ち良かったです!

もう少し頻繁に来られると良いのですが・・・・
次回来れるまで、また頑張りま~~す!

《きばこオーナーより》
酵素風呂の入酵で、全身の血液の流れを潤滑に改善できるので
元気回復ができますね!

今の時期コロナウイルス対策として、定期免疫システム回復が必需で
何と言っても、感染したら薬のないウイルスに打ち勝つ為には
自身の免疫力に頼る以外ありませんからね・・・

定期入酵を生活の一部にして、健康管理ツールとしてお役立て下さい。

尚、薬というのは、ウイルス自体を倒してくれる物とは成り得ず
逆に免疫を殺してしまう物なのです。
自身の身体の免疫が、ウイルスを殺す時に出る辛い症状を軽減するのが
薬の役割ですので
結局、健康体作り(体温・血液・血流・血圧・汗等)に勤しみましょう!


免疫力と代謝保持には、きばこ酵素風呂の定期入酵がお薦め!


【2018年4月6日付けお客様ノートより】
森林酵素温浴きばこ
木箱のお風呂
暖かくなったり、寒かったりと気温の変化が大きいです。

私の周りには、冷房を付け始めている人もいて困ります。
その中で、冷やさない様にします!

今日も酵素風呂入酵後の汗は、止まりません。
そして最近はよく喉が渇きます。
なるべく温かい物を飲むようにはしています。

《きばこオーナーより》
陽気の激しいこの時期は
特に、暖かい日に薄着になり過ぎない様に気を付けて下さい。
まだ、夕方からの風は冷たくなります。

涼しい~と感じた時から冷えは始まり
寒い~と感じた時には、すでに肉布団(体脂肪)を付けた後となりますので
上着を脱いだ後は、早めに着る様に心掛けましょう。

定期入酵により、疲れや冷えで悪くなってしまった代謝を大きく溜めない内に
大汗を出す事のできる酵素風呂で改善させましょう!


更年期障害のホットフラッシュが治まった!きばこ酵素風呂


【2018年2月20日付けお客様ノートより】
森林酵素温浴きばこ
木箱のお風呂
きばこ酵素風呂に通い始めて、1年余りが経過しました。

2週間に1回のペースで定期入酵しており
更年期障害のホットフラッシュが落ち着いてきた所です。

日常も、首(首・手首・足首)を冷やさない事が大事
というアドバイスを守り、調子よく過ごす事ができています。

酵素風呂に入酵した夜は、ぐっすりと眠れるので
すっきりとした、気持ちの良い朝を迎えられます。
これからもよろしくお願い致します。

《きばこオーナーより》
今年の冬も、インフルエンザが猛威を奮った中
毎年のように、冬は体調を崩していたようですが
風邪らしい風邪はひいていない、との事で何よりです。

酵素風呂での汗腺トレーニングの成果により
すっかり更年期障害の症状が改善解消された様で、良かったですね!

今後は、この代謝と免疫力を保って
手に入れた健康体を維持すべく、定期入酵を心掛けて下さい。


メンタルにも影響を及ぼす、きばこ酵素風呂


【2017年12月15日付けお客様ノートより】
森林酵素温浴きばこ
木箱のお風呂
年内最後の入酵です。
今年もお世話になりました。来年もよろしくお願い致します。

日常の悩みは尽きませんが
きばこ酵素風呂で大量の汗をかくとすっきりして
帰り道の坂を軽い足取りで歩けます。

きばこのお店から、10分程の所にある施設に居る
母(要介護5)にも、やさしい気持ちで接しられています。

足を冷やさない様、アドバイス頂いたソックスの重ね履きも始めました。

《きばこオーナーより》
冬の寒い季節にも、大量の汗によるデトックス(毒素出し)と
代謝アップ、そして血流改善ができる酵素風呂なので
身体を整える働きが、メンタルにも影響を及ぼしてくれますね!


がんを克服できた!きばこ酵素風呂 #4


【2019年7月14日・27日・8月10日・24日付
お客様ノートより】
森林酵素温浴きばこ
木箱のお風呂
【7月14日】
10日の日に3回目の抗がん剤を投与しましたが
高熱も出ず、副作用は脱毛が少々あるのみなので、助かります!

酵素風呂で汗をかいて、薬の毒素分を出しているからだと思えます。

《きばこオーナーより》
ご家庭では、できるだけ沢山水分(白湯)を飲んで
排泄(尿)からも毒素を出しておきましょう。

また、服装は常にうっすら汗をかける状態になるまで着込んで、冷やさない様にして
代謝を上げておいて下さい。


【7月27日】
毎日暑い日が続いてますね。

24日に4回目の抗がん剤投与してますが、副作用は、脱毛のみなので有難いです!

水分も沢山とってます。
普段から汗&尿を、いっぱい出し毒素を出しながら、乗り切ります。

《きばこオーナーより》
夏の季節は、代謝の稼ぎ時でもありますので、汗を止めずに過ごしていて下さいね!

きっと、体質改善もしっかり進行しながら、がん治療ができているハズです。


【8月10日】
7日に抗がん剤5回目を投与しましたが、相変わらず副作用は、脱毛のみ!
高熱も出ず、食欲もあり、助かります。

今日の酵素風呂は、とても熱く感じて、少し苦しかったです。

《きばこオーナーより》
がん細胞は、熱さに弱いですから
夏の時期の酵素風呂入酵は、冬に比べて大変有効です!

入酵中のヤケドをするような熱さを感じる時は
免疫力が高まり、デトックス(毒素出し)効果がピークに達し
リバウンド現象(=好転反応)が起こっている時なので
この先も何度か起こり得ますので、乗り切っていって下さい。

また、日常では水分補給もしっかりとして、暑い季節を味方にしてゆきましょう!


【8月24日】
21日には、抗がん剤投与6回目を実施しました。
体調は、とっても良好です!

私の場合、ガンがあまりにも大きくて、手術ができないので
薬で少しでも小さくして、上手にガンと共存していくしかないと
担当医から説明を受けています。

きばこ酵素風呂で入酵するようになってからは、体調も良くすっかり元気になりました。

今では、もっと早くから来ていれば良かったな~と思っています。
これからも、ずっと通い続けます!

《きばこオーナーより》
入酵を続けていく事で、平熱体温が36.5℃までに上がっていけば
ガンを寄せ付けない身体に変化できます。

代謝を上げる作用のある酵素ドリンクは、さらなる健康力アップにはお薦めです!
現在口に合わない場合でも、身体の変化とともに
この先嗜好が変わる事もありますので、お試し下さい。


結婚式にドレスを着たいので肌改善目的で、きばこ酵素風呂へ #2


【2019年8月28日付けお客様ノートより】
森林酵素温浴きばこ
木箱のお風呂
7月2日から週1回のペースで通い
8月27日からファスティング・デトックスプログラムも行いました。

プログラム中は、食事はせず酵素しか飲んでいないのに
しかも、いつも以上に頭を使う作業をしても、へっちゃらでした。

8月27日からの3日間で、結婚式の準備をほとんどしてしまいました!
逆に食べていない分、身体は軽く感じた位です。

8月27日には、レダのゲルマネックレスも購入しました。
慢性的な左肩の痛みがあったのですが、ネックレスをしていれば、すっかりなくなっています!

今日は、ファスティングの3日目なのですが
今日も力尽きる事無く元気に過ごせそうですし、今後の経過も、とても楽しみです!

【 これまでの変化 】

●顔のくすみ:ファンデーションを塗らなくても大丈夫と感じる位、透明感がでました

●ニキビ跡:アゴのまわりと、オデコにあった物がなくなりました

●フェイスラインのたるみ:シュッと締まりました

●腕のブツブツ:肌全体がしっとりとして白くなり、気にならなくなりました

●背中の吹き出物:肌が白くなり、大分目立たなくなりました

【 予想していなかった効果 】

●むくみの解消:ウエスト、ふくらはぎがスッキリしました

●起床・睡眠:朝起きるのがスムーズになり、深く眠れるようになりました

●汗:動くとすぐに汗をかくようになりました

●食事:間食をしなくなりました

●評価:主人から『痩せた、綺麗になった』と言われるようになりました

●肌:透明感だけでなく、ツヤも出るようになりました

●顔:毛穴が減り、目の下のポツポツあったシミが薄くなりました

ここに全てを書き切れたか分かりませんが
きばこ酵素風呂での入酵と商品は、外見を美しくしてくれるだけでなく
内側からも整えてくれるので、本当にオススメ!です!

今後は、子宝を目標に通い続けます!
きばこ酵素風呂に出会えて本当に良かった!

これからもずっと通い続けたいので
きばこスタッフの皆様も元気で頑張ってほしいです。いつも、本当にありがとうございます。

《きばこオーナーより》
今回の酵素風呂入酵目標が、オールクリアーできましたね!
しかも、プラスα(アルファ)での改善効果が出たようで、素晴らしい変化を遂げました!

当店の酵素風呂と取り扱い商品は、期待を裏切らない!という実践をして頂けましたね。


2カ月間で良い汗に変わり体質改善を感じられる、きばこ酵素風呂


【2018年8月14日付けお客様ノートより】
森林酵素温浴きばこ
木箱のお風呂
きばこ酵素風呂に通い始めて、2カ月半になりました。

今年は例年より非常に暑いですが
私の周りの友達がノースリーブで過ごしている中
長袖のカーディガンを着て過ごせているので
汗が良い汗に変わり、体質の改善を感じています!

友達には「暑くないの~~~?」と言われますが
冷える方が嫌なので、気にしません!(笑)

これからも、地道に頑張り健康体を目指します。

《きばこオーナーより》
良い汗(限りなく水に近く、体温を下げる働きのある汗)に変わると
猛暑の夏も、ベタベタの悪い汗に比べ涼しく感じて過ごせるようになりますね!

身体を冷やすのは、冬よりも薄着になる夏なので
夏に冷えを溜めない事で、冬を暖かく感じて過ごせるようになります。

従って酵素風呂には、一年を通して定期入酵できると良いですね!


良い汗がかけるようになった!きばこ酵素風呂


【2017年7月31日付けお客様ノートより】
森林酵素温浴きばこ
木箱のお風呂
先月と今月は、結局ギリギリの月1回ペースとなりました。
来月も仕事関係で来店入酵できるか微妙です。

家庭においては、毎晩お風呂上りに発汗し
Tシャツをビショビショにして、着替えてからスッキリして熟睡しています!

この夏が、酵素風呂に入るようになって何回目の夏になるのかは思い出せませんが
すっかり、これまでのベタベタ汗(悪い汗)とは、おさらばできたように思います。

ただ今年の夏は、忙しくて思うように酵素風呂に通えずにいますが
自宅でのケアーを頑張ります。

《きばこオーナーより》
ご家庭でも、お風呂上がりの汗腺トレーニングは
良い汗を保つには、とても効果的ですね!

悪い汗(ベタベタして不快な汗)をかかなくなったということは
猛暑の夏を爽快に過ごせるようになり
夏バテを起こすことなく、元気に暮らせるようになりましたね。

夏こそ酵素風呂で沢山の汗をかき
汗腺トレーニングをする事で、良い汗を持続させれば
熱中症予防にも貢献できます!


通院で治らなかった症状が改善できた!きばこ酵素風呂


【2017年6月29日付けお客様ノートより】
森林酵素温浴きばこ
木箱のお風呂
頭痛、更年期障害症状が酷く、病院に行き相談しているところでした。

病院から偏頭痛用の頓服薬を頂いたのですが
全く良くならず、毎日薬を飲むようになってました。

そして、イライラやだるさもあり辛さが増し
藁にも縋る思いでインターネット検索をして、きばこ酵素風呂に辿り着きました。

1回目の入酵時は
   入酵後立ってもいられない位に心臓がドキドキして心拍数が上がってしまい
   頭痛も酷くなったのですが
2回目の入酵後には、病院の薬を飲む必要が全くなくなり
   不眠症も、イライラも治まってきました。

汗もかけない身体でしたが、今では気持ち良く汗をかけるようになりました。

いつも適切なアドバイスを頂きありがとうございます。
これからも、続けていきますのでよろしくお願いします。

《きばこオーナーより》
身体の芯の冷えからくる血流の改善は
薬を飲むだけでは、なかなか効果は出にくいですね。

病院や薬にだけ頼らず、自分の病気は
自身の代謝を良くして免疫力を高め、自然治癒力により自分で治す必要があります。

そのツールに酵素風呂は、うってつけの療法です!

週に1~2回の酵素風呂入酵で全身から
毎日の酵素ドリンクで、酵素その物を飲むことで
あなたの生命と寿命、健康の鍵をにぎっている酵素を
たっぷりと身体に吸収させておきましょう!


きばこ酵素風呂での発汗の勢いが半端ないです!


【2017年6月30日付けお客様ノートより】
森林酵素温浴きばこ
木箱のお風呂
忙し過ぎた6月。
毎日どう過ごしていたのかを、忘れてしまってる位です。
こんな状態が7月も続きます。

本日は、酵素風呂入酵での発汗の勢いが半端ないです。
大洪水状態で、シャワーから出ているのに
シャワーを浴びているみたいに止まりません。

そして、肌が乾燥しているとのご指摘を、カラダスキャン数値の結果から頂きました。
確かに、夏は保湿ケアを冬よりも怠るので、気を付けます~!

あぁ~~~~汗が止まらない~~!

《きばこオーナーより》
入酵後の汗は、少な目よりは多いに越したことはありませんね!

本日の入酵では、汗の質を変え(悪い汗から良い汗へ)、そして代謝が良くなり
デトックス(多量の汗による毒素出し)もしっかりできましたね!

夏は、冷えや乾燥のケアを怠りがちになりますが
夏こそ、薄着やクーラーによる冷え
日差しの強さによる紫外線からの乾燥がありますので
酵素風呂入酵の頻度も高めて、溜める事無くケアしておきたいです。


1234567

きばこ酵素風呂

お電話でご予約下さい!

045-306-9874

住所
神奈川県横浜市港北区鳥山町387-2
営業時間
10:50~20:30
定休日
不定休
入酵受付時間
11:00~18:00
(時期により営業時間短縮あり)

このページのトップへ
このページのトップへ