HOME > ブログ > アーカイブ > 2016年5月

ブログ 2016年5月

「酵素風呂」で身体を温めて、「冷え」を改善する

病気になる要因として身体の冷えがあり、病気になりにくい身体にするためには、身体を温めることが大事だということをお話ししました。


では、具体的に身体を温めるにはどうすればいいのでしょう?

お風呂に入ったり、運動をして汗をかくことも、いいのですがもっといい方法があります!



おすすめしたいのは、やはり「酵素風呂」です。

酵素風呂は以前も少しお話ししましたが、身体の芯から温まるので、身体の冷えが根本から改善されていきます。

冷えがなくなれば、基礎代謝が上がり免疫力・抵抗力も上がってきます。
そうなれば病気にもなりにくくなりますし、自身の健康にも繋がります。

酵素風呂で汗腺トレーニングしませんか!?#3

汗をかく機会の少ない冬の間にも、ここ最近猛暑となる夏に向けて、暑さの中でも爽やかな汗で爽快に過ごせるように、酵素風呂「きばこ」で汗腺トレーニングしませんか!?


「きばこ」の酵素風呂での温浴は・・・
●酵素の自然発酵の熱で 
●体の芯から温めますので 
●全身の汗腺・毛穴から汗が噴き出し
●老廃物を排出

同時に・・・
酵素を体内に浸透・吸収させて、体の新陳代謝を促してくれているのが実感できます。
ですから酵素温浴を続けることで、自然と細胞が活性化されていくのです。
活性化=蘇生化ということで、体の悪い部分が改善できます!


また酵素発酵熱で温まった身体に、「きばこ」拘りの活水器で水道水を活性化させており、さらにその水を、『レダのアビルカG32ゲルマ温浴水シャワーヘッド』を使用したシャワー水の効果が加わりますので、入浴後には頭皮や髪の毛、お肌にも影響して身体全体がツヤツヤなめらかになります。
従って、入酵後には美容効果(エステ効果)も期待できます!



酵素風呂の温浴効果として、発汗性は高いのですが、体への負担感は軽いので無理のないダイエット効果も期待できます。






そして、敷地内全体をイヤシロチ化施工した「きばこ」の酵素風呂では酵素風呂&イヤシロチのダブルでのマイナスイオン効果が体を癒してくれます。

さらに、そのイヤシロチ化施工により「きばこ」の酵素風呂では嫌な匂いは全くない状態で、しかも発酵力の優れた酵素に入酵できます。

入酵後のパジャマは、汗腺トレーニングの為

酵素風呂「きばこ」では、入浴後のパジャマにもこだわっています。



一年中、綿100%の長袖・長ズボンを貸し出しています。



その理由は入酵後に汗をたくさんかいて、汗腺トレーニングをする為です。



もちろんバスタオルもこだわりの綿100%です。




汗腺トレーニングを詳しく知りたい方は
こちら#1
こちら#2
こちら#3
こちら#4

酵素風呂で汗腺トレーニングしませんか!?#2

春に入ったら夏本番に向け、爽やかな汗で爽快に過ごせるよう酵素風呂「きばこ」で汗腺トレーニングしませんか!?

夏の暑さの中、汗をかくのは体温の上がり過ぎを防ぐための体の防衛反応なのですが・・・

実は・・・
大粒の汗をダラダラ流れるようにかくのは
→●体温の上昇を防ぐ力が弱い
汗は蒸発することで体から熱を奪うので
→●大粒の汗は蒸発しにくく●体温を下げる力が弱まる

現代の日本人の環境では、『汗をかく機会』が減ったので大汗をかきやすくなっています。
●エアコンの普及 
●交通手段車の発達 
●運動量が少なくなった

大汗をかきにくくするには・・・
●普段から運動をする 
●エアコンを控える
『よい汗』をかくように心がけることが大切なのです!!

『よい汗』とは・・・
●乳酸やミネラル分などの成分が少ない汗 
●サラっとしてべとつかないのが特徴

『悪い汗』とは・・・
●成分が多い汗 
●ベタっとしている汗 
●蒸発しにくい汗
●体を冷やす能力が低い 
●休眠している汗腺が増える



猛暑になる夏を爽快に過ごせるように、「きばこ」酵素風呂で汗腺トレーニングをしてみてはいかがでしょうか!?

冷えることで人は病気になる?

そもそもなぜ人は病気になってしまうのでしょうか?


様々な要因が挙げられると思いますが、大きな要因として「冷え」が挙げられます。

「冷え??」
「まぁ、冷えたら風邪などの病気になるでしょう」
とお思いになるでしょうが、なぜ冷えることで病気になってしまうのでしょうか?

簡単にですが説明します。


[冷えによる身体の変化]
身体が冷えることによって、代謝が下がり
                 ↓
代謝が下がることによって、身体を冷やさないように余分な体脂肪や内臓脂肪をつけてしまい、
                 ↓
更に代謝が下がることによって、免疫力の低下にも繋がってきます
                 ↓
こうした悪循環によって、病気になりやすくなってしまうのです




では、どうすれば病気になりにくくなるのでしょうか??

答えは、「身体を温める」ことです。






つまり、身体を温めることによって、代謝が上がり
                  ↓
代謝が上がることによって、余分な体脂肪や内臓脂肪をつけるのを防いでくれ、
                  ↓
代謝が上がったことにより、免疫力が上がることに繋がっていきます
                  ↓
そして、免疫力が上がることにより、病気になりにくい身体になるわけです

酵素風呂で汗腺トレーニングしませんか!?#1

ここ例年猛暑となり、たくさん汗をかくようになる夏に向けて、熱中症予防にもなり、爽やかな汗で爽快に夏を過ごせるように酵素風呂「きばこ」で汗腺トレーニングしませんか!?

汗をかくことの主な役割は、体温調節です!
体は熱を外へ放出することによって、体温の均衡を保つのですが、気温が高くなる夏には熱の放出が難しくなるため汗を多くかくことで、熱の放出を助けています。

暑い夏、また運動した後、体にとって必要な生理機能で自然なこととして体温が上がると汗をかきます。

しかし、汗を出す「汗腺」の働きが低下している場合、冷房の利いた部屋からちょっと外に出ただけで、服がべとべとになるほどの大汗をかいたりします。


大粒でダラダラ流れる汗は『悪い汗』
●蒸発しにくく 
●体温を下げる効果も低い
また悪い汗には、本来汗腺から再吸収されるはずのミネラルなどの成分が、たくさん含まれているためベタベタして臭いもあります。


では『よい汗』とは・・・!?
●よい汗は肌の上ですぐに乾く 
●よい汗は水に限りなく近い 
●よい汗は要所をおさえ働く

汗は尿と違って排せつ物ではなく、血漿(けっしょう)の大事な成分を含んでいます。
ですから・・・理想的な『よい汗』とは~!?
●大事な成分をなるべく含まず
●体温が上がったときにだけ速やかに 
●必要なだけ出し 
●体温を調節してくれる汗

サラサラですぐに乾く『よい汗』をかくためには
●必要なだけの汗がかけ 
●汗をかく機会をつくり 
●低下している汗腺の機能を高める汗腺トレーニングの必要があります。



「きばこ」酵素風呂で、汗腺トレーニングしませんか!?
そして・・・
週に1~2度の酵素風呂温泉で全身から、毎日の酵素ドリンクで酵素そのものを飲み酵素をたっぷりと体に吸収させておきましょう。



ゲルマニウムの効能とは?

いきなりですが、みなさんは「人体の働きは電気活動である」ということはご存じでしょうか?



筋肉を動かす神経活動や代謝を促進する細胞活動などは電気の流れによって行われます。
この電気の流れが+(プラス)にも-(マイナス)にも傾きすぎない状態であることで健康を保つことができます。

しかし、+(プラス)と-(マイナス)のバランスが崩れてしまうと、身体に異常な電気信号が流れてしまい、筋肉の神経に異常が起こり、細胞の代謝が滞り、痛み(神経痛)やコリが生じるわけです。

そこに、ゲルマニウムの出番があるのです。
ゲルマニウムは相手が+(プラス)の性質であると-(マイナス)の電気を持ち、相手が-(マイナス)の性質であると逆に+(プラス)の電気を帯び、相手と結びついてバランスを保とうとする性質があります。


身体が疲労すると乳酸などが増加して身体が酸性状態に傾きます。
酸性は+(プラス)の電気であり、身体が酸性に傾くと代謝がうまく進まなくなります。

しかし、ゲルマニウムがいると-(マイナス)の性質を発揮して、身体の+(プラス)の電気と結びつき中和して、体外に排泄してくれるのです。

つまり、ゲルマニウムは老廃物の「排泄力」を高めているのです。
そして、ゲルマニウムは痛み(神経痛)やコリに対して効果が期待できます。



「きばこ」では、集中デトックスコースにあるゲルマニウム温浴があり、これはゲルマニウム溶液に20分間手足をつける温浴です。
手足の末梢神経を温めることにより、新陳代代謝が活性化され大量の発汗が起き、体内の余分な脂肪が燃焼されます。

また、ゲルマニウムの-(マイナス)の電気が全身の+(プラス)の電気と結びついて、体内の毒素や老廃物を汗ととも体外に排出してくれます。






他には、プチシルマDX貼温浴もできます。
プチシルマとは簡単に説明するとゲルマニウムの粒です。
これを痛みやコリなど気になる箇所に貼って、酵素風呂に入ることができます。
これも上記と同じ原理で痛みやコリに効果的です。



気になる痛みにはプチシルマ貼入酵!

みなさん、身体の痛みやコリなどを感じたときはどうしていますか?
マッサージをしたり湿布を貼ったりとさまざまな方法がありますが、今回は「プチシルマ」を紹介いたします。



プチシルマとは、東洋医学にある鍼灸治療の考え方をもとに家庭用の鍼灸用用具として開発されたものであり、首・肩・腰・背中・腕・脚などほぼ全身に貼ることができ、痛みやコリを感じる部分に貼ることで緩和効果があります。




その理由としてプチシルマはゲルマニウムの粒であり、このゲルマ二ウムの働きが身体の痛みやコリに作用することで緩和されるのです。   [詳しくはこちら]


「きばこ」では、このプチシルマを貼って酵素風呂に入ることができます。(プチシルマDX貼温浴

また、レダシルマ(ゲルマニウムネックレス)の貸出サービスも併せて行っています。
ゲルマニウムは熱と反応するので、貼って入酵することで更に効果が高まります。
なので、身体の痛みやコリを感じた際にはぜひ体験してみてください。



夫婦やカップルの入酵について

酵素風呂「きばこ」は、原則女性専用となっていますが、例外として男性もご夫婦やカップルに限り入酵可能となっています。
       

なので、男性の方も興味がありましたら、奥様や彼女さんを誘ってみてはどうでしょうか?
ご予約をお待ちしております。

なお、他のお客様との兼ね合いもございますので、要相談でのご予約となります。


酵素風呂 こども料金

今回は、酵素風呂「きばこ」のこども料金について書きます。

[ 酵素温浴 こども料金 ]
小学生~中学生: 1,480円(税込) 
※別途、こども酵素着レンタル代(270円)
※ご父兄が、当店にて数回入酵をご利用された後の受付となります

赤ちゃん~小学生以下: 大人と一緒の桶で入酵する場合には無料です
※一人で桶使用の入酵には、こども料金が必要です
※お母さまが妊娠時に、当店ご利用で出産したお子様に限ります













≪ お子様入酵時の持ち物 ≫
バスタオル、汗拭きタオル長袖・長ズボンのパジャマ必ずご用意してご来店下さい。

その他ご不明な点などは、ご予約の際にお問い合わせください。



また、関連としまして新生児からでも入れる酵素風呂のブログもぜひご覧になってください。

12

« 2016年4月 | メインページ | アーカイブ | 2016年6月 »

きばこ酵素風呂

お電話でご予約下さい!

045-306-9874

住所
神奈川県横浜市港北区鳥山町387-2
営業時間
10:50~20:30
定休日
不定休
入酵受付時間
11:00~18:00
(時期により営業時間短縮あり)

このページのトップへ
このページのトップへ