HOME > ブログ > アーカイブ > もう、がんでは死なない

ブログ もう、がんでは死なない

ガンの縮小効果

今回は「ガンの縮小効果」というテーマです。

 

 

 

医師に「抗ガン剤は有効だ」と言われた場合、人によって理解の仕方が違います。

それが、抗ガン剤治療を受けるか否かに結びつきますので、「有効」の意味を整理します。

 

 

[ガンの縮小効果]

医学界で「抗ガン剤が有効」というのは、「ガンが治る」とか「延命する」ことを意味しません。

ガンが一定程度縮小すれば「有効」なのです。

 

つまり、「ガンの直径」が抗ガン剤によって30%以上縮んで「70%未満」になると「有効」と判定されます。

 
 

そして、全患者に占める「有効」判定の患者割合が「有効率」です。

有効率は「ガン種」によって異なります。

乳ガン、卵巣ガン、肺の小細胞ガンでは6割以上の有効率を期待できますが、胃ガン、大腸ガンなど多くのガン種では13割程度です。

 

抗ガン剤の量を増やし、投与する間隔を短くすると、抗ガン剤治療の「強度」がアップするため、有効率を5割以上にすることも可能です。

しかし、「強度」を強めると副作用が強くなり、それによる死者も増えます。

そのため、抗ガン剤に真に期待される諸効果が得られるかどうかは別問題です。

 





<参考文献>
もう、がんでは死なない ~二人に一人ががんになる時代の最高の治療法~
(マガジンハウス・2020)
著者:近藤誠

なぜ、いくつもの臓器が一度に機能不全になるのか?

今回は「なぜ、いくつもの臓器が一度に機能不全になるのか?」というテーマです。

 

 

 

最近は新型コロナウイルスにより、「闘病中の人が多臓器不全で亡くなった」などという報道を目にします。

 

ただ、これまで「多臓器不全」の圧倒的多数はガンで闘病中のケースでした。

 

多臓器不全と聞くと、転移によっていくつもの臓器が一度に「機能不全」に陥ったのだろうと考えがちです。

しかし、転移によって死亡する場合には肺や肝臓などの「単一の臓器」への転移が原因となって死亡する「単臓器不全」になります。

つまり、複数の臓器に転移しているケースでは、それぞれの臓器のサイズ、転移の個数、転移の大きさなどが異なるので、いくつもの臓器が同時に機能不全に陥ることは(ほぼ例外なく)あり得ないのです。

どれかひとつの臓器が先に「機能不全」になり、それによって患者さんが死亡してしまうからです。

 

 

では、いくつもの臓器が一度に機能不全になる理由は何なのでしょう?

 

それは、全身への"血流"が途絶するからです。

肺でも肝臓でも腎臓でも、血液が供給されなければ、すぐに機能不全に陥ります。

 
 

では、血流が途絶する理由は何か?

 

多くの場合、肺炎や敗血症など「重篤な感染症」があります。

そして、その影響で血管内の血液がほぼ一瞬にして凝固し、「血栓」が出来ることで血管内部が(多数の血栓により)目詰まりするので、血液が流れなくなるのです。

 
 

では、ガンの患者たちに感染症が生じる理由は何か?

 

それは、手術や抗ガン剤の副作用です。

手術後にはメスが入った部位に「膿瘍」が生じやすく、それから肺炎や敗血症に発展します。

また、抗ガン剤では副作用で骨髄障害が生じ、白血球が減る為、感染症になりやすいのです。



<参考文献>
もう、がんでは死なない ~二人に一人ががんになる時代の最高の治療法~
(マガジンハウス・2020)
著者:近藤誠

 


ガンには定義がない?

今回は「ガンには定義がない?」というテーマです。
 
 
 
良く耳にする「ガン」という言葉。
実はガンには「定義」がありません。
 
「ガンとは何か?」を言葉で表すことができないのは、ガンの個々の性質の違いによって統一的に表現することができないからなのです。
 
 
では、どうやって診断をしているのか?
 
「病理医」という医師たちが、細胞や細胞の集まりである組織をガンと診断すると、その病変は「ガン」になります。
つまり、細胞や組織の「顔つき」から「ガン」か「良性」かを判断するわけです。
 
しかし、例えるとこれは人の「人相」を見て「性格」を占うことと一緒です。
人間社会には人相が悪い人たちがいますが、彼らは善人と悪人とに分かれます。
そのため、「人相」を理由に「悪人」と決めつけられて刑務所に入れられることはありません。
 
ところが、医療の世界では細胞や組織の「顔つき」から「ガン」や「悪者」と決めつけられ、臓器の死刑(切除術)が実施されるのです。
その結果、いろいろな問題が生じます。
 
胃ガンを例にとると、日本で「早期胃ガン」と診断される病変が欧米では「良性」と診断されたりします。
 
また、本質は「単なる炎症」である病変が「胃の悪性リンパ腫」や「子宮頸がん」と診断されることも頻発しています。



<参考文献>
もう、がんでは死なない ~二人に一人ががんになる時代の最高の治療法~
(マガジンハウス・2020)
著者:近藤誠

ガンの性質の違い

今回は「ガンの性質の違い」というテーマです。

 

 

 

ガンの性質については、そのケースによって異なります。

一概に「ガン」と診断されても、

●他の臓器に転移するもの、転移できないもの

●周囲の組織や臓器に浸潤するもの、できないもの

●ガン細胞の分裂が速いもの、ゆっくりなもの

といったように性質が違うのです。

 

このように性質が異なるのは、個々のケースでガン細胞が持つ「変異遺伝子」の組み合わせが異なるからです。

 

そして、ガン細胞が分裂していくとき、「変異遺伝子」の組み合わせは(子孫の細胞に)受け継がれていくので、一度獲得した性質は変わりません。

 

例えば、転移できない性質であれば、細胞分裂を、重ねていっても、最後まで転移できないことになります。

 

なお、性質が異なるものが全て「ガン」とされているのは、性質の違いを診断する方法がないからです。




<参考文献>
もう、がんでは死なない ~二人に一人ががんになる時代の最高の治療法~
(マガジンハウス・2020)
著者:近藤誠


医療は発ガン率を上昇させる?

今回は「医療は発ガン率を上昇させる?」

 

 

 

医療の進歩により、様々な治療法が確立されてきました。

 

しかし、治療行為の中には「変異遺伝子」を生み出し、「発ガン率」を上昇させるものがあるのです。

 

そして、発ガン率が高いのは種々の「ガン治療」行為によるものです。

 

例えば、「抗ガン剤」の多くは遺伝子を傷つけることにより、「ガン細胞」をやっつけようとしますが、同時に「正常細胞」の遺伝子をも傷つけてしまい、「変異遺伝子」を生み出してしまうのです。

 

そのため、患者さんが(ガンや治療によって死なずに)生き続けると、発ガン率が上昇します。

 

そして、抗ガン剤は全身くまなく行き渡るため、どの部位に「ガン」が出来ても不思議ではありません。

 

 

また、放射線治療も(患者さんが生き続ければ)「発ガン」の原因となり、「放射線発ガン」とか「放射線誘発ガン」などと呼ばれます。

 

発ガンする部位は放射線をかけた範囲とその周辺に限られますが、遺伝子を傷つける力は(抗ガン剤より)強いので、発ガンの可能性はかなり高いと言えるでしょう。




<参考文献>
もう、がんでは死なない ~二人に一人ががんになる時代の最高の治療法~
(マガジンハウス・2020)
著者:近藤誠


ガンになる人とならない人

今回は「ガンになる人とならない人」というテーマです。

 

 

 

世の中にはガンにならない人もいれば、なる人もいます。

その違いは何なのでしょうか?

 

それは、変異遺伝子が生じる「原因」によって説明することができ、原因は3つあります。

 

 

原因①「遺伝」

両親から受け継いだ遺伝子の中に「ガン化」を起こしやすい変異遺伝子が紛れ込んでいることがあるのです。

 
 

原因②「環境や生活習慣」

環境中にある「放射線」や「農薬」、排気ガスなどの「大気汚染物質」、生活習慣である「喫煙」などの影響で遺伝子が傷つき「変異遺伝子」が生まれるのです。

これらを「発ガン物質」と呼びます。

 

また、意外かと思われますが、種々の医療行為や「サプリメント」なども「発ガン物質」になり得ます。

有名な例を挙げると、CT検査などで用いられる「放射線」と「抗ガン剤」です。


 

原因③「遺伝子の複写ミス」

身体の各細胞に備わる(2万個からなる)「遺伝子のセット」は細胞が分裂する時にコピー(複写)され、2つ生じる「娘細胞」のそれぞれに受け渡されます。

この遺伝子セットがコピーされるときに「複写ミス」が起きやすく、「変異遺伝子」が生じるのです。





<参考文献>
もう、がんでは死なない ~二人に一人ががんになる時代の最高の治療法~
(マガジンハウス・2020)
著者:近藤誠


ガンが発生するメカニズム

今回は「ガンが発生するメカニズム」というテーマです。

 

 

 

人の身体には37兆個もの細胞が存在します。

 

それぞれの細胞は約2万個の遺伝子を持っており、人が生きていく間にそれら遺伝子の一部が変化して「変異遺伝子」になります。

 

遺伝子は「タンパク質」を合成するための「設計図」であるので、変異遺伝子を設計図として、今まで存在しなかったタンパク質「変異タンパク質」ができます。

 

 

人が年をとるにつれ、各細胞に(変異遺伝子と)変異タンパク質が増えていきます。

 

そして、ガン細胞に相応しい「種類」と「数」の変異タンパク質が揃うと、正常細胞は「ガン細胞」に変わるのです。

これを「ガン化」ないしは「発ガン」と呼びます。





<参考文献>
もう、がんでは死なない ~二人に一人ががんになる時代の最高の治療法~
(マガジンハウス・2020)
著者:近藤誠


1

メインページ | アーカイブ | このクスリがボケを生む! »

きばこ酵素風呂

お電話でご予約下さい!

045-306-9874

住所
神奈川県横浜市港北区鳥山町387-2
営業時間
10:50~20:30
定休日
不定休
入酵受付時間
11:00~18:00
(時期により営業時間短縮あり)

このページのトップへ
このページのトップへ