HOME > ブログ > もう、がんでは死なない > ガンになる人とならない人

ブログ

< ガンが発生するメカニズム  |  一覧へ戻る  |  医療は発ガン率を上昇させる? >

ガンになる人とならない人

今回は「ガンになる人とならない人」というテーマです。

 

 

 

世の中にはガンにならない人もいれば、なる人もいます。

その違いは何なのでしょうか?

 

それは、変異遺伝子が生じる「原因」によって説明することができ、原因は3つあります。

 

 

原因①「遺伝」

両親から受け継いだ遺伝子の中に「ガン化」を起こしやすい変異遺伝子が紛れ込んでいることがあるのです。

 
 

原因②「環境や生活習慣」

環境中にある「放射線」や「農薬」、排気ガスなどの「大気汚染物質」、生活習慣である「喫煙」などの影響で遺伝子が傷つき「変異遺伝子」が生まれるのです。

これらを「発ガン物質」と呼びます。

 

また、意外かと思われますが、種々の医療行為や「サプリメント」なども「発ガン物質」になり得ます。

有名な例を挙げると、CT検査などで用いられる「放射線」と「抗ガン剤」です。


 

原因③「遺伝子の複写ミス」

身体の各細胞に備わる(2万個からなる)「遺伝子のセット」は細胞が分裂する時にコピー(複写)され、2つ生じる「娘細胞」のそれぞれに受け渡されます。

この遺伝子セットがコピーされるときに「複写ミス」が起きやすく、「変異遺伝子」が生じるのです。





<参考文献>
もう、がんでは死なない ~二人に一人ががんになる時代の最高の治療法~
(マガジンハウス・2020)
著者:近藤誠


カテゴリ:

< ガンが発生するメカニズム  |  一覧へ戻る  |  医療は発ガン率を上昇させる? >

同じカテゴリの記事

医療は発ガン率を上昇させる?

今回は「医療は発ガン率を上昇させる?」

 

 

 

医療の進歩により、様々な治療法が確立されてきました。

 

しかし、治療行為の中には「変異遺伝子」を生み出し、「発ガン率」を上昇させるものがあるのです。

 

そして、発ガン率が高いのは種々の「ガン治療」行為によるものです。

 

例えば、「抗ガン剤」の多くは遺伝子を傷つけることにより、「ガン細胞」をやっつけようとしますが、同時に「正常細胞」の遺伝子をも傷つけてしまい、「変異遺伝子」を生み出してしまうのです。

 

そのため、患者さんが(ガンや治療によって死なずに)生き続けると、発ガン率が上昇します。

 

そして、抗ガン剤は全身くまなく行き渡るため、どの部位に「ガン」が出来ても不思議ではありません。

 

 

また、放射線治療も(患者さんが生き続ければ)「発ガン」の原因となり、「放射線発ガン」とか「放射線誘発ガン」などと呼ばれます。

 

発ガンする部位は放射線をかけた範囲とその周辺に限られますが、遺伝子を傷つける力は(抗ガン剤より)強いので、発ガンの可能性はかなり高いと言えるでしょう。




<参考文献>
もう、がんでは死なない ~二人に一人ががんになる時代の最高の治療法~
(マガジンハウス・2020)
著者:近藤誠


ガンが発生するメカニズム

今回は「ガンが発生するメカニズム」というテーマです。

 

 

 

人の身体には37兆個もの細胞が存在します。

 

それぞれの細胞は約2万個の遺伝子を持っており、人が生きていく間にそれら遺伝子の一部が変化して「変異遺伝子」になります。

 

遺伝子は「タンパク質」を合成するための「設計図」であるので、変異遺伝子を設計図として、今まで存在しなかったタンパク質「変異タンパク質」ができます。

 

 

人が年をとるにつれ、各細胞に(変異遺伝子と)変異タンパク質が増えていきます。

 

そして、ガン細胞に相応しい「種類」と「数」の変異タンパク質が揃うと、正常細胞は「ガン細胞」に変わるのです。

これを「ガン化」ないしは「発ガン」と呼びます。





<参考文献>
もう、がんでは死なない ~二人に一人ががんになる時代の最高の治療法~
(マガジンハウス・2020)
著者:近藤誠


きばこ酵素風呂

お電話でご予約下さい!

045-306-9874

住所
神奈川県横浜市港北区鳥山町387-2
営業時間
10:50~20:30
定休日
不定休
入酵受付時間
11:00~18:00
(時期により営業時間短縮あり)

このページのトップへ
このページのトップへ