HOME > ブログ > 食品の裏側 > 低塩の代償は誰に?

ブログ

< 低塩梅干は高塩梅干より身体に悪い?  |  一覧へ戻る  |  食卓の調味料がニセモノにすり替わっている? >

低塩の代償は誰に?

今回は「低塩の代償は誰に?」というテーマです。
 
 
皆さんも、一度スーパーなどで売られている「低塩漬物」をひっくり返して、原材料表示を見てみてください。
 
「アルコール」「調味料(アミノ酸等)」「PH調整剤」「ステビア」「サッカリン」「酸化防止剤」「ソルビン酸」「着色料」「酸味料」「リン塩酸」「増粘多糖類」…
 
驚くほど大量の添加物が使われていることに気付くはずです。
 
「低塩だから健康に良さよう」
そう思って買っているのに、実際には「有害」な添加物を何種類もせっせと摂取しているのです。

 
「低塩」の代償は紛れもなく添加物の大量摂取であり、それを引き受けるのは私たち自身に他ならないのです。
 
 
「低塩漬物」にはもう1つ落とし穴があることも付け加えておきましょう。
それは、「塩分の過剰摂取」という問題です。
 
「低塩漬物」なのに、塩分を摂りすぎるとはどう言うことなのでしょうか?
 
「低塩漬物」は一口食べた時に、しょっぱさを感じさせないように塩を控え、「甘味料」を加えて出来ています。
昔ながらの「しょっぱい」漬物なら1〜2切れで済んだものを、「しょっぱくない」低塩漬物の場合はついつい何切れでも箸が進んでしまうのです。
 
逆に言えば、たくさん食べないと満足できず、また「低塩漬物だから少しぐらい多く食べても大丈夫」という気の緩みもあるはずです。
 
その結果、「昔ながらの漬物」を食べているよりも、「低塩漬物」を食べた時の方が塩分の摂取量が多い、などということになるのです。
 
 
今や漬物はスーパーで買うのが当たり前という時代ですが、わざわざ余計な添加物を摂取する必要はありません。
添加物の使用量が比較的少ないものもありますが、それを探し出すことも難しいため、一夜漬けや浅漬けでもいいから自分で漬けるのが一番です。
 
注意してほしいことは、自分で漬けるといっても市販の「浅漬けの素」を使うということではありません。
あれは添加物を大量に溶かし込んで作られているため、結局は完成品を買うのと同じことになってしまいます。
 
浅漬けに必要なのは、いい塩と細切り昆布程度です。



<参考文献>
食品の裏側 〜みんな大好きな食品添加物〜

(東洋経済新報社・2005)

著者:安倍司

カテゴリ:

< 低塩梅干は高塩梅干より身体に悪い?  |  一覧へ戻る  |  食卓の調味料がニセモノにすり替わっている? >

同じカテゴリの記事

食卓の調味料がニセモノにすり替わっている?

今回は「食卓の調味料がニセモノにすり替わっている?」というテーマです。
 
 
調味料は、料理の味を決定づける基本です。
和食は今や世界に誇る素晴らしい食文化。
その和食が調味料から崩れようとしているのです。
 
というのも、私たちの食卓の調味料は知らないうちに「本物」から「ニセモノ」にすり替わりつつあるのです。
 
例えば、本物の「丸大豆醤油」に対して、添加物で作り上げた「新式醸造醤油(醤油風調味料)」や本物の「純米みりん」に対して、添加物でみりん風に仕上げた「みりん風調味料」などがあります。
他にも、酢や砂糖も昔ながらの製造法に代わり、添加物を使って「ニセモノ」を作る製造法が主流となってきています。
 
 
これを踏まえ、あなたの家にある調味料は本当に大丈夫でしょうか?
 
一度、商品の「裏」の表示を見てみてください。
いつの間にか、日本の食卓は「〇〇風」調味料に占拠されてしまっています。
 
料理酒、砂糖、塩、酢、醤油。
それから、みりん、だしの素、〇〇の素、〇〇のタレなど、私たちは知らず知らずのうちに、こうした添加物で作り上げた「ニセモノ」「紛い物」を口にしてしまっているのです。
 



<参考文献>
食品の裏側 〜みんな大好きな食品添加物〜

(東洋経済新報社・2005)

著者:安倍司

低塩梅干は高塩梅干より身体に悪い?

今回は「低塩梅干は高塩梅干より身体に悪い?」というテーマです。

 

 

添加物を大量に使う食品の1つとして、「漬け物」があります。

 

日本人の食生活に欠かせない漬物ですが、2030年ほど前から塩分の過剰摂取の原因として槍玉にあがるようになりました。

 

それまでは、塩と着色のためにウコンかシソぐらいで作られていた漬物が、添加物をたっぷり溶かし込んだ「添加物液のプール」で作られるようになったのです。

 

 

塩分の過剰摂取が、高血圧の原因になるとしきりに言われ始めると、考えられたのが「低塩梅干」でした。

 

通常、梅干には重量の1015%の塩を使います。

塩は味付けのためばかりでなく、保存(防カビ)、色落ち防止、それから食感を保つという役目もあります。

 

低塩で塩を減らすなら、この役割を他の何かで補う技術が必要になってきます。

すなわち、味付けは「化学調味料」、保存は「ソルビン酸」、色落ち防止には「酸化防止剤」、酸味は「酸味料」で補うのです。

 

しかし、これではまだ「しょっぱさ」は従来品と同じです。

そこで、「甘草」・「ステビア」・「サッカリン」などの甘味料を加えてこれを抑えます。

食べる人の舌を「塩分が半減した」と錯覚させるのです。

これで、「低塩梅干」の完成です。

 

皆、添加物で作り上げられた食感と味を「おいしい」と言って食べているのです。




<参考文献>
食品の裏側 〜みんな大好きな食品添加物〜

(東洋経済新報社・2005)

著者:安倍司

素朴な疑問を持つことが全ての始まり

今回は「素朴な疑問を持つことが全ての始まり」というテーマです。

 

 

安部氏は、添加物の「物質名」や「危険度」を無理に勉強して覚える必要はないと考えています。

 

それよりも、「素朴な疑問」を持って商品の「裏」にある「原材料表示」をよく見て、常識の範囲内で判断すれば十分だという考えです。

 

ラベルいっぱいに細かい字で書かれている、訳の分からないカタカナの物質名。

 

そんな物質が使われていることに「素朴な疑問」を持ってほしいのです。

素朴な疑問を持つことが添加物と向き合う最初の一歩です。

そして、「常識的」に考えれば「何か変だ、気持ちが悪い」と思うのではないでしょうか?




<参考文献>
食品の裏側 〜みんな大好きな食品添加物〜

(東洋経済新報社・2005)

著者:安倍司

無着色明太子は安全志向か?

今回は「無着色明太子は安全志向か?」というテーマです。

 

 

明太子の話でもう一つ、「無着色明太子」についても触れておきたいと思います。

 

スーパーなどで売られている明太子を見ると、「無着色」と表示して売られているものがあります。

 

この無着色明太子には、いかにも添加物が少なくて、健康のことを考えて作られたイメージがあります。

 

しかし、「裏」をひっくり返して表示を見てみればなんのことはない、「合成着色料」こそ使われていませんが、その他の添加物はしっかり使われているのです。

「亜硝酸ナトリウム」も「ポリリン酸ナトリウム」も「酸化防止剤」も「化学調味料」も無着色明太子には使われています。

 

 

はたして、「合成着色料」だけが悪者なのでしょうか?

 

20種類の内、「合成着色料」を23種類だけ外して、他の添加物はそのまま。

それで「合成着色料を使用していません」と高らかに謳っている。

 

こんな消費者を誤解させるような話があっていいのでしょうか?

いいえ、メーカーの「誇張表示」に惑わされてはいけません。

 

しかし、メーカーだけが問題かといったらそうではありません。

「着色料を使っていない明太子が欲しい」という要望がスーパーや生協から寄せられたからこそ、こういう商品が開発されたわけですから。




<参考文献>
食品の裏側 〜みんな大好きな食品添加物〜

(東洋経済新報社・2005)

著者:安倍司

20種類もの添加物を一度に食べるとどうなるか?

今回は「20種類もの添加物を一度に食べるとどうなるか?」というテーマです。

 

 

 

食品に添加物が大量に入ることで、「添加物の複合摂取」という問題が生じます。

 

添加物というものは、厚生労働省がひとつひとつ毒性のテストをして、一定の基準を満たしたもののみが認可されています。

そのため、普通に食生活を送っている限り、添加物を摂取しても問題はない、というのが国の考えです。

 しかし、それは単品使用の場合においてのテストであって、複数の添加物をいっぺんに摂取したらどうなるかという実験は十分になされていないのです。

 

つまり、Aという添加物があるとすると、Aのみで摂取した場合の毒性や人体への影響などは検査していますが、ABCの添加物を同時に摂った場合はどうなのかという「複合摂取」についてはまだきちんと研究されていないのです。

 
 

そもそも、添加物の毒性や発ガン性のテストはネズミなどの動物を使って繰り返し行われます。

添加物として使っていいかどうかや、使用量の基準がそのネズミでの実験結果に基づき決められているのです。

 

大雑把に言えば、「ネズミにAという添加物を100g使ったら死んでしまったため、人間に使う場合は100分の1として1gまでにしておこう」というように決めているのです。

 

もちろん、ネズミと人間の分解能力・吸収能力が同じとは言えないはずです。

しかし、それでも人体実験が出来ない以上はそれを「目安」にするしかないのです。

 

この事実からも、国の基準だからといって完全に信用できるものではなく、複数の添加物を同時に摂取した場合の危険性はその有無も含めて、それを食べる私たち自身が引き受けるしかないのです。




<参考文献>
食品の裏側 〜みんな大好きな食品添加物〜

(東洋経済新報社・2005)

著者:安倍司

きばこ酵素風呂

お電話でご予約下さい!

045-306-9874

住所
神奈川県横浜市港北区鳥山町387-2
定休日
不定休
営業時間
11:00~最終入酵 18:00
(短縮営業日あり)
*詳しくは『営業カレンダー』をご覧下さい

このページのトップへ
このページのトップへ