HOME > ブログ > 酵素風呂きばこ案内 > きばこ酵素風呂のご案内 #3

ブログ

< 酵素不足により引き起こされる病とは?  |  一覧へ戻る  |  酵素風呂で免疫力を高めることで、病になりにくい身体に。 ~ガンについて~ >

きばこ酵素風呂のご案内 #3

≪ きばこ酵素風呂の特徴 #3 ≫

空気と水に拘ったきばこ酵素温浴の特徴 
敷地内イヤシロ地化施工の効果で・・・
発汗性がとても高く  ●温浴後には 爽快感 があるお風呂

●温浴後の活水器&アビルカ使用シャワーでお肌ツルツル    
●活水器&シーガルフォー浄水器使用の
フリー飲料

温浴時間20分間で酵素風呂入酵後には、とってもたくさんの汗あせるが出るのです。
が・・・・体の部分的な負担を感じないのは
頭から顔~そして~つま先まで、全身バランスよく発汗するからなのです。

顔の部分がオガクズパウダーの外に出ているので室温と同じ状態の為
サウナのような息苦しさが全く無く、ゆったりと深呼吸をしながら入ることができます!

お湯のお風呂に長く入れない方は
毛穴を水がふさいでる為に皮膚呼吸ができなくなり苦しさを感じる訳ですが
ひのきパウダーは空気を含んでいますのでとても軽く
皮膚呼吸も妨げられず体に優しい温浴方法なのです!

また一見、砂風呂のようにも見えますが砂のような重みや圧迫感も全くありません。
通気性のあるオガクズの中で快適な温浴ができます。

「きばこ」の酵素風呂での温浴は・・・
●酵素の自然発酵の熱で  ●体の芯から温めますので
●全身の汗腺・毛穴から
汗が噴き出し  ●老廃物を排出

同時に・・・
酵素を体内に浸透・吸収させて、体の新陳代謝を促してくれているのが実感できます。
ですから、酵素温浴を続けることで、自然と細胞が活性化されていくのです。
活性化=蘇生化ということで、体の悪い部分が改善できます。

そして・・・
「きばこ」拘りの活水器や、レダのアビルカG32シャワーヘッドの使用の
塩素を除去したゲルマ温浴水効果で、入浴後の頭皮や髪、
さらにはお肌もなめらかにしますので美容(エステ)効果も期待できます。

また・・・
酵素風呂は発汗性が高い割りに、体への負担感は軽いので
無理のないダイエット効果も期待できます!

さらに・・・
イヤシロチ化施工した「きばこ」の酵素風呂では
酵素風呂&イヤシロチのダブルでのマイナスイオン効果が体を癒し
嫌な匂いは全くない状態でしかも発酵力の優れた酵素に入酵できます。


●『酵素風呂きばこ』は
健康産業流通新聞686号
サロン探訪のコーナー

掲載されました(2007.12.22)

カテゴリ:

< 酵素不足により引き起こされる病とは?  |  一覧へ戻る  |  酵素風呂で免疫力を高めることで、病になりにくい身体に。 ~ガンについて~ >

同じカテゴリの記事

酵素風呂「きばこ」より。 今年もよろしくお願い致します。

2020年、今年も酵素風呂「きばこ」をよろしくお願い致します。



この時期は気温が低い・風が冷たいといった気候の要因
により、注意していても身体に「冷え」を溜めてしまいます。


「冷え」は身体の免疫力を低下させ、病などのリスクを高める
といったマイナス要素の塊と言えます。



そんな「冷え」から身体を守るためには身体を温めるという
ケアが非常に重要になってきます。



身体を温める方法として、
「酵素風呂」がおすすめです。

なぜなら、酵素風呂は身体を
芯から温めてくれるので、
「冷え」
に対して効果的
なのです。








酵素風呂「きばこ」は今年も皆様の「健康」に携わり、
お手伝いをさせて頂きたいと考えております。

きばこ酵素風呂


酵素風呂「きばこ」より。 今年も1年お世話になりました。

今年は、5月に元号が平成から「令和」へと変わり、
10月には消費税が「10%」へと増税されたり、
日本社会の大きな変化の年と感じました。




そんな中、酵素風呂「きばこ」はおかげさまで
今年、開店12週年を迎えることができました。

これも偏に皆様のご愛顧によるものであり、
心より感謝しております。


来年も酵素風呂「きばこ」をよろしくお願い致します。
きばこ酵素風呂

酵素風呂「きばこ」のおもてなし その③ ~酵素室編~

3回目の今回は「酵素室編」と題して、紹介していきたいと思います。






酵素室に入ると、
奥に2つの桶があります。

こちらで20分間ゆっくり
と、ご入酵して頂きます。















オリエンタル調の酵素室内は
マイナスイオンが発生しており、
森林浴効果でリラックスできる
「やすらぎ空間」となっています。











入酵後にシャワー室にご案内致します。
こちらのシャワー室では、水道水の塩素を
除去するフィルターとゲルマニウム効果の
ある
ゲルマニウム温浴シャワーヘッド
使用しております。

酵素温浴との相乗効果で全身の保湿力を
高めてくれるので、特にアトピーや乾燥肌
の方には効果抜群です。


さらに、イヤシロチ(活性化)施工した
シャワー室では
シャワー後もジメジメと
したうっとうしさを全くと言っていいほど
感じません。







酵素風呂「きばこ」のおもてなし その② ~休憩室編~

2回目の今回は「休憩室編」と題して、紹介していきたいと思います。







休憩室に入って、すぐ左側
には大きな鏡の化粧台。

ドライヤーやお化粧などの
際にご利用下さい。








ヘアドライヤー「イオニティ」
このドライヤーは、マイナスの
電気を帯びた酸素と空気中の
水分が結合したマイナスイオン
を発生します。

一般に髪はプラスに帯電しやすい
性質を持っています。
そこに強いマイナスイオンを当てる
ことで、髪に水分を浸透させます。
さらに髪の表面をやさしくコート
するので、髪の水分率を保ちます。
静電気も中和してくれるので、
髪のまとまりも良くします。


官足法足踏板 「ウォークマット」

板に大小の様々な突起が工夫されて
並べられており、単に足踏みをする
だけで足つぼ効果があります。

初めのうちは痛くて足踏みができないと
いう方もいると思いますが、踏み続けて
いくことで痛みも徐々に薄れていき、
体調の良さも実感できてきます。

詳しくは[ウォークマットの踏み方]




「マッサージチェアー」

温浴後に行うことで、
更に血流の流れを良く
してくれます。





「カラダスキャン」

温浴前と温浴後に測り、
様々な数値を比較することで
身体の健康状態を調べます。


{関連記事}
[カラダスキャンによる健康状態]







遠赤外線輻射式セラミックヒーター「サンラメラ」

このヒーターの特徴は天井や壁、
床などを直接暖めます。
そして暖まった天井、壁、床などが
輻射熱を出し続けるため、部屋全体
がまるで暖房器のようになります。
そのため、「きばこ」の休憩室は
ポカポカと快適な空間なのです。


「信楽焼のウォーターサーバー」

活水器シーガルフォー浄水器を使用
した水に、セラミックのブラックミニ
を入れた遠赤外線効果のある信楽焼の
ウォーターサーバーからご自由に水分
補給ができます。

遠赤外線効果により、水の粒子が整え
られることで、人体に吸収されやすくなり、
さらに水自体がまろやかになるため、
非常に飲みやすく感じられます。














休憩室の商品棚
にも、様々な商品
が取り扱われています。









休憩室にもイメージ
キャラクターである
フクロウがいます。












更衣室で着替えられ、
入酵の準備が整いましたら、
いよいよ酵素室へと
ご案内していきます。








入酵後はこちらのテーブルで
ゆっくりとおくつろぎ頂けます。

足元にある、足つぼマッサージ機
「ニューフットウェル」もぜひ
ご使用になってみて下さい。





次回は「酵素室編」と題して、ご紹介していきたいと思います。


酵素風呂「きばこ」のおもてなし その① ~玄関編~

今回から酵素風呂「きばこ」のおもてなしと称して、
きばこのご紹介をしていきたいと思います。





初回は「玄関編」と題して、紹介していきたいと思います。



まずはお店の外にある
酵素風呂「きばこ」の
看板。

やわらかな色調の看板が
みなさまをお迎えします。

看板上部には「きばこ」の
イメージキャラクターで
あるフクロウがいます。
ご来店の際にご覧になって
みて下さい。







緑色の扉を開けると、
いよいよ「きばこ」
の玄関です。











玄関に入ると可愛らしい
小窓があり、ここで受付
を致します。











受付の横にはソファがあり、
ここでゆっくりお待ち頂く
こともできます。











ソファの前には商品棚があり、
「きばこ」で取り扱っている
様々な商品が並べられています。

お待ちの間などにご覧になって
みて下さい。








奥には洗面台と、
「きばこ」の
イメージカラーで
あるピンクを
基調としたトイレ
があります。








ロッカーに荷物を入れて頂き、
準備が整いましたら、店内へと
ご案内していきます。











次回は「休憩室編」と題して、ご紹介していきたいと思います。

きばこ酵素風呂

お電話でご予約下さい!

045-306-9874

住所
神奈川県横浜市港北区鳥山町387-2
営業時間
10:50~20:30
定休日
不定休
入酵受付時間
11:00~18:00
(時期により営業時間短縮あり)

このページのトップへ
このページのトップへ