HOME > ブログ > 47の心得 > 心得16 「医者から薬をもらう」を習慣にしてはいけない。 ~その①日本と欧米の医療はここが違う~

ブログ

< きばこ店内がAutumn~秋~バージョンへと装飾中!  |  一覧へ戻る  |  心得16 「医者から薬をもらう」を習慣にしてはいけない。 ~その②耐性菌に殺されないために、薬漬けから足を洗う~ >

心得16 「医者から薬をもらう」を習慣にしてはいけない。 ~その①日本と欧米の医療はここが違う~

今回は「日本と欧米の医療の違い」というテーマです。







オランダ駐在から戻ってきた人が、「医療が日本とあまりに
違うので仰天した」と言っていました。

その人は、子供が熱を出したので家庭医に連れて行ったら、
「家に帰って身体を冷やしなさい。3日して熱が下がらなかったら
、またいらっしゃい」と言われただけで、解熱剤や抗生物質、
その他の薬も全く、くれなかったそうです。



欧米には"家庭医"というものがいます。

日本ではあまりなじみのない名称かもしれませんが、欧米では
広く認知された医療の専門分野の1つです。
1人の医師が内科や小児科、外科や皮膚科、産婦人科など様々な
範囲の診療を総合的に行うものであり、専門医とは異なります。


「学校の先生」を例に説明すると少しわかりやすいかもしれません。
専門医が英語・国語・数学・世界史・日本史・物理・化学・生物など
各教科の高校の先生であれば、家庭医は国語から体育まで担任の先生
が全ての教科の基本的な部分を教えてくれる小学校の先生のような
ものです。

つまり、家庭医として診療したうえで必要があれば専門医のもとへ
紹介する
というシステムなのです。
特にオランダは家庭医と専門医のすみ分けがはっきりしていて、
薬もなるべく使わない方針です。



しかし、日本の医療は"フリーアクセス"といって、保険証1枚で誰もが
日本全国どこの開業医、どこの大学病院へ行っても構わないという
システムです。


そして、少しでも体調が悪ければ薬をどんどん出します。
手術の時も、術前に1回使えば十分というエビデンス(根拠)を無視して、
今でも「術後の感染予防のため」と言っては何日も抗生物質を点滴
し続けています。






<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム

カテゴリ:

< きばこ店内がAutumn~秋~バージョンへと装飾中!  |  一覧へ戻る  |  心得16 「医者から薬をもらう」を習慣にしてはいけない。 ~その②耐性菌に殺されないために、薬漬けから足を洗う~ >

同じカテゴリの記事

心得16 「医者から薬をもらう」を習慣にしてはいけない。 ~その②耐性菌に殺されないために、薬漬けから足を洗う~

今回は「耐性菌に殺されないために、薬漬けから足を洗う」
というテーマです。






どこの国にもいると思いますが、薬をもらわないと納得しない
患者さんが多いのも問題です。


そして、抗生物質や抗菌剤が大量に使われるほど、「菌の耐性化」
問題が生まれます。




そんな日本は今、世界ワーストの院内感染国です。

感染症の患者から検出した黄色ブドウ球菌のうち、院内感染を
引き起こす耐性菌MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)が
占める率の国際比率を見ると、イタリア42%、アメリカ40%、
イギリス37%、スペイン36%、ドイツ9%、オランダ0%、そして
日本は「70~80%」と先進国中ワーストです。



細菌やウイルスの中で抗生物質・抗菌薬が効かないものを「耐性菌」
、あるいは「菌が耐性化した」
と言います。

菌が耐性化するとこれまでの薬が効かないため、簡単に治せるはずの
症状が悪化し、命に関わります。


最近問題になっている「多剤耐性菌」は一つの薬だけでなく、様々な
薬に対して耐性を持つ菌です。



そんな耐性菌に感染しやすいのは、手術後の患者や高齢者など抵抗力が
落ちていて、抗生物質を長く投与されている人です。


日本では抗生物質の過剰投与は人間だけではなく、家畜やペットにも
広く行われています。
例えば、豚の場合は病気の治療だけでなく、成長促進剤としても飼料に
添付されています。
そうしたことも日本に耐性菌が蔓延する原因になっています。



よく「医療が発達しているから日本人は世界一長寿」と言われますが、
もっと大きな原因があります。
第二次世界大戦までは日本人の死因の多くは胃腸炎、肺炎、結核など
の感染症でした。
しかし、戦後は栄養・衛生状態が良くなり、寿命がどんどん延びたのです。

欧米の19世紀以降の死亡統計を見ても、結核、はしか、チフスなど
全て栄養・衛生が改善されると急減し、抗生物質やワクチンが導入
される以前に死亡率は下がりきっています。


今の日本に薬に頼らないと治らない病気はほとんどありません。
耐性菌に殺されないためにも、「薬漬け」から足を洗うことが大事です。







<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム

心得15 ガンの9割は治療するほど命を縮める。放置が一番。 ~逸見政孝さんが教えてくれたこと~

今回は「逸見政孝さんが教えてくれたこと」というテーマです。






ガンといえば「治療しないと、どんどん進行して死に至る」
というのが社会通念のようになってしまっていますが、
実際のところはどうなのでしょうか?

昔からほとんどのガンは見つかり次第、治療されてきました。
手の施しようのない転移ガンや末期ガンなどは別にして、
早期ガンや進行ガンを治療しないで様子をみるということは
なかったのです。



まだ、ガンの告知もされないことが多かった1993年、ニュース
キャスターの逸見政孝さんが「悪性度の高いスキルス胃ガン」
であることを初めて記者会見の形で公表しました。

1月にガンとわかって手術したものの転移があり、
9月の2回目の手術では臓器を3キロも摘出しました。

衰弱した身体に抗ガン剤治療も行った結果、
身体はやせ細り、12月に亡くなりました。

その後、遺族の話では最初の手術の傷跡のところに、
多くの再発があったそうです。


よく「切るとガンが暴れる」と言われます。
メスが入って正常組織のバリアーが崩れたところに、
隠れていたガン細胞が入り込んで増殖しやすくなるのです。




そして、抗ガン剤は身体にとって猛毒です。
抗ガン剤が「効く」というのは、単に「ガンのしこりを
一時的に小さくする」という意味です。


そのため、「効く」というのは治すとか延命に繋がると
いう話ではないのです。

1990年にアメリカ議会に提出された技術評価局報告書で
既に、「抗ガン剤、放射線などは病巣を一時的に縮小させるが、
この縮小は無意味であり、延命効果が認められない上に、
患者の生活の質を悪化させる」
と断定されています。


日本人のガンの9割を占める胃ガン・肺ガン・大腸ガン・乳ガン
など塊を作る「固形ガン」には、抗ガン剤は辛い副作用と
「縮命」効果しか及ぼしません。








<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム

心得14 「抗がん剤を使えば寿命が延びる」と言う医者を信用するな ~医者の余命診断があてにならない3つの理由~

今回は「医者の余命診断があてにならない3つの理由」
というテーマです。







余命診断があてにならない1つ目の理由は
「ガンの成長速度が人によって全く違う」からです。

見つかった時に病巣が大きくても長生きする人もいますし、
年をとるとガンの進行が遅くなる、ということも一概には
言えません。


2つ目の理由は「ガン病巣が人の命を奪うまで育つには、
意外と時間がかかる」
からです。

多くのガンは直径10㎝ぐらいにならないと人を殺せません。
ガン細胞が2倍になるのに、平均2ヶ月以上かかります。
1㎝のガンが10㎝になるには20ヶ月以上かかりますが、
そんな先のことは誰にも予言できません。


3つ目の理由はガンが大きくなるにつれて、
「成長スピードがスローダウンすることが多い」からです。

これは進行ガンだけではなく早期ガンにも起こり、発見された
とき以上に大きくならない早期ガンは珍しくありません。




こうした理由から、余命診断をある程度正確に出来るのは、
脳・肺・肝臓などの重要臓器がやられてしまい、機能が
衰えてきたときです。


例えば肺ガンが増大して呼吸が苦しくなって、治療法がない
場合には「余命はあと数ヶ月だろう」と予想できます。

しかし、重要臓器に転移が見つかっても、自覚症状も機能不全
もなければ、もっとずっと長生きできます。


つまり、寿命を数ヶ月の幅で予想できるのは、体力がガンに
負けてしまい、足腰が立たなくなったり、寝たきりになったり
した場合です。



逆に、普通に病院に歩いて行けたのに「余命3ヶ月」とか
「余命半年」と言うような医者に命を預けることはしないことです。









<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム

心得13 軽い風邪で抗生物質を出す医者を信用するな ~その②40度まで上がっても脳に影響はない?~

今回は「体温が40度まで上がっても脳に影響はない?」
というテーマです。






風邪などで高熱が出たとき、40度近くまで上がったことが
ある方は少なくないと思います。

そんな高熱で、脳もやられてしまうのではないかと思う方
もいると思います。

しかし、熱が40度まで上がったとしても熱で脳をやられる
心配はありません。

逆に解熱剤の副作用による脳症や死のリスクを考えると、
できるだけ解熱剤は避けた方が賢明です。



熱が上がっていく段階では、温かい飲み物をたっぷり飲み、
布団を多めにかけて、どんどん汗をかくという昔ながらの
方法が理に適っています。

高熱が出て辛い場合は、水枕や冷たいタオルで身体を拭く
など、物理的に冷やすことをおすすめします。


また抗生物質はウイルスに対しては無効であり、耐性菌
などの厄介な問題を起こします。

そのため、軽い風邪なのに抗生物質を処方するような医者
には注意が必要です。

風邪を早く治す方法は薬を飲むのではなく、身体を温かくして、
ゆっくり休むこと
が一番なのです。








<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム

心得13 軽い風邪で抗生物質を出す医者を信用するな ~その①風邪薬は風邪に効かない。薬害でこんなに死んでいる~

今回は「風邪薬は風邪に効かない?」というテーマです。







風邪薬と聞くと、風邪を治す薬と思われる方が多いでしょう。
しかし、「風邪を治す薬を発明したらノーベル賞もの」と言われています。

その理由は風邪のウイルスは200種類もあり、DNA(遺伝情報)も
変化しやすいことです。
風邪のウイルスのDNAを解析するだけで日数がかかる上、
ようやく薬が完成したとしても、その時には既にウイルス
の遺伝子が変異していて、その薬では効力がないのです。



では、市販の風邪薬(総合感冒薬)や医者が出す薬などはどのようなものなのでしょう?

結論から言ってしまうと、「症状を一時的に和らげる」薬であり、
風邪自体を治す薬ではないのです。


市販の風邪薬には咳、発熱、咽頭の痛み、鼻水など風邪の
代表的な症状を抑える成分が少しずつ入っています。
医者が出す薬は、その症状別の薬になっています。

どちらも飲むとしばらくの間、症状が軽くなります。
しかし、また症状が悪くなり、薬を飲んで楽になるという
イタチごっこを繰り返して、身体がスッキリしない状態が続きます。

風邪をひくと身体は咳や鼻水によってウイルスやその死骸を追い出し、
体温を上げて外敵と闘う白血球を活発に働かせようとします。

そのため、せっかくの咳や熱を薬で抑えてしまうと、病気との闘いに
水を差すことになり、ウイルスは身体に居座ってなかなか治りません。



そして、インフルエンザをワクチンで防げるとか、タミフルやリレンザ
などの治療薬で治せるという実証もなく、薬害による脳症や死亡事件は
数え切れないほど起きているのです。








<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム

きばこ酵素風呂

お電話でご予約下さい!

045-306-9874

住所
神奈川県横浜市港北区鳥山町387-2
営業時間
10:50~20:30
定休日
不定休
入酵受付時間
11:00~18:00
(時期により営業時間短縮あり)

このページのトップへ
このページのトップへ