HOME > ブログ > 47の心得 > 心得24 医者たちの「ガン詐欺」に注意。 ~なぜ、治療が効いたように思うのか?~

ブログ

< 心得23 1センチ未満の動脈瘤、年間破裂率は0.05% ~医者の「まずまず」は車椅子や寝たきり状態のこと?~  |  一覧へ戻る  |  きばこ店内がクリスマスバージョンに装飾中&オーナメント追加! >

心得24 医者たちの「ガン詐欺」に注意。 ~なぜ、治療が効いたように思うのか?~

今回は「なぜ、治療が効いたように思うのか?」
というテーマです。







その理由を3つ挙げます。

顕微鏡で調べてもガンの誤診率は非常に高く、
海外では「良性腫瘍」とされるのを日本では「ガン」
と呼んでいるものも多い
ということが挙げられます。

また、無症状で見つかるものは、ほぼ大きくならない
「潜在ガン」や転移しない「ガンもどき」で、よく自然
に消えるものが多いのですが、医者は「ガンが消えた」
と奇跡が起きたように言います。



放射線や抗ガン剤も使っていることが多く、
そもそも何が効いたのかわからない
ということが
挙げられます。

患者さんの体験談には、
「この方法で体調が良くなったから有効」というのもよく
ありますが、これは「プラセボ(偽薬)効果」が疑われます。

とある実験では、医者から自信ありげに「効きますよ」と
小麦粉などの偽薬を渡されると、頭痛や不眠に悩む患者の
3割程度の方が「効いた」と感じた
という結果が出ています。



調子が良くなったのは、それまでの治療法を止めた
おかげかもしれない
ということが挙げられます。

例えば、丸山ワクチンは体調が良くなることで有名です。
開発者の丸山氏は受診した患者に「今までの治療をきっぱり
止めなさい」と指導していたそうです。

患者の多くは副作用の強い抗ガン剤を続けてきたはずなので、
調子が良くなって長生きしたのは抗ガン剤を止めた効果が一番
大きかったのではないかと考えられます。









<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム

カテゴリ:

< 心得23 1センチ未満の動脈瘤、年間破裂率は0.05% ~医者の「まずまず」は車椅子や寝たきり状態のこと?~  |  一覧へ戻る  |  きばこ店内がクリスマスバージョンに装飾中&オーナメント追加! >

同じカテゴリの記事

心得23 1センチ未満の動脈瘤、年間破裂率は0.05% ~医者の「まずまず」は車椅子や寝たきり状態のこと?~

今回は「医者のまずまずは車椅子や寝たきり状態のこと?」
というテーマです。






脳ドッグで見つかる1センチ未満の動脈瘤の年間破裂率は0.05%
これは欧米の53施設が共同で未破裂動脈瘤をもつ患者2621人を
調査した結論です。

1998年に総合医学雑誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・
メディスン」が報じました。
世界で最も広く読まれ、医療界に影響を与える医学誌だけに世界中
のメディアが取り上げ、各国で手術を断る患者が続出しました。


しかし、日本ではその3年後に脳外科医にアンケートしたところ、
6割が「1センチ未満の動脈瘤の年間破裂率は1~2%」と患者さんに
説明し、「0.05%」と説明していた医師は2%だけでした。
(2001年、日本脳ドッグ学会)

その後、日本でもNTT東日本関東病院等による追跡調査が行われています。
対象は2001年1月~2004年4月までに、3ミリ以上の脳動脈瘤が見つかった
男女5720人であり、最長8年間追跡しました。


全体の破裂の割合は年率:0.85%(105人に1人)
大きさ別に3~4ミリでは0.36%、5~6ミリでは0.5%、
7~9ミリでは1.69%(59人に1人)、10~24ミリでは33.4%が破裂

ただ、この調査は破裂しない人たちの追跡が不十分なので、
実際の破裂率はもっと低いと考えられます。




では、手術に踏み切ったらどうなるのでしょうか?
患者の後遺症のレポートには、目を疑いたくなる表現と数字が並んでいます。

信州大学神経外科の「未破裂動脈瘤のクリップ手術」成績をまとめた
英文論文では、310人に行われた手術の結果報告が「死亡1人」・
「fair(まずまず)17人」・「good(良好)30人」・「excellent(素晴らしい)262人」。

一見すると、死亡が1人であとは良かったように思えますが、この評価は
決していいものではないのです。

まず、「good(良好)」とは眼を動かす運動神経の麻痺、軽度の半身不全麻痺、
軽度の視力障害など「神経機能の欠落があるが自力で生活可能である」状態
のことを言います。

そして、「fair(まずまず)」とは「ひどい障害が残って自力生活が不可能である」
状態のことを言います。
例えば、車椅子や寝たきり状態でもfair(まずまず)と評価されます。

また、後遺症のない「excellent(素晴らしい)」が85%というのも驚きです。
85%は成功と見えますが、裏を返せば残りの15%は手術をしたら障害者に
なるということを物語っているのです。







<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム







心得22 胃を切り取る前に、知っておきたいこと ~臓器は温存すべき~

今回は「臓器は温存すべき」というテーマです。







胃ガンの治療というと、胃を切り取られて患者さんの
身体にダメージを被る印象があります。



実際に胃を全摘されたり、胃の出口、幽門を含めて大きく
切り取られると、患者さんは「食べたものを消化する」・
「食べたものを溜めて少しずつ十二指腸の方に送り出す」
という2つの大きな胃の機能を失います。


すると食べ物がストンと小腸へ落下して、腹痛や冷や汗
などの「ダンピング現象」に苦しむおそれがあります。


それを避けるために食事を1日4~5回に分けて少しずつ
摂ることになることで、次第にやせ細ってしまいます。

その他にも、傷跡が開いてしまう縫合不全や出血、炎症など
手術が招く合併症や重い後遺症のリスクもあります。






つまり、胃ガン手術の大きな問題は胃の周囲のリンパ節を
切除する、リンパ節郭清(ごっそり切除すること)が当たり前
とされていることにあります。

胃の周りには胃に近い方から1~4群の数多くのリンパ節
があります。
進行胃ガンの場合、胃の切除とともに2群リンパ節まで
郭清する「D2胃切除」を行うのが一般的です。

しかし、これは胃袋に加え、腹部内臓に分布する自律神経
も切除されるため、患者さんに大変な後遺症をもたらします。



イギリスとオランダの臨床試験では「D2胃切除は生存率の
向上に寄与しない」
という結果が出ており、ガンの手術は
世界的な傾向として可能な限り、臓器を温存する方向に
向かっています。


なぜならば、むやみに手術を行っても患者さんを苦しませる
だけで、生存率を上げる効果は見込めないからです。

そうした意味では「無治療のまま様子を見る」という
選択は、究極の臓器温存療法と言えるのかもしれません。








<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム

心得21 「乳ガン検診の結果は、全て忘れなさい」 ~その③手術と放射線治療、どちらがいいのか?~

今回は「手術と放射線治療、どちらがいいのか?」
というテーマです。






子宮頸がんの治療を例にすると、日本の慣行は
1期~2期は手術、3期~4期には放射線治療です。

しかし世界では1期~4期の全てが放射線治療の対象となっています。

治療成績は1期と2A期では手術と放射線治療の生存率は同等、
2B期では放射線治療の方が優れている、と考えられています。




手術を選ぶと骨盤の中にあるリンパ節まで広く切除され、
周囲の膀胱や直腸を支配する神経も切れてしまうおそれが
あり、排尿・排便の機能に障害が起きる可能性もあります。

子宮がん切除手術を受けた患者さんの中には自力で排尿が
出来なくなり、カテーテルという管をその都度尿道に
差し込んで排尿している人が少なくありません。


放射線治療ならば、手術と比べものにならないほど
合併症や後遺症が軽く済みます。
特に1B期から2B期では、全摘術ではなく放射線治療
をするべきであると考えます。










<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム

心得21 「乳ガン検診の結果は、全て忘れなさい」 ~その②子宮頸がんワクチンは無意味?~

今回は「子宮頸がんワクチンは無意味?」というテーマです。







近年、「子宮頸がんワクチン」と称してパピローマ・ウイルスの
予防ワクチンの接種が、小中学生の女子に強くすすめられていますが
ガンの予防には無意味のようです。



子宮頸がんの原因は性行為で感染するヒト・パピローマ・ウイルス
というウイルスであり、子宮頚部の上皮を増殖させてイボを生み、
粘膜も増殖させてガンと紛らわしい病変を作ります。


これはDNAの異常ではなく、感染が原因の「上皮細胞の慢性変化」
「慢性感染症」です。




国が診療を仕切るスウェーデンの統計などを見ると、子宮ガン検診
で発見されるゼロ期のガンは99%が「もどき」です。


ゼロ期の子宮頸がんには、ほぼ100%ウイルス感染が見られますが、
「ワクチン接種が本物の子宮頸がんを防いだ」という実証は出ていません。

しかも副作用の不安があり、子宮頸がんワクチンは肩近くの筋肉に
注射するので痛みが強く、失神・発熱・頭痛などの訴えが続出しています。


また、インフルエンザ・はしか・日本脳炎なども含む全ての予防ワクチン
には、脳症や急死を含む、重い副作用のリスクが伴います。









<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム

心得21 「乳ガン検診の結果は、全て忘れなさい」 ~その①マンモグラフィで見つかるガンは「もどき」?~

今回は「マンモグラフィで見つかるガンはもどき?」というテーマです。






乳ガンと聞くと、1990年代から世界中で繰り広げられている
「ピンクリボン」を想像する方も多いと思います。

ピンクリボンとは乳ガンの正しい知識を広め、乳ガン検診の早期受診
を推進することなどを目的として行われる啓発キャンペーン、もしく
はシンボル
のことを言います。

日本では10月1日にピンクリボンデーとして東京都都庁、東京タワー、
レインボーブリッジ、表参道ヒルズ、名古屋城、姫路城、神戸ポートタワー、
明石海峡大橋など様々な地でピンク色にライトアップし、大勢の人へ
視覚という形でピンクリボン運動の認知度向上へ貢献しています。


しかし、キャンペーンとは裏腹に乳ガンは近年増加の傾向にあります。


マンモグラフィ(レントゲン撮影による乳ガン検査)の大規模な
くじ引き試験でも、やはり検診と死亡率は無関係のようです。
カナダの5万人調査ではむしろ「総死亡率は検診群の方が少し多い」
という結果でした。

近藤氏は乳管内の「ガン」が縮小・消失したケースを数多く見てきました。
そして、世間で乳管内ガンとされている病変はガンではなく、女性ホルモン
に対する反応がある人に強く出た「乳腺症」という結論に至っています。


マンモグラフィでしか発見できないガンは99%以上が「ガンもどき」。
しかし、どの病院の外科でも手術で乳房を全部切り取られる可能性が
高いのです。
手術を受けたとしても寿命が延びることはないし、治療を受けなかった
としても寿命が縮むわけではないから、患者さんには「乳ガン検診の
結果は、全て忘れなさい」と言っているそうです。



しかし、近藤氏の提案はなかなか広まらないと思われます。
というのは困る人が大勢いるからです。

もし、「乳管内のガンは良性で、一種の乳腺症」という提案を
受け入れたら、ガン検診体制の根底が揺らぎ、放射線診断医を
含めマンモグラフィ業界が困るのです。

他にも、組織診断のための生検や「治療」のために手術をする
外科医や、乳房を切り取られた患者さんの乳房再建術をする
形成外科医も困ります。

また乳管内ガンを良性としてしまうと、病理診断体系の一貫性
も崩れ、困ったことの連鎖が起きます。
そのため、多くの専門家たちが大反対するわけです。

良性なのに乳房を切り取られる危険性を避けるには、自発的に
マンモグラフィ検診から遠ざかるしかないのです。







<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム


きばこ酵素風呂

お電話でご予約下さい!

045-306-9874

住所
神奈川県横浜市港北区鳥山町387-2
営業時間
10:50~20:30
定休日
不定休
入酵受付時間
11:00~18:00
(時期により営業時間短縮あり)

このページのトップへ
このページのトップへ