HOME > ブログ > 47の心得 > 心得8 「早期発見」は、実はラッキーではない ~検診とガン死亡の意外な関係~

ブログ

< 心得7 がんほど誤診の多い病気はない ~その②「ガン」なのか、「ガンもどき」なのか?~  |  一覧へ戻る  |  心得9 「ガンだったから仕方ない」と考えてはいけない ~その①切り刻むのが大好きな白衣の紳士たち~ >

心得8 「早期発見」は、実はラッキーではない ~検診とガン死亡の意外な関係~

今回は「検診とガン死亡の意外な関係」というテーマです。






ガンの「早期発見・早期治療」に役立つという機器や検査方法が
次々に生まれることで、「ガンは治る病気になった」、「1年に
1回の検診でガンになる前の段階でキャッチできる」などと宣伝
されるようになりました。


では、本当に「ガンで亡くなる人は減っているのか?」という
疑問があります。

もし仮にガンが治る病気になったのなら、ガンによる死は年々
減ってきているはずです。

しかしながら、1960年代から50年もの間で人口に占める全ガン
死亡率は下がらず、依然としてガンは日本人の死因トップの座
にいます。





なぜこのような結果であるのか?

それは「検診が何の役にも立っていない」という理由からです。
検診により詳しく検査すればするほど、ガンが見つかる可能性
が高くなります。
しかし、そのほとんどは「ガンもどき」で、手術などの治療は
身体を痛めるだけなのです。


例えば、50歳を超えた男性の2人に1人は亡くなった後に解剖する
と「前立腺ガン」が見つかります。
それは放っておいても大きくならない「潜在ガン」であったのです。

ところが、検診で「前立腺ガン」を見つけ出しては自覚症状もない
人に、手術による切除や放射線による治療などをすすめています。

しかし、手術による後遺症や放射線治療による合併症発生などのおそれ
もあり、場合によっては人工肛門になってしまうこともあります。


また、わずかな病変が検出できる方法が見つかったら、
日本人の3人に1人は甲状腺ガンと診断されるでしょう。
しかし、甲状腺ガンで亡くなる方はガンによる総死亡者数
のわずか0.1%、人数でいうと年間約300人です。






<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム



カテゴリ:

< 心得7 がんほど誤診の多い病気はない ~その②「ガン」なのか、「ガンもどき」なのか?~  |  一覧へ戻る  |  心得9 「ガンだったから仕方ない」と考えてはいけない ~その①切り刻むのが大好きな白衣の紳士たち~ >

同じカテゴリの記事

心得9 「ガンだったから仕方ない」と考えてはいけない ~その①切り刻むのが大好きな白衣の紳士たち~

今回は、「切り刻むのが大好きな白衣の紳士たち」という
テーマです。






その昔、江戸時代には武士が暗闇に紛れて路上などで人を斬る
という「辻斬り」が横行していました。
その目的は刀の切れ味や自分の腕前を試すことと言われており、
幕府が禁令を出すほど人を斬りたい武士が多かったのです。


外科医の中には、「やるからには徹底的に治療する」という医者
としての使命感から、「辻斬り」のように患者さんを斬っていく
医者もいます。



日本人は欧米人に比べ、体形が手術向きであり、手術での死亡率も
欧米に比べて少なかったことから、日本は歴史的に手術の盛んな国
とされ「手術絶対主義」が根付いています。


その結果、「治る見込みがない」・「他の治療法の方が明らかに成績がいい」
・「患者さんの寿命を縮める」手術が頻繁に行われているのです。



例えば海外では、1期の咽頭ガンといえば放射線治療をするから、
9割近くが咽頭を残せます。
でも、日本では1期でもどんどん切ってしまうのです。

また、舌ガンも進行度にもよりますが、初回治療として手術はほとんど
必要ないのに、日本では8割も手術が行われて、大抵リンパまで取って
しまうのです。
2期の舌ガンでは舌を半分切り取るため、舌があったところに他から
取ってきた筋肉を埋め込む再建術も必要で大手術となります。
また手術が成功しても、後々ろれつが回らなくなったり、食事を摂る
際に不自由になるというおそれもあります。

他にも、子宮頸ガンは手術ゼロにすることもできるのに、7割はリンパ
まで大きく取ってしまうことで、排尿・排便障害、膣が短くなる、足が
むくむなどの後遺症のおそれが生じます。






<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム

心得7 がんほど誤診の多い病気はない ~その②「ガン」なのか、「ガンもどき」なのか?~

今回は「ガン」なのか、「ガンもどき」なのか?
というテーマです。






本物のガン細胞は、宿主の正常細胞からちょっと変異して生まれ、
「周囲の組織に侵入(浸潤)し、遠く離れた組織に転移する」性質を
持っています。

そして、宿主を殺すまで増え続けていき、最後は宿主とともに自爆
するのです。


そうした意味で、命を奪わないガンはガンのようなものとみなされ、
「ガンもどき」ということにすぎず、本物のガンに育つことはない
のです。




<ガンもどきの事例>
乳ガンで「皮膚を破ってくるガンは、転移がある本物」であると
誰しもが思います。

しかし、皮膚を破ってもグチャッと広がらず、しこりが部分的で
その上の皮膚だけ破れて顔を出しているものは、長年診ていても
転移が出てこないのです。

皮膚に入るのは「浸潤」ですが、浸潤しても転移しない
「ガンもどき」があるのです。

また、子宮ガンでも肺ガンでも浸潤すると尿毒症になったり、
息が詰まって死んでしまったりすることがあります。
しかし、放射線をかけたり、局所を手術すると治って転移が
出てこないものがあり、これも「ガンもどき」と呼べます。





しかし、ガンと見分けがつきにくい「ガンもどき」がたくさんある
一方で、いきなり姿を現す本物のガンもあります。

検診と関連して「中間期ガン」という概念があります。
中間期ガンは、定期的に検診を受けていたのにも関わらず、
次の検診を迎える前に発症してしまうといった、検診の合間
に突然発症するという意味でそう呼ばれています。


この中間期ガンには悪い性質のものが多く、しばしば死に至る
ことがあります。








<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム

心得7 がんほど誤診の多い病気はない ~その①初期診断、10人に1人は誤診~

今回は「初期診断が10人に1人が誤診」というテーマです。





日本人の3分の1はガンで亡くなりますが、実はガンほど紛らわしく
誤診に多い病気はありません。


診断で単なるおできや炎症などを「ガン」と決めつけられて、胃や
乳房を切り取られたり、命を落としている方も少なくありません。


ガンを診断するには、細胞を取って顕微鏡でその顔つきを見る
病理検査が欠かせません。
しかし細胞の顔つきはガンであっても、粘膜の中にとどまって浸潤も転移
もしない「潜在ガン」・「ガンもどき」がとても多いため、しっかり検査
しても誤診が起こる場合があります。



アメリカのガン関連医学誌「キャンサー」は2005年、ガンの初期診断の
誤診率は時に12%にもなる
と伝えています。

さらに同じ病変が海外では「良性腫瘍」、日本では「ガン」とされるなど
日本人医師の間でも診断が全く異なることがあります。





<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム

心得6 世界中で売れているコレステロール薬の「病気を防ぐ確率」は宝くじ以下 ~薬の大きな広告は欄外に注目~

今回は「コレステロール薬の病気を防ぐ確率は宝くじ以下」
というテーマです。





コレステロールを下げるスタチン類は世界中で売れている薬です。

2009年の米国での売り上げは1兆円レベル(145億ドル)。
アメリカでは2004年に「米国コレステロール教育プログラム」の
ガイドラインが改定され、悪玉コレステロールの「基準値引き下げ」
が推奨されました。


そんな世界中で売れているスタチン類の効果はどうなのでしょうか?

血中コレステロール値を薬を飲んでまで下げる理由は「数値が高いと
動脈硬化を招き、脳卒中や心臓病を引き起こしやすくなるから」と
されています。




では、スタチン類を飲むことで病気をどのぐらい防ぐことができるのか
というと、アメリカの新聞にスタチン薬「リピトール」の大広告が出たとき、
欄外にごく小さく「大規模な臨床試験で偽薬(砂糖の錠剤)を投与した患者の3%
が心臓発作を起こしました、リピトール投与患者は2%でした」
という一文が
添えられていました。

製薬会社が治験者100人ずつを3年4か月に渡り調べたところ、偽薬を投与した
患者は3人、リピトールの方は2人が心臓発作を起こし、その差は1人で他の方
はリピトールを飲んでも飲まなくても結果的に同じことだったのです。
そうした意味で、薬の効果は疑わしいとされました。



話が少し変わりますが、NNT(治療必要例数)という指標があります。
これは患者一人に効果が表れるまでに、何人が治療を受ける必要があるかの
目安であり、リピトールでは100人目で差が出たからNNTは100となります。

しかしNNTが50を超えたら、「最悪の場合、全員がはずれ」というある意味
、宝くじ以下の確率と考えるのが妥当と言われています。


アメリカ政府が出資した、スタチン類の効果についての大規模な同様の試験
では「統計的に有意な薬効は確認できなかった」という結果が出ています。


スタチン類は製薬業界によると、「長期間服用し続けると、心臓発作のリスク
を30%以上減らせる薬」ということになっています。

しかし、カナダのブリティッシュ・コロンビア大学のJ・M・ライト教授は
臨床試験を重ねた結果、「年齢に関わらず、スタチン類は女性には無効であり、
中年男性では悪玉コレステロールの値が大幅に下がりはしたが総死亡数は減って
おらず、ほとんどの人が効果がないどころか、健康を害する危険すらある」と
警告しています。





<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム



心得5 血糖値は薬で下げても無意味で、副作用がひどい ~薬は飲まずに運動を~

今回は「血糖値は薬で下げるのではなく、運動で」というテーマです。






近年、糖尿病の予備軍とされる方が2000万人以上ともいわれ、
健診で「このままだと糖尿病になってしまいますよ」と医者に
言われたという方も少なくないと思います。


日本人の糖尿病の95%はインスリンの分泌障害が多く見られる
「2型糖尿病」であり、欧米人と違って比較的痩せていても、
かかりやすいことがわかっています。

その原因としてストレスやアルコール、甘いものなどが挙げられ
ますが、これらが直接的に糖尿病に関係しているのかという確証
はなく、不明な点も多いです。




日本糖尿病学会の診断基準によると、
正常:空腹時の血糖値(血液中のブドウ糖の値)が110mg/dL未満で、
   ブドウ糖負荷試験(糖液を飲んで2時間後の値)が140未満。

糖尿病:空腹時の血糖値が126mg/dL以上で、ブドウ糖負荷試験が
    200以上。

予備軍:正常と糖尿病の数値の間。


糖尿病が怖いされるのは、血糖値が高いと血管が脆くなることで
心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まり、失明・腎症・神経障害など
重い合併症を引き起こしやしすいことにあります。


現に糖尿病網膜症で毎年約3500人が視覚障害者になっています。
また、人工透析が必要になる原因のトップは糖尿病腎症で毎年
1万数千人が新たに透析を始めています。
神経障害についても、手足のしびれや失禁、手足の壊死など
深刻な症状が現れるおそれがあります。



糖尿病には自覚症状がなく、深刻な症状が出てからでは完治が困難です。
そんな中、仮に健診で血糖値が高めだったりすると医者からは血糖値を
下げる薬を飲むように勧められます。

しかし、薬で血糖値を下げることはもっと危険なことなのです。

1990年代にイギリスで大々的な試験が行われました。
被験者は2型糖尿病で自覚症状がなく、体重が標準の120%未満、
血糖値が110~270mg/dLまでの3800人。
試験内容はくじ引きによりA・Bの2群に分かれ、A群は食事療法を
メインにして血糖値が270を超えたときだけ薬物療法を行い、
B群は降下剤を使って血糖値が常に110未満にとどまるようにした。

そして10年間観察したところ、「死亡・腎不全・失明に統計的有意差なし」
という結果になりました。
一方でB群は低血糖による発作がA群の3倍に上りました。

この結果からすると、血糖降下薬は合併症の予防や延命などに効果が
ほぼなく、過敏症状・下痢・頭痛・耳鳴り・倦怠感・体温低下・眠気・
むくみ・視力障害・腸閉塞・肝機能障害などの副作用に悩まされやすくなります。

もし、薬で血糖コントロールしていて「いつもダルイ」・「足元がふらつく」・
「イライラして切れやすい」・「認知症が出てきた」などの症状があったら、
薬害を疑ってみる必要があるかもしれません。



血糖値は「有酸素運動」を心掛けると下がる人が多いことが、運動療法のデータ
からわかっているので、
血糖値が高めという方はぜひ運動することをおすすめします。






<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム



きばこ酵素風呂

お電話でご予約下さい!

045-306-9874

住所
神奈川県横浜市港北区鳥山町387-2
営業時間
10:50~20:30
定休日
不定休
入酵受付時間
11:00~18:00
(時期により営業時間短縮あり)

このページのトップへ
このページのトップへ