HOME > ブログ > アーカイブ > 47の心得

ブログ 47の心得

心得32 「高血圧に塩はダメ」はウソ?自然塩より精製塩の方が安心? ~塩が足りないと病気になる?~

今回は「塩が足りないと病気になる」というテーマです。








日本国内では日本人は塩を摂りすぎている、減塩すれば
万病を予防できるという減塩のすすめが定着しています。

日本高血圧学会も2012年に、
「高血圧の予防のために、血圧が正常な人にも食塩制限
(1日6g未満)をおすすめします。
特に糖尿病や慢性腎臓病の人には、循環器病や腎不全の
予防のためにも、1日6g未満への減塩を推奨します。
また、大人になってからの高血圧や循環器病を防ぐため
には、子供の頃から食塩を制限することが望まれます。
ほとんどの日本人は必要量を遥かに超える食塩を摂取
しており・・・」という減塩のすすめを推奨しています。



しかし、世界的なデータを見ると塩が足りない人の方が
病気になりやすく、短命という日本国内とは正反対の
データが出ています。


1988年発表の国際共同調査「インターソルト・スタディ」
では32ヶ国52の地域で、約10000人の食塩摂取量と血圧を
調査しました。

結論は未開地を除く48の地域で、「食塩の摂取量と高血圧症
の間にはっきりした関係は認められなかった」となりました。


また、アメリカのアルダーマン博士が25~75歳までの207729人に
聞き取り調査をした結論は、「塩分の摂取が最も少ないグループ
は、脳卒中や心筋梗塞などになりやすく最も短命。最も多い
グループが一番長寿で、高血圧や心筋梗塞も少ない。」
「世界の経済先進国で一番塩分摂取量の多い日本人は、世界
長寿国である。」
とした論文は権威ある医学誌「ランセット」に載りました。


アメリカ心臓学会から、高血圧学会の最高賞と言われるチバ賞を
受賞された故・青木久三博士は「ビタミンの欠乏は特定の病気を
引き起こすだけだが、塩の欠乏は命を奪うとしたうえで、日本人
の高血圧症のほとんどは塩は関係なく
、腎臓やホルモン、血管や
血液の問題であるとし、大多数の日本人にとって減塩は意味が
なく、危険の方が大きい」と警告しました。

確かに塩の成分であるナトリウムは、脳からの命令を神経細胞に
伝えるなど、命の維持に深く関わっています。
血中ナトリウム濃度が下がりすぎると、意識混濁・吐き気・
血圧降下・失神などの深刻な症状を招き、最悪の場合は死に
至ります。








<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム

心得31 コラーゲンでお肌はプルプルしない?グルコサミンは膝に直接届かない? ~その②早寝早起き、バランスの良い食事に勝るものなし~

今回は「早寝早起き、バランスの良い食事に勝るものなし」
というテーマです。






ナノ化コラーゲンというものがあります。
ナノ化とは分子量を10億分の1・・・少しわかりやすく言うと
地球をピンポン玉の大きさまで小さくするということです。

分子量が小さいため、口から摂る場合も肌に塗る場合も「吸収
されやすい」という謳い文句ですが、コラーゲンはアミノ酸が
多数結合したものであり、ナノ化されたコラーゲンはただの
アミノ酸です。

他に、コンドロイチンやヒアルロン酸なども原理は全て同じです。
食べても飲んでも、お腹の中でバラバラになり、目的部位には
到達しないのです。



さらに、こうしたサプリメントの摂取に関して、全てのサプリに
特定栄養素の「過剰摂取」のリスクがあります。

例えば、ベータカロテンでさえ摂りすぎてしまうと、肺ガンや
心臓病のリスクが高まります。


出来るだけコラーゲンやグルコサミンの合成能力を保つには、
栄養バランスの良い食事、ほどよい運動、早寝早起きといった
行動を心掛けて、新陳代謝を良くすること
です。








<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム

心得31 コラーゲンでお肌はプルプルしない?グルコサミンは膝に直接届かない? ~その①お腹の中でバラバラになってしまうため~

今回は「コラーゲンやグルコサミンは身体に直接届かない?」
というテーマです。






近年、美肌・美白、運動能力向上、関節痛緩和などの効果が
期待されるコラーゲンやグルコサミンなどのサプリメントが
女性を中心に根強い人気を誇っています。


誤解している方が多いのですが、口から摂ったコラーゲンが
肌を直接プルプルさせるわけではなく、グルコサミンが膝に
届くわけでもないのです。


例えば、ゼラチンは100%コラーゲン由来で5g袋にコラーゲン
が4500mgほど含まれています。
もし本当にそれが肌に届くなら、ゼリーを良く食べる人はお肌
が一生プルンプルンに弾んで、100歳になってもシワとは無縁
でいられるはずです。



では、なぜコラーゲンもグルコサミンも目指す部位に直接届いて
くれないのでしょうか?


その理由は食べたものは全て一旦腸の中でバラバラに分解されたり、
血液に入ったりして、アミノ酸や糖の形で利用されるからです。


コラーゲンはタンパク質の一種、グルコサミンは糖の一種。
つまり、サプリでコラーゲンやグルコサミンを摂るということは、
僅かなタンパク質や糖を摂るのと同じことになります。



体内に吸収されたアミノ酸の一部はコラーゲンやグルコサミンに
合成されます。

しかし、コラーゲンは肌だけに利用されるのではなく、
全身のあらゆる組織に存在して、身体や皮膚や臓器の形
を支える構造材の役目をします。
そして年をとると、そのコラーゲン合成能力が低下してきます。
目に見える変化としては肌のハリが失われたり、
保水性が落ちてシワができやすくなります。


グルコサミンも全身の軟骨や結合組織のあちこちにあり、
軟骨細胞を形づくるために最も大切な栄養素の1つです。
そしてグルコサミンも加齢とともに合成能力が落ち、
軟骨のクッションはすり減ると増えないので、膝の痛み
などが出てくるのです。









<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム

心得30 コンブやワカメを食べ過ぎるとガンになる? ~その②閉経後はコンブやワカメの食べ過ぎに注意?~

今回は「閉経後はコンブやワカメの食べ過ぎに注意?」というテーマです。







コンブやワカメなどの海藻類は、身体に必要なミネラルが豊富
あるため、よく食べられています。


しかし、国立ガンセンターは2012年に「海藻に含まれるヨウ素は
生命維持に欠かせないミネラルだが、摂りすぎると甲状腺ガン発生
の原因となる可能性がある」
と発表しています。

同調査は9府県の40~69歳の女性約50000人を1990年代から
約14年間に渡り、追跡しました。

14年間に134人が甲状腺ガンになり、うち乳頭ガンが113人。
「海藻をほぼ毎日食べる」群が乳頭ガンになるリスクは、
「週2日以下」群と比べると3.81倍となり、
「海藻を週3~4日食べる」群も、2日以下のグループの
約2倍の女性が乳頭ガンになっていました。



閉経前の女性ではリスクの差はありませんでしたが、日本人の
食生活にはもともとヨウ素が豊富なので「過剰」には十分に
気を付ける必要がありそうです。











<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム

心得30 コンブやワカメを食べ過ぎるとガンになる? ~その①野菜は本当に身体にいいのか?~

今回は「野菜は本当に身体にいいのか?」というテーマです。






野菜に含まれるビタミンやミネラルは、生きていく上で絶対に
必要な栄養素
です。
しかし、これらの栄養素は身体の中で作ることができません。
そのため、体外から摂らなければならないのです。


近年、あたかも「ビタミン・ミネラルを何かで補わなければ」
と思ってしまうような警告が世の中に溢れています。

しかし、結論から言ってしまうとバランスよく食事を摂っている
人は、ビタミンもミネラルも足りています。

逆に、健康のためにと思って付け足すのはむしろ「有害」となります。

というのも、ビタミンやミネラルは摂りすぎると中毒症状が出たり、
ガンや心臓病のリスクが高まり、早死にの原因になることがあるからです。





1990年代にフィンランドで大規模な栄養介入試験が行われ、そこには
衝撃的な報告がありました。(フィンランドショック)

男性喫煙者29000人を合成ベータカロテンを与える群とプラセボ(偽薬)群
に分けて、5~8年間に肺ガンになる人を追跡しました。
その結果は予想を完全に覆すものでした。

ベータカロテン群はプラセボ群より、肺ガンの発生率が18%増加し、
肺ガンと心臓病による死も増え、飲まない群より総死亡率が8%高くなりました。
そんな結果を受け、「これを続けたら肺ガン患者を人為的に生むことになる」
と途中で試験が打ち切られています。


一方で、米国ガン研究財団と世界ガン研究基金が各国の500に及ぶ研究論文を
基にまとめた「ガン予防と食生活等の関連」では、野菜や果物をよく食べる
人は肺ガンリスクが減る、と報告されています。


しかし、アメリカのMDアンダーソンガンセンターによる初期乳ガンの治療
をした女性たちの10年がかりの信頼性の高い追跡調査では「野菜、果物、
食物繊維が豊富で極端に脂質の低い食事は、女性の乳ガン再発のリスクを
減らさない。国が推奨する量の野菜を食べている一般グループと比較して、
生存期間も同じ。」という結果が出ました。








<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム


心得29 ビールは1日にロング缶2本までなら「百薬の長」 ~その②アルコールを「百薬の長」にする飲み方~

今回は「アルコールを百薬の長にする飲み方」というテーマです。






千葉大学医学部では2000年、脳ドッグを受診した健康な
男女1432人(30~69歳)を対象に「飲酒と脳萎縮の関係」
を調査しました。


下記の4グループに分けてMRI(核磁気共鳴画像法)で調べました。
①飲酒しない
②付き合い程度の飲酒
③日本酒換算で1日2合未満の飲酒
④毎日2合以上の飲酒


そして、前頭葉とクモ膜の隙間を次の基準でチェック。

2ミリ以下:脳萎縮なし。
3~5ミリ:軽度脳萎縮。
6~8ミリ:中等度脳萎縮。
9ミリ以上:高度脳萎縮。


すると脳に萎縮があった人は、①②③は24.6%で同率、
④の大酒飲みグループだけが38.2%と明らかに高く、
しかも「中等度以上」の萎縮が目立ちました。

年代別の分析を行って「大酒を飲み続けると、健康な人でも
脳萎縮が実年齢より10年も早く進行する」
ことがわかりました。



[1日のお酒の量の目安]
ビール:ロング缶で1~2本
日本酒:1~2合
ワイン:グラス2~3杯
焼酎:お湯割りで2~3杯


このぐらいの目安で飲むと、ストレス解消効果も含めて
「酒は百薬の長」のことわざ通りに働いてくれるでしょう。







<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム


心得29 ビールは1日にロング缶2本までなら「百薬の長」 ~その①「発ガンバケツ」がいっぱいになると、ガンになる~

今回は「発ガンバケツがいっぱいになると、ガンになる」
というテーマです。






身体をこわすと、医者からは「禁酒・禁煙」と申し渡されます。


まず、タバコはおすすめできません。

近藤氏は「発ガンバケツ」という考え方をもっています。
この考え方は、各々それぞれの容量のバケツを身体に抱え、
そこに発ガンの原因が溜まり、それが溢れるとガンになる

いうものです。

タバコは放射線、農薬などと並んで、明らかにガンを促すもので、
中高年になって、しつこい咳やタン、呼吸困難に悩まされるCOPD
(慢性閉塞性肺疾患)の患者も9割は喫煙経験者です。



一方、お酒は飲みすぎなければ寿命を延ばせるかもしれません。

「酒飲みは高血圧」というイメージがありますが、実はお酒を
飲むと血管が拡張して、血圧は一時的に下がります。
ストレスで怒っているときにお酒を飲むと、気が楽になったり、
緊張がほぐれたりするのも血管拡張効果と考えられます。

米国ガン学会は「虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞など)の危険度は
飲酒量に関わらず、飲まない人よりも飲む人の方が低く抑えられる」

と発表しています。


但し、飲みすぎは厳禁です。
過度の飲酒は肝臓だけでなく、脳へのダメージも大きいからです。

人間の脳は年をとると少しずつ縮んで、最大15%ほど萎縮して
前頭葉とクモ膜の間に1センチ前後の隙間ができます。

脳が萎縮すると脳の細胞が減るので、物忘れが多くなり、アルツハイマー病
などの認知症、記憶障害、うつ病に繋がることもあります。







<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム

心得28 ピンピン100歳への身体作りは「毎日卵と牛乳」から。 ~卵と牛乳は完璧な天然サプリ~

今回は「卵と牛乳は完璧な天然サプリ」というテーマです。






私たち人類は大昔から鳥の卵を食べ、山羊や牛の乳を飲んで
貴重な栄養源にしてきました。


実際に卵や牛乳は20種類以上のアミノ酸を含む、滋養豊富な食品
であり、簡単においしく食べることができます。

牛乳を飲むとお腹がゴロゴロしたり下痢をしてしまう「乳糖不耐性」
の人は、発酵食品であるヨーグルトやチーズなどを食べてみて下さい。




◎卵はとりわけ半熟状態で消化がとても良く、離乳食や病人食にも最適
 であり、ビタミンC以外の主要な栄養素を全て含み、必須アミノ酸の
 組成も十分です。
 卵黄には脳・神経組織を作るために不可欠なレシチンも豊富です。

◎牛乳も重要な栄養素をバランスよく含み、必須アミノ酸の組成も理想的
 であり、カルシウムの含有量は全食品のトップクラスです。



人間の身体の20%はタンパク質で、それを形成するアミノ酸は20種類。
そのうち、体内で合成することができない9種類が「必須アミノ酸」で、
1種類でも欠けると骨や血液、筋肉などの合成ができなくなって、栄養
障害につながるおそれがあります。



人気のアミノ酸サプリは、20種類のアミノ酸を1つ1つ工業的に作って
配合したものであり、便利なものではあると思います。

しかし、卵と牛乳を毎日食べて飲んでいれば十分摂取できるので、
そうした意味ではこれほど完璧な天然サプリはないでしょう。




100歳になっても自立して「服を着る」・「トイレに行く」など、
身の回りのことを自分でできる人に共通する食生活の特徴として、
「タンパク質をしっかり摂っている」ということが挙げられます。








<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム

心得27 体重、コレステロールを「減らさない」健康法を選ぶ。 ~急に痩せるとガンが増殖する?~

今回は「急に痩せるとガンが増殖する?」というテーマです。






世の中には様々な「食事療法」というものが存在し、
それらを行うことで、身体に色々な効果が現れたりします。

しかし、食事療法というものは大抵「摂取カロリーを減らす」・
「肉を食べない」・「玄米と野菜しか食べない」など、ないない
尽くしの方法で一気に痩せてしまうことが問題です。


食事療法の決まりをきっちり守り、体重が一気に落ちることで、
身体の抵抗力が低下してしまいます。

その低下に伴い、ガン細胞が信じられない増殖の仕方をして、
亡くなってしまうということもあるのです。




近藤氏の記憶に残るケースとして、乳ガンと胃ガンの患者さん
の悲劇があります。

2人とも転移があってガン放置を選択したのですが、食事療法に
邁進して、急激に痩せてしまい、あっという間に亡くなられました。

科学的に因果関係を証明することは難しいとしても、それまで
おとなしかったガンが急に共に通常ありえない速さで成長したので、
食事療法が何かしらの影響を与えたのだろうと推測されます。




急に痩せると血中の脂質であるコレステロールも減ります。
コレステロールは細胞膜を作り、各種ホルモンの元になる
命の維持に欠かせない成分
です。
そんなコレステロールが減ると、ガンだけではなく脳出血、
感染症、うつ病などによる死亡が増える一因になります。



ガンで言うとその成長スピードには、まずガン細胞自身の
強さが関係します。
もう1つ、宿主(患者)の身体の抵抗力、つまり正常組織の
丈夫さも大きく関係します。

コレステロールが減ると細胞膜が脆くなり、正常細胞の
集合体である正常組織も弱くなって、ガン細胞の増大・
侵入を許してしまうわけです。



また、食事療法は栄養のバランスが崩れやすい点や、
「食べたいものが食べられない」・「食欲が満たされない」・
「食べてはいけないのに食べてしまった」とストレスや罪悪感
に悩まされる点など身体にとって大きな負担になるおそれも
あります。







<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム

心得26 よくある医療被害ケーススタディ ~ケース④~

[ケース④]手術後、MRSAに院内感染して症状が悪化し、歩けなくなった。


Q:50代の母が関節リウマチで手術を受けた後、
  耐性菌MRSAに感染して、症状が悪化しました。
  入院前は歩けたのに、今は下半身が全く動きません。 
  病院でこうなったのに、退院を再三せまられて納得できません。


A:MRSAは「メチシリン耐性黄色ブドウ球菌」の略で、
  ペニシリンなどの抗生物質が効かない病原菌です。
 
  抗生物質の濫用がたたって発生した細菌で、世界中で問題に
  なっていますが、日本ではこの細菌が住みついていない病院
  はないはずです。
  
  病気で体力の落ちた人や、手術を受けた人にとりつくと、
  抗生物質が効かないために病状が悪化しやすいのです。
  
  手術したあと歩けなくなったということは、股関節か膝関節
  の手術を受けられたのでしょう。
  関節は細菌感染に大変弱く、手術は無菌下で行われる必要があります。
  しかし、現実には不潔な手術室で手術しているところが多い。
  
  この患者さんに原因があって感染したわけではないので、
  病院が面倒を見る責任があります。
  そのため、病院が退院を迫るのはおかしな話であり、
  退院する必要はありません。




  

<参考文献>
近藤誠(2012) 医者に殺されない47の心得 アスコム

12345

メインページ | アーカイブ | アレルギー »

きばこ酵素風呂

お電話でご予約下さい!

045-306-9874

住所
神奈川県横浜市港北区鳥山町387-2
営業時間
10:50~20:30
定休日
不定休
入酵受付時間
11:00~18:00
(時期により営業時間短縮あり)

このページのトップへ
このページのトップへ