HOME > ブログ > 酵素風呂 > 身体のお悩み相談は「体験者の声」を。 ~酵素風呂の実感~

ブログ

< 食生活により病気になりにくくなる? ~酵素が含まれる食事を~  |  一覧へ戻る  |  太陽の光を浴びることが健康に繋がる? ~日光は必要不可欠なもの~ >

身体のお悩み相談は「体験者の声」を。 ~酵素風呂の実感~

年々、CO2による地球温暖化を始めとする生活環境(空気・水・土)の悪化が否めない
現代社会において、成人病・癌・原因不明の病等の発病の危険性が増加しています。

また、そんな病を改善すべく「薬」に頼りすぎることで、副作用に悩まされる事も多々あります。


「酵素風呂」の自然発酵熱による温浴療法は、人間本来が持っている自然治癒力を
高めることができ、その結果として多くの病を回避することができます。


そして定期的に入酵することで、良い汗をかける様になり、冷えをなくし、血流が変わり、
高い免疫力が付くことで体質改善ができるので、対処療法ではなく根本療法になります。


つまり、酵素風呂は生命が持っている力・性能を活性化し蘇生させることができる
健康ツールになると考えております。






今回はそんな酵素風呂の「体験者の声」について
書いていきたいと思います。

酵素風呂「きばこ」には、様々なお悩みをお持ちの方が
ご来店なさっています。



「体験者の声」には、その身体のお悩みに対しての酵素風呂の効能が記されています。
例えば病気や体調不良、花粉症やアトピーなどのアレルギー、冷えやストレス、お肌のトラブルなど
様々な悩みについて参考にすることができます。
また実際に、こんな改善・緩和が見られたという体験も記されているので、ぜひ一度ご覧に
なってみて下さい。




カテゴリ:

< 食生活により病気になりにくくなる? ~酵素が含まれる食事を~  |  一覧へ戻る  |  太陽の光を浴びることが健康に繋がる? ~日光は必要不可欠なもの~ >

同じカテゴリの記事

ガンの退縮には「身体を温める」ことが効果的。 ~芯から温まる酵素風呂~

前回、「冷え」がガンの要因となることを書きました。
ガンは冷えによる低体温などの環境下で活発に活動します。


逆に考えると、「冷え」がなくなればガンの要因がなくなるということになります。

では、「冷え」をなくすためにはどうすればよいのでしょうか?
それは「身体を温める」ということが効果的といえます。
身体を温めることはガンに立ち向かう免疫細胞の働きを高め、
ガンの活動を低下させることに繋がります。


つまり身体を温めることにより、身体の冷えがなくなることで血流の流れが改善され、
体温の上昇により代謝や免疫力が高まるので、ガンや多くの病になりにくい身体へと
変化していくのです。




そこでおすすめしたいものが「酵素風呂」です。
酵素風呂は身体を芯から温めてくれるので、
冷えに対して効果的です。



気温差による「冷え」に注意しましょう。

4月も、もうすぐ終わろうとするこの時期。
冬の寒さも和らぎ、気温も上昇してきて過ごしやすい季節となってきました。

しかし、ここで注意していただきたいことがあります。
それは朝晩と日中の気温差です。

日中は気温が上がり、ついつい薄着になってしまいがちですが、
この時期の朝晩の気温はまだまだ肌寒いので、日中の格好で
過ごしていると身体を冷やしてしまいます。

特に今年は寒暖の差が激しく、気温差が10℃以上の日も多いので、
身体が気温差についていけずに体調も乱れやすくなります。

なので、この時期は薄着になりすぎないように注意して、
気温差に油断せずに過ごしていただきたいと思います。

「冷え」は身体にとってマイナスでしかありません。
酵素風呂などで身体の免疫力を高めて、健康な身体へ改善したり、
健康な身体を維持していきましょう。











「酵素風呂」は身体の様々な症状を緩和・改善。 ~酵素風呂の効果~

「酵素風呂」で身体の芯から温まることで、血流や汗腺が活発に働き、それに伴って代謝や免疫力の上昇、
体質の変化などが起こり、身体の様々な症状を緩和・改善していきます。


では、「酵素風呂」はどのような効果があるのでしょうか?
効果としては血流や血圧の変化、身体の老廃物や毒素の排出、
新陳代謝の活発化、体温の上昇、基礎代謝や免疫力の向上
など
があります。

このような効果により、体調不良や疲労を回復したり、花粉症などの
アレルギーの緩和、冷えの緩和、肩こり・腰痛といった関節痛の緩和、
便秘改善、お肌のトラブル改善、生理痛や生理不順の緩和・改善など

                                                  様々な症状を緩和・改善してくれます。


詳しくは体験者の声をご覧ください。
ここには酵素風呂「きばこ」を実際に体験されたお客様の生の声が書かれていますので、
ぜひ参考になさってみて下さい。

酵素風呂における「好転反応」とは? ~身体を改善するための症状~

今回は、「好転反応」について書いていきたいと思います。


「好転反応」とは字の如し、「好ましい方へ転じる身体の反応」という自然療法において起こる反応
のことであり、「身体が良い状態になる前に、一時的に悪化したような症状」が出ることです。

もう少し具体的に言うと、酵素温浴により身体が芯から温められることで、血液循環(血流)が良くなり、
それに伴い代謝機能も上がることで、身体が健康な状態に戻ろうとする際に起こる「リバウンド現象」の
ようなものです。


その症状としては[だるさ・眠気・倦怠感・便秘・頭痛・吐き気・発熱・動悸・下痢・痛み・腫れ・湿疹・
吹き出物・痒み・目やに・排便の変化・皮膚の変化
]など様々であり、人それぞれ出る症状が異なります。
なぜなら好転反応は身体の悪い箇所から治そうとするため、悪い箇所が異なれば症状も変わるからです。

また、好転反応は「症状を感じる方・症状を感じない方」、「症状が重い方・症状が軽い方」、
「症状がすぐに出る方・症状がなかなか出ない方」など、人によって様々です。

そして、好転反応は身体が改善されるときに起こる一時的な症状のため、個人差がありますが、
数時間~1週間程度で症状は治まります。

そのため好転反応が出たからといって、むやみに心配をする必要はありません。
むしろ、好転反応の症状が出ることは身体が改善されてきているということなのです。


なお酵素温浴を継続することにより、身体が改善されてくると、好転反応の症状の治まりが早くなったり、
症状が出なくなっていきますので、ご自身のペースで継続的に温浴することをおすすめ致します。


◎関連記事はこちら→[好転反応について]


酵素風呂で免疫力を高めることで、病になりにくい身体に。 ~ガンについて~

前回、酵素不足により引き起こされる病である生活習慣病の1つとして「ガン」を挙げました。


まず「ガン」についてですが、ガンとはいったいどのようなものなのでしょうか?

ガン(悪性新生物)とは悪性腫瘍のことをいいます。
悪性腫瘍とは腫瘍の中でも特に浸潤性を有し、増殖や転移するなど悪性を示すもの
のことをいいます。

私たち人間の身体は約60兆個の細胞からなっています。
正常な細胞は身体の状態に応じて分裂や増殖をしますが、細胞数をほぼ一定に保つための
制御機構が働いています。

例えば、皮膚の細胞はケガをすると増殖して傷口をふさぎますが、傷が治れば増殖を停止します。

これに対して、ガン細胞は細胞の遺伝子に異常が起こることにより、正常なコントロールが
できなくなり、自律的に増殖をします。



ガン細胞の特徴として以下の3つが挙げられます。
①自律性増殖:ヒトの正常な新陳代謝の都合を無視して、自律的に増殖を続け、止まることがない。

②浸潤と転移:周囲ににじみ出るように広がる(浸潤)とともに、身体のあちこちに飛び火(転移)して
       次から次へと新しいガン細胞を作ってしまう。

③悪液質:ガン細胞は他の正常細胞が摂取しようとする栄養をどんどん奪うため、栄養が行き渡らずに
       身体が衰弱する。



このうち「自律性増殖」の特徴だけのものを良性腫瘍と呼び、増殖のスピードも悪性腫瘍に
比べてゆっくりしており、腫瘍の大きさや発生した場所によっては症状が起こることもありますが、
外科的に完全に切除すれば問題はありません。

これに対して、自律性増殖の他に「浸潤と転移」や「悪液質」の特徴もあるものを悪性腫瘍と呼びます。



ではガンを予防するにはどうすればよいのでしょうか?
前回にも書きましたが、ガンは生活習慣病の1つであるので生活習慣を正すことが重要です。

またガン細胞は本来人間の持っている免疫力で倒すことができる細胞ですが、「冷え」により
低体温などで免疫力が低下していると、倒すことができずに発症するおそれがあります。


つまり身体を温めて「冷え」をなくすことにより免疫力を高めることで、体内のガン細胞を倒すことが
できる身体へと改善されていくのです。




酵素風呂
身体の芯から温まることができるため、
「冷え」を緩和・改善することで免疫力を高めることができます。


免疫力が高まることで、ガン細胞の発症のリスクが下がり、
結果として病になりにくい身体へとなっていくのです。

きばこ酵素風呂

お電話でご予約下さい!

045-306-9874

住所
神奈川県横浜市港北区鳥山町387-2
営業時間
10:50~20:30
定休日
不定休
入酵受付時間
11:00~18:00
(時期により営業時間短縮あり)

このページのトップへ
このページのトップへ