HOME > ブログ > 冷え > 冷え性は病気ではない? ~冷えを軽視しないこと~

ブログ

< 平熱が高いほど元気である?  |  一覧へ戻る  |  身体の調子は自律神経次第? ~自律神経のバランスが大事~ >

冷え性は病気ではない? ~冷えを軽視しないこと~

今回は現代人の病気とも言われている「冷え性」に
ついて書いていきたいと思います。





「冷え性」はいまや女性だけでなく、男性も感じている
方が多くいらっしゃる大きな問題の1つです。


ある調査結果によると、「夏でも冷え性を感じますか?」
という質問に対して、実に女性の約半数の方が「感じる」
と答えたそうです。
特に20~30歳代の方は6~7割の方が冷えを感じている
のが現状です。



「冷える」ことは、言い方を変えると「身体の深部の体温を
下げないための防御反応」
と言えるでしょう。

私たち人間は冷気に触れる環境下では、身体の表面の血管を
収縮させて、毛穴も閉じることで、身体の放熱をできる限り
抑えて、深部の体温を維持しているのです。

こうした身体の反応がいわゆる「冷え性」として感じるのです。


このような身体の調整は自律神経が行っていますが、常に強い
冷気にされされてしまっていると、自律神経が過敏に反応する
ようになり、少しの寒さでも強い冷えを感じるようになって
しまいます。





そんな「冷え」は身体に良くないということは多くの方が
知っています。

しかし、冷えに悩んで病院に行っても、その悩みはまず解決
されないことがほとんどです。

なぜなら、現代医療の考え方は冷えを病気として見ていない
からなのです。

現代医療は西洋医学を基本とする考え方であり、「冷え」に
対してあまり重要視されていないことが現状です。


一方、東洋医学の考え方は「冷え」は健康を損ねる可能性のある
重要な症状として注目しています。


東洋医学の考え方を簡単に説明すると、身体が冷えることで病気
になり、身体を温めることで病気は改善されて、その結果として
健康を維持できる
という考え方です。




「冷えは万病の元」とも
言われているぐらいに、
身体に深刻な影響を与え
かねません。


「冷え」を決して軽く考えずに、できる限り身体を冷やさない・
常に身体を温める
ということが大事なことです。


カテゴリ:

< 平熱が高いほど元気である?  |  一覧へ戻る  |  身体の調子は自律神経次第? ~自律神経のバランスが大事~ >

同じカテゴリの記事

酵素風呂で病から身体を守りましょう。 ~免疫の低下は病を招く~

今回は「酵素風呂で病から身体を守りましょう」というテーマです。






皆さんは病から身を守るためにはどうしていますか?

一般的な予防対策として、手洗い・うがい、
休養(睡眠)、食事などが挙げられます。




人が病にかかってしまう原因の1つとして、
「免疫力の低下」があります。

免疫と代謝は密接な関係にあり、代謝の下げは免疫力の低下に繋がります。
免疫力が下がれば、病気などにかかりやすい状態となり、
逆に免疫力が高ければ、病気などにかかりにくい状態と言えます。


代謝を下げてしまう原因として「冷え」「疲労」などがあります。
身体が冷えていたり、疲れていたりすると、身体は代謝を
上げようと食欲が湧きます。
こうした状態のときに、よく甘いものや脂っこいものなど、
カロリーの高いものが欲しくなるのはこうした理由です。

しかし、こうした場合の食事は身体にとって、摂取過多で
あることがほとんどであり、身体に余計な脂肪を付けてしまう
ことになります。



では、免疫力を高めるにはどうすればいいのでしょうか?

そのためには、代謝を下げる原因である「冷え」や「疲労」
を解消していく必要があります。


冷えは万病の元とも言われるほど、身体にとって毒素の塊
とも言えるでしょう。
疲労も、身体の様々な機能を低下させる要因となります。


これらを解消するためには、「身体を温める」ということが
効果的です。

身体を温めるにはいくつか方法がありますが、
その中でも「酵素風呂」はおすすめです。

酵素風呂は身体の芯から温めることができるため、
冷えの解消に効果的です。
また、身体が温まることで血流がよくなり、
身体の老廃物が排出されることで疲労回復にも効果的です。


そのため、酵素風呂に入ることは免疫力を高めることになり、
結果的に病から身体を守るということに繋がるのです。







{関連記事はこちら}
[冷えることで人は病気になる?]
[睡眠の重要性とは?]
[酵素風呂の効果とは?]
[体温を上げる重要性とは?]

酵素風呂「きばこ」より。 今年も1年お世話になりました。

今年は、5月に元号が平成から「令和」へと変わり、
10月には消費税が「10%」へと増税されたり、
日本社会の大きな変化の年と感じました。




そんな中、酵素風呂「きばこ」はおかげさまで
今年、開店12週年を迎えることができました。

これも偏に皆様のご愛顧によるものであり、
心より感謝しております。


来年も酵素風呂「きばこ」をよろしくお願い致します。
きばこ酵素風呂

「冷え」には酵素温浴&ゲルマニウム温浴が効果的!

いよいよ冬も本番といったところでしょうか、
これから寒い時期が続いていきます。




この時期になると手袋やマフラー、携帯カイロなどの
防寒アイテムで防寒対策をしっかり行っていても、
身体の「冷え」を感じてしまうことがあります。



そんな「冷え」には
身体の芯から温まる
ことができる
酵素風呂
が効果的です。






さらにオススメしたいのは、
酵素風呂きばこのメニュー
にある集中デトックスコースです。



このコースは酵素風呂+ゲルマニウム温浴+マッサージチェア
という、冷え改善にもってこいの特別コース
となります。
ゲルマニウム温浴はデトックス(毒素出し)効果に優れているので、
体調不良や疲労などの回復にも効果的です。



{関連記事}
[ゲルマニウムとゲルマ温浴の利点について]

更年期障害は血流障害? 

今回は「更年期障害」について少し書いていきます。





更年期障害の原因は女性ホルモンの1つであるエストロゲン
の急激な減少と言われています。


このエストロゲンは妊娠や出産といった女性としての働きを
コントロールしているだけではなく、身体全体の調整にも
関与しています。

エストロゲンが減ってしまうことで、ホルモンのバランスが
崩れてしまい、身体は交感神経優位の状態になり、血液循環
の悪化から血流障害が引き起こります。







また、更年期障害は心理的
ストレスによる影響も大きい
ため、
一種のストレス性疾患
とも考えられています。





更年期と呼ばれる時期は子供の独立や親の介護、職場環境の変化
など様々なストレスを抱え込みがちになるため、ストレスと上手く
付き合うことが大切なことです。

ストレスは自律神経のバランスを乱し、身体に冷えを招くことで
様々な不調を引き起こします。


そのため、ストレスによる身体の冷えから身を守ること対策の
1つになります。


また、症状改善のためにストレスの軽減に努めることも大事なことです。




ちなみに更年期障害と聞くと、女性特有の症状に思われがちですが、
性ホルモンは男性でも女性でも加齢により低下するため、男性にも
起こりえます。


また最近では、30代~40代でも女性ホルモンの乱れにより不調が
生じる、「若年性更年期障害」と呼ばれるものもあります。

主な原因としてストレスや生活習慣の乱れなどが考えられているので、
日々のストレス解消や規則正しい生活などを心掛けることが大切です。





{関連記事はこちら}
[病気の始まりはストレスから?]
[交感神経過剰による低体温とは?]
[ストレスとの付き合い方について]


四十肩・五十肩は寝相の問題かもしれない?

今回は、中高年の方に起こりやすい四十肩・五十肩
について書いていきたいと思います。






四十肩・五十肩は肩周辺
に炎症が起こることで、
腫れや痛みが生じます。




その発生原因は、はっきりとは解明されていませんが、
加齢による筋肉や関節の変化によるもの、血流の悪化
によるものなどが原因ではないかと言われています。





では、寝相との関係性は何なのでしょうか?

全ての方が当てはまるというわけではありませんが、
「横向きに眠る」ことが原因の可能性があります。

いつも片側だけ下にして寝てしまっていると、肩の
関節や腕が圧迫されることになります。
この圧迫の影響で血流が悪くなったり、関節の組織に
支障をきたすなどして、腕が上に上がらなくなるのです。

四十肩・五十肩は多くの場合、片側だけに起こると
いうことも、こうした理由からと推測されます。

また、寝ている間に右側を下にしたり左側を下にしたり
することを繰り返す方は、両肩に起こるおそれがあります。




こうした原因の可能性がわかれば、その対処法は自ずと
見えてきます。

その答えは、「仰向けに眠る」ということです。

横向きで眠る習慣がある方にとっては、なかなか難しいとは
思いますが、できる限り仰向けに眠るよう心掛けてみて下さい。




四十肩・五十肩の原因が「血流の悪さ」によるものであれば、
血流の改善をする必要があります。


血流の改善には運動やお風呂などで身体を温めることが大事です。

もちろん酵素風呂も血流の改善に効果大なので、四十肩・五十肩
にお悩みの方はぜひ一度、入酵してみてはいかがでしょうか?



きばこ酵素風呂

お電話でご予約下さい!

045-306-9874

住所
神奈川県横浜市港北区鳥山町387-2
営業時間
10:50~20:30
定休日
不定休
入酵受付時間
11:00~18:00
(時期により営業時間短縮あり)

このページのトップへ
このページのトップへ