HOME > ブログ > アーカイブ > 2016年8月

ブログ 2016年8月

消化不良の原因  ③お腹一杯(過食気味)の食生活 ~食事は腹八分目までに抑えるように意識しましょう~

今回は食事の量についての話を書いていきます。

現代はファミレスやコンビニなどで24時間いつでも食べ物を食べることができる時代です。
みなさんはこうした飽食の時代の食生活をどう過ごしているでしょうか?

意外なことですが、大半の方がお腹一杯まで食事をする食生活を過ごしています。
確かにお腹一杯まで食事をすることは食べた満足感を得れ、それに伴い眠くなったりします。


しかし、お腹一杯の状態は良いことだけとはいえないのです。
お腹一杯の状態は人間の身体で過食の状態にあたります。
過食の状態ということは、食べ物の消化に大量の
「消化酵素」が使われます。
「消化酵素」が大量に使われると、生命活動に必要な
「代謝酵素」が足りなくなるおそれが生じます。

すると健康な身体を守るための免疫力が低下したり、体内の
                 毒素・老廃物などの排出がうまく行えなかったりと、身体に
                 不調をきたし、病に侵されやすくなってしまいます。
                 そして、お腹一杯の食生活を続けていると常に消化器官が働いている
                 状態であるので、消化に大きな負担がかかっています。
                 すると消化器官の機能が低下してきてしまい、消化活動が追い付かなく
                 なりはじめて消化不良へと陥ってしまうのです。
                 なので食事はお腹一杯まで食べるのではなく、 少食・腹八分目 
                 いうことを心掛けましょう。




また、満腹になることで眠くなってしまい寝てしまうことも消化不良の原因の1つです。

そもそもなぜ人は満腹になると眠くなるのでしょうか?
満腹になると身体は食物を消化するために胃などの
消化器官に血液が集中します。
この血液が脳よりも内臓器官に集中することで、脳の血液が
少なくなり脳の活動が低下することで眠気が生じることになります。
またホルモンの働きによっても眠気が生じます。


では、眠気が生じた際に寝てしまうと消化不良になるのはなぜでしょうか?
食べ物を消化するための「消化酵素」が働くにはある程度の時間が必要です。
食べてすぐに寝てしまうと、「消化酵素」がうまく働かないために消化不良になってしまうのです。

なので、少なくとも就寝の2~3時間前までには食事を終わらせておくことで
「消化酵素」が十分に働く状態にすることが大事なことです。



消化不良の原因  ②深夜の食習慣や睡眠不足など ~生理リズムを整えること~

続いては、食習慣や睡眠についての話を書いていきます。

消化不良の大きな原因は生活習慣にあります。
例えば午後8時以降の食事や深夜の食習慣を続けていたり、
食後にすぐ寝てしまったり、夜中まで起きていて慢性的な
睡眠不足など
は酵素栄養学での人間の生理リズムに
反しているため、消化不良の原因となります。

では、人間の生理リズムとはどのようなものなのでしょうか?

酵素栄養学では人間の生理リズムは
一日24時間を3つの時間帯に分けて考え、
午後8時~午前4時の時間帯は「吸収と代謝」
の時間
に当たります。

◎関連記事はこちら→[生理リズムの3つの時間帯とは?]




この「吸収と代謝」の時間帯は食べたものが消化されて、その栄養素が身体に吸収される時間です。
またこの時間帯は新陳代謝も行われるため、代謝のために酵素を使います。

そのため、この時間帯に食事をしてしまうと消化のために
「消化酵素」が使われてしまい、代謝のための「代謝酵素」
が不足する恐れがあります。

すると身体の疲れが取れなかったり、消化器官も働き続けて
いるために消化不良に陥ってしまうのです。

さらに代謝がしっかり行われなくなると、免疫力の低下から
体調不良や病に侵されやすい身体にもなってしまう
ので
                   食事の時間に気を付けましょう。

そして食後すぐに寝てしまうと「消化酵素」が上手く働かず、これも消化不良
の原因となるので寝る2~3時間前には食事を終えるとよいでしょう。

最後に睡眠不足ですが、人間は睡眠が必要不可欠です。
睡眠を取ることで心身の休息を得ることができ、代謝も
このときに行われます。

なので、睡眠不足の状態では身体が十分に休まっていないため、
疲れが取れなかったり、代謝が上手く行われていないために体内の
毒素や老廃物などが体外に排出されずに溜まった状態になってしまいます。
すると様々な病に侵される恐れが出てきますので、睡眠は必ず取るように
                 しましょう。
                 なお、就寝は午前0時までにするようにしましょう。
                 ◎関連記事はこちら→[早寝早起きの睡眠が良い理由とは?]


大事なことは上記のように人間には生理リズムがあり、そのリズムを理解して守ることで
消化不良にならないことにとどまらず、健康な身体へと変化・維持できるのです。

消化不良の原因  ①加熱食中心の生活 ~酵素を意識すること~

前回、消化不良の原因として9つの原因を挙げました。
それぞれの原因をもう少し説明していきたいと思います。


加熱食とは言葉の通り、加熱調理された食べ物のことをいいます。
加熱調理は炒める・煮る・揚げる・焼く・蒸すなど様々な方法があり、
食材を柔らかくして食べやすくするなどの利点があります。

しかし「酵素」という点から見ると、酵素は熱に弱いため加熱して
しまうと失活してしまいます。
「酵素」は生の食材や発酵食品などに含まれ、加熱食には含まれません。



ではなぜこの「酵素」が重要なのでしょうか?
「生」の食材に含まれる「食物酵素」は食材が持っている酵素であり、
自己消化という形で事前に一定の消化を行います。
つまり食物酵素は消化の手助けという働きをしてくれるのです。
◎関連記事→[食べ物の組み合わせについてはこちら]

ですが、加熱調理されると食物酵素の消化機能が
働かなくなってしまいます。
すると、食べ物の消化には人間の消化器官が全て
負担することになります。
食べ物の消化には酵素が必要であり、消化には
体内酵素である「消化酵素」が使われます。

そして消化には限度があるため、加熱食中心の食事ですと
                 「消化酵素」での消化が追い付かず、消化不良に陥るのです。


ここで重要なことは加熱食を食べてはいけないということではなく、
酵素が含まれる「生」の食材を摂ることが必要だということです。
現代人の食生活はファミレスなどの外食、コンビニの弁当などの中食、
自炊などの内食のいずれも加熱食の割合が多いので、生食の割合を
増やすことを意識することが大事です。
◎関連記事→ [生きた酵素についてはこちら]




また、私たち人間の体内には体内酵素である「消化酵素」と「代謝酵素」が存在します。
◎関連記事→ [酵素の分類についてはこちら]

この2種類の酵素は優先順位があり、消化酵素→代謝酵素の順で使われていきます。
「食物酵素」が足りなければ、食べ物の消化には大量の「消化酵素」を使うため、
生命活動に必要な「代謝酵素」に十分回すことができなくなる恐れが生じます。
「代謝酵素」が足りなくなってくると代謝が落ち、それに伴い免疫力も下がります。
免疫力が下がると身体を守ろうとする機能が落ちるため、体調不良に陥ったり、
病に侵されやすくなってしまいます。

このようなことから、「消化酵素」を浪費しないためにも「生」の食材から酵素を
摂り入れる必要があるのです。
◎関連記事→[消化酵素と代謝酵素の関係性についてはこちら]
                  [消化酵素を浪費しないためのポイントについてはこちら]



酵素栄養学とは? ~消化不良を引き起こす原因とは?~

以前、消化不良に関しての話を少し書きましたが
今回は「消化不良の原因」についてもう少し詳しく書いてきたいと思います。


消化不良が起こると腸内で有害物質が生じ、
それが様々な病気を引き起こします。

では、病気などを引き起こす消化不良の原因とは何なのか?








原因として以下のようなことが挙げられます。
①加熱食中心の食生活(つまりは生食が極めて少ない食生活)をしている。
②午後8時以降~深夜の間での食習慣がある。食後すぐに寝てしまう。慢性的な睡眠不足に陥っている。
③毎回の食事をお腹一杯(過食気味)に食べてしまう。
④朝食をしっかり食べる生活をしている。
⑤肉や魚、卵などの動物性食品の過剰摂取や食物繊維の少ない食事をしている。
⑥白砂糖を使用した菓子類を過剰摂取してしまっている。
⑦薬を長期にわたって使用している。種(豆など)を生で食べる。
⑧酸化した油脂、トランス脂肪酸(マーガリンなど)を使用した食品を過剰摂取している。
⑨アルコール、タバコの喫煙、ストレスなど。


これらの原因に当てはまれば当てはまるほど、消化不良を引き起こしやすくなり、
その結果として様々な病気を誘発する原因になってしまいます。


ファスティングにおける「補食」とは?

前回、ファスティング・デトックスプログラムについての記事を
書いた際に「補食」という言葉が出てきました。

実は「補食」はファスティングにおいて非常に重要なことであり、
これをしっかり行えるかどうかで、効果や結果が異なってきます。

「補食」とは、ファスティングによる断食から普通食に戻していくまでの食事のことを言います。

なぜ「補食」が必要なのか?
それは断食により臓器の活動が休止状態になるため、
そこに今までと同じような食事を摂ってしまうと、臓器は
消化のための準備がまだできていないために消化器官
に大きな負担がかかります。
また断食により身体が飢餓状態にあるため、栄養を
必要以上に吸収しようとするので普段の食事のつもりで
食べてしまうと逆に太ってしまうことがあります。
                 このようなことから「補食」というものが必要なのです。


では「補食」とはどのようなものなのでしょうか?
断食明けの食事は、消化の良いお粥や味噌汁などから始めます。
但し、消化が良いからといって食べ過ぎてしまうと消化器官に
負担がかかるので、食べ過ぎないように注意しましょう。

消化器官の働きが少しずつ戻り始めたら、豆腐や豆乳などの豆類・
わかめやひじきといった海藻類・大根やさつまいもなどの野菜など

を少しずつ食べましょう。
なお、固形物などの消化が悪いものや味の濃いものは避けましょう。
具体的には肉や魚、卵などの動物性タンパク質・パンなどの小麦製品・
揚げ物などの油分の多い食べ物・コーヒーなどのカフェインの含まれるもの・
菓子類など
が挙げられます。

つまり、ファスティングを行った際には必ず「補食」の期間を作ってください。
これを行わなければせっかくのファスティングも失敗に終わったり、更には
逆効果の恐れもありますので注意してください。


ファスティング・デトックスプログラムとは?

今回は、「きばこ」のファスティング・デトックスプログラムについて書いていきます。
この内容はHP内にありますが、ブログの方でも少し紹介したいと思います。

ファスティングとは「断食」という意味ですが、「きばこ」でご提案しているものは
完全な断食というものではなく、酵素ドリンクを用いて行うファスティングである
ため、通常の断食よりも比較的楽に行うことができます。

ファスティングの効果としては、断食をすることで臓器を休ませることにより
身体に溜まった毒素や老廃物を排出(=デトックス)することができるので、
全身が浄化されていきます。

◎関連記事はこちら→[半断食で内臓を休ませてあげましょう]

「きばこ」のファスティング・デトックスプログラムではファスティングによる
「消化酵素」の節約酵素原液の補給に加えて、酵素風呂の入酵
ゲルマニウム温浴なども行うので、代謝上昇により自己免疫力を高める
ことができる
ため、更に高い効果が期待できます。
◎関連記事はこちら→[ゲルマ二ウムの効能とは?]


[プログラムの日程について]
可能であれば1週間集中して行うことが効果が高く、理想的です。

1日目:ファスティングによる断食・酵素の補給+集中デトックスコース
2日目:ファスティングによる断食・酵素の補給+酵素温浴
3日目:ファスティングによる断食・酵素の補給+酵素温浴
4日目:補食
5~7日目:プチ断食+酵素温浴

1~3日目のファスティング日は断食時ですので、食事はせずに
酵素ドリンクと十分な水分補給のみで過ごしていただきます。


酵素ドリンクの飲み方としては起床から就寝まで2時間おきに
40mlの酵素ドリンクを目安にお飲みください。(1日あたり9回)

なお酵素ドリンクは原液のまま、もしくはお好みで3~5倍ほどに
希釈してお飲みください。

これに加え、酵素温浴やゲルマニウム温浴をしていただきます。






4日目の補食の日ですが、起床時と就寝時には酵素ドリンクを
40mlずつお飲みいただきます。


食事に関してですが、ファスティングによる断食で消化器官が
休息をしていたため、ここで普通の食事をしてしまうと必要以上に
栄養を吸収してしまったり、消化器官に過度な負担をかけて
しまうため、消化の良いお粥や味噌汁などをお召し上がり下さい。
また、いくら消化の良いものだからと言って食べ過ぎも消化器官に
負担をかけてしまうので禁物です。


5~7日目のプチ断食期間朝・晩に酵素ドリンクを20mlずつ
お飲みいただきます。

また朝食を酵素ドリンク+酵素が含まれている果物や生野菜
などに置き換えていただきます。
昼食や夕食に関しては、消化器官の働きが少しずつ戻り始めて
くるので消化の良い食事から徐々の普通食に戻していきます。
そして、仕上げに酵素温浴をしていただいて終了となります。


普段の食事からいきなり断食ということになると身体に負担がかかるため、
ファスティング・デトックスプログラムを始める前にはプチ断食をして臓器の調子を整えてから行います。



ちなみに、上記の日程はあくまで理想的なものであり、
こちらのプログラムはお客様とのご相談でご都合の良い日に
行う日時を決めていただくことができます。(注:但し予約状況による)
なお、プログラム期間は1か月となっております。

「冷え」の対策は夏が一番重要?

今回は、「冷え」についての話を書いていきたいと思います。
タイトルにも書いてあるように「冷え」の対策はその季節ごとに行うことも
もちろん大事ですが、その中でも夏に対策をすることが重要になってきます。

一体どういう事か?
夏場に冷え対策をせずに身体に「冷え」を溜めてしまうと、
身体の芯が冷えてしまっているために汗腺が閉じてしまっており、
その結果として汗がかけず、体内に熱がこもってしまうので
暑く感じてしまい、その結果エアコンなどの冷房で身体をまた
冷やしてしまうという悪循環に陥ってしまうのです。
関連記事はこちら→[汗をかかないことの恐怖]


つまり夏場の方が冬場よりも「冷え」に対して注意が必要であり、
「冷え」を溜めやすい環境なので、夏場こそしっかりと「冷え」の
対策をして身体の芯を温めることが重要なのです。


何度も書いていますが「冷え」単純に体温が下がるという事だけではありません。
体温が下がることによって代謝が落ち、代謝が落ちることによって免疫力が
低下し、免疫力の低下から病に侵されやすい身体へとなっていってしまうのです


「冷え」のない身体にするためには、血流の流れを良くして身体を温めることです。
夏場にわざわざ暑いことをするの?という方もいるかと思いますが、
夏場にこそ汗をかいて汗腺トレーニングをすることで、汗の質を
悪い汗から良い汗へと変えていくことにより、身体を温めて「冷え」のない
身体にすることが重要なのです。

関連記事はこちら→[汗の質とは?]
         [悪い汗とは?]
         [悪い汗を改善するためには?]


そして身体を温めるには
「酵素風呂」
が特に効果的です。
夏にしっかり汗をかいて体質改善を行い、
健康な身体で過ごせるようにしましょう。



酵素栄養学とは? ~時には半断食で内臓を休ませてあげましょう~

これまでの話で「生」の酵素(食物酵素)が含まれた食事を摂取することで
健康を維持し、病気にならない身体になる
ということを書きました。
確かにそれは大事なことですが、今回は半断食をすることによって
内臓などの臓器を休ませることの重要性について書いていきたいと思います。

そもそもなぜこのような話になるのかというと、現代人の食事の大半は
「過食・飽食」の状態にあるからです。

例えばステーキや焼き肉などの肉中心の食事、
天ぷらやフライものなどの揚げ物の多量摂取、
スナック菓子などの間食、ラーメンやおにぎりなどの
夜食の習慣といった、大量の「消化酵素」を
使わなければ消化できないような食事
を毎日のように
続けている方がたくさんいます。





また、コンビニなどの普及により食べ物が24時間
いつでも手に入れることができるようになり、常に
食べ物を食べることによって消化活動が休まる
ことがないという状態の方もいたりします。
このような状態の方は胃腸などの消化器系が
疲れ切っており、常に「消化」に酵素が使われている
状態なので、「代謝」に使う酵素が足りなくなり、
その結果として免疫力の低下から病気に侵されやすくなります。

                 また、お酒をよく飲む方は肝臓がアルコールを分解
                 するために常に働いている状態であり、こちらも疲弊
                 していることでしょう。


つまり、「過食・飽食」の状態が続くと「消化酵素」の浪費となり「代謝酵素」の働き
に影響を及ぼしたり、臓器の疲弊により機能の低下を招きます。


このような過労状態の臓器では十分な働きをする
ことが難しく、本来の働きに戻してあげるために
半断食という方法で臓器を休ませるということが重要なのです。
ここでいう半断食とは言葉の通り、全く食べないという
ものではなく、少量の果物や生野菜などを食べるというものです。
食べる量を減らすことと酵素が含まれた食べ物を摂ることで
「消化酵素」を節約することができるので、その結果として内臓などの
臓器を休ませることができ、さらに「代謝酵素」の働きが良くなります。

この半断食をすることで胃・小腸・大腸・肝臓・腎臓などあらゆる臓器の
休息に繋がり、身体に溜まった毒素や老廃物をしっかりと排出する

                  ことができ、全身の浄化ができます。



ちなみに酵素風呂「きばこ」では、ファスティング・デトックスプログラムをご提案いたしております。
これは断食による「消化酵素」の節約に加え酵素原液による「酵素」の補給酵素風呂の入酵によって
自己免疫力を高められる
という三重の効果を得られることができますので、更なる効果が期待できます。

酵素栄養学とは? ~酵素を例えるなら?~

以前に書きましたが、「酵素」は私たちの身体の中で起こる全ての
化学反応、生物反応に関わるもの
であり、酵素なしでは消化吸収
することもできませんし、
あらゆる生命活動を行うこともできません。

私たちは生きるために毎日食事を摂り、その食材に含まれる
栄養素を消化し、体内に吸収することでエネルギーへと変換しています。
この消化吸収には「消化酵素」が使われています。
そして体内に吸収された栄養素が様々な活動を営む際に、
「代謝酵素」がその媒介を行います。
つまり栄養素をいくら摂ったとしても、
「酵素」がなければその栄養素を
エネルギーに変えることもできず、体内でうまく使うこともできないのです。

また、酵素がうまく働くための「補酵素」も忘れてはいけない存在です。


という説明を書きましたが、今回はこの「酵素」を少しわかりやすく例えてみましょう。

人間の身体を「家」と例えるとすると、
酵素は「大工」
栄養素は「材料」
補酵素は「道具」です。





どういう事かといいますと、「家」は長く住んでいるうちに
老朽化(=老化)が進んできます。
すると、家の補修工事や修理、改築などをする必要があります。
そこで家をしっかり直そうといい「材料」を揃えます。
しかし、いくらいい「材料」を揃えても、腕のいい「大工」が
いなければ「材料」をうまく加工できないため、家の基礎も
まともに出来ず、欠陥工事にも繋がります。
また、「大工」が働くためには「道具」が必要です。




つまり「大工」である酵素がなければ、
「材料」である栄養素や「道具」である
補酵素があっても、エネルギーに変換
できないので、「家」という身体の健康を
保つことができず、病気に侵されやすくなります。

しかし、「大工」である酵素がしっかりあれば、
「道具」である補酵素を使用して、「材料」である
栄養素をうまくエネルギーに加工するので
「家」である身体の健康を保つことができるのです。







また「大工」である酵素の働きは主に2つあります。
①食べ物の消化活動(=消化酵素)
②身体の生命活動(=代謝酵素)

仮に、消化の悪い食べ物ばかりを食べてしまっていると、「大工」である酵素は
「消化」という仕事に没頭し、生きるための「代謝」の仕事まで手が回りません。

しかし、この食べ物に酵素(=食物酵素)が含まれていると「消化」の仕事の
効率が上がるので、「代謝」の仕事に手が回すことができます。

つまり、酵素が含まれる「生」の食材を食べることで消化が進むことにより、
「消化酵素」を節約することができ、その分「代謝酵素」に回せることで
新陳代謝が活発に行われて病気になりにくい健康な身体を保つことが
できるのです。

酵素栄養学とは? ~消化不良を甘く見ないこと~

「消化不良」とは胃酸や消化酵素による消化能力が低下することで、
十分な消化が行われないこと
です。

おそらく誰しもが一度は経験したことのあることだと思われます。
しかし、消化不良が起こっていても今までの食生活やライフスタイル
を変えないままでいると、病気を呼び寄せてしまう身体になります。


消化不良が起こると、小腸や大腸などの腸内などで
腐敗や異常発酵などが起こります。

すると腸内には有害物質が蔓延し、その一部が
吸収されて血液に混じり汚れることで炎症が起こり、
免疫系の疾患やアレルギーに侵されやすくなり、
がんの誘因にもなります。



では消化不良の原因とは何でしょうか?
消化不良になる原因としては、乱れた食生活や不規則な生活習慣、過労やストレスなどが挙げられます。

特に注意してもらいたいのは、「食生活・生活習慣」に関してです。
毎日の食事が加熱調理されたもの中心に偏っていると、
消化の働きを助けるための「生きた酵素」が取り入れられない
ために、「消化酵素」を無駄に消費してしまうのです。
なので、加熱食ばかりではなく「生きた酵素」が含まれる
生野菜や果物などを摂取することが大事です。

また暴飲暴食などを繰り返していると、これも「消化酵素」
                 を浪費してしまうので避けましょう。
                 そして食事の時間帯も重要であり、気を付けないと
                 これも消化不良の原因となります。


続いて「過労・ストレス」に関して。
過労やストレスにより、自律神経が乱れることで胃腸の機能が
低下することで消化不良が起こります。
また体力も落ちている状態なので、免疫力も低下しており
病気にも侵されやすくなります。
ストレスや疲れを溜めないためにはしっかりとした睡眠が重要です。



つまり大事なことは、このような事態にならないためには規則正しい生活リズムと食生活の改善を心掛けることです。

12

« 2016年7月 | メインページ | アーカイブ | 2016年9月 »

きばこ酵素風呂

お電話でご予約下さい!

045-306-9874

住所
神奈川県横浜市港北区鳥山町387-2
営業時間
10:50~20:30
定休日
不定休
入酵受付時間
11:00~18:00
(時期により営業時間短縮あり)

このページのトップへ
このページのトップへ