HOME > ブログ > アーカイブ > 運動

ブログ 運動

正しい姿勢は精神面にも影響する? ~姿勢を正すメリット~

今回も「姿勢」について書いていきたいと思います。






前回の姿勢と精神の
関係性の話から姿勢を
正すメリットは身体的
なことだけでなく、
精神的にも影響を
及ぼします。




例えば人間は嫌なことや辛いことなどがあると、自然と肩が
落ち、身体は前かがみの姿勢となり、目線が下がります。

逆に楽しいことや嬉しいことなどがあると、胸を張ることで
目線は上がります。

このように心(精神)と姿勢には繋がりがあります。



そして、私たちの心や感情といった精神状態は良くも悪くも
日々変化するため、常に一定というわけにはいきませんが、
姿勢については自分の意思で一定に整えることができます。



例えば背筋を伸ばすことで、自然と気持ちが引き締まっていき、
物事に対して前向きの気持ちが生じてきます。

これは心の反映ともいえる姿勢を前向きなものに変えていく
ことで、気持ちを前向きな状態に変えることができるためです。

こうした精神面の影響は家庭でも社会でも生活をする上で、
とても重要なものです。



以前に「運動の習慣化」をすすめてきましたが、これは身体的な
メリットだけでなく、毎日続けていくことでその運動があなたに
とっての「プレショットルーティーン」となっていけば、幸いと
いう思いです。

そして姿勢を意識した運動により、気持ちが前向きになることで
精神的に大きな影響があります。


こうした影響は低体温の大きな要因ともいえるストレスに対して、
とても効果的なものです。






{関連記事はこちら}
[運動の習慣化のすすめについて]
[プレショットルーティーンとは?]
[病気の始まりはストレスから?]
[低体温の原因は?]


「姿勢」と「精神」の関係とは? ~プレショットルーティーン~

今回は「姿勢」と「精神」の関係性について書いていきたいと思います。





わかりやすい例として、「姿勢」と「精神」の関係性をスポーツの
世界で例に挙げてみます。


世界的に有名な野球選手であるイチロー選手はバッターボックスに
入るといつも決まった動作をしているのにお気づきでしょうか?


知っていらっしゃる方も多いと
思いますが、右手一本でバット
を持ち、その腕をまっすぐ前に
伸ばして左手は右肩に添えて、
視線は一点を見つめるという
動作です。


イチロー選手はこの動作により、精神を統一することで心と身体の
準備をして、打席の勝負に集中力を高めています。



こうした一連の動きと心の準備を行うプロセスを
「プレショットルーティーン」と言います。


これはもともとはゴルフの世界で使われている言葉でありますが、
現在では多くのプロスポーツ選手が取り入れているため、広い意味
での言葉として使われています。


プレショットルーティーンは毎回ほぼ同じ手順や動作を行う
ことで、その精度や成功率を高めることができます。


普段からいつも毎回同じように行うことによって、ストレスや
プレッシャーなどを感じる場面であっても、その手順や動作を
行うことによって、いつも通りの力を発揮することができるよう
になるのです。



つまり、一連の動作や手順を毎回同じように行うことで、その
間の思考パターンも同じにすることが可能となり、頭の中から
マイナスの考えを排除することで、集中力を最大限に高めること
ができるというわけなのです。

朝のウォーキングで健康に。 ~運動の習慣化~

以前、運動についての話を何度か話してきましたが、
今回は朝の運動について少し書いていきたいと思います。





よく、朝のウォーキングが健康に良いと言われているのは
なぜでしょうか?



ウォーキングやジョギングなどは
有酸素運動であるため、身体の
脂肪燃焼にとても効果的な運動です。

そのため、こうした運動は身体の健康
維持や管理に大きく
関わってきます。




特に朝は1日の中で体温の低い時間帯であるため、この
時間帯に身体を動かすことは体温の上昇に繋がります。

朝の運動によって身体をしっかりと温めることで、その日
の体調が変わってくると言っても過言ではありません。


そんな影響を与える朝の運動であるため、皆さんに
「習慣化」していただきたいことなのです。

注意点として、割と気軽にできるウォーキングですが、
ウォーキングも立派な運動です。
そのため、いきなり身体を動かすと筋を痛めてしまう
おそれがあるので、準備運動が必要です。
特に朝は身体が硬くなっているため、ストレッチを
行ってから始めるようにしましょう。





また歩く際、ただダラダラと歩くのではなく、お尻の穴を
引き締めて歩くという意識をもって歩く
ようにしましょう。

というのも、お尻の穴、つまり肛門を意識するということ
はとても大切なことだからなのです。



なぜ大切なのかというと、私たちの肛門の周りにも筋肉が
あり、その筋肉である「括約筋」という筋肉が加齢ととも
に衰えてきて、筋肉が弱くなってきます。


すると例えば、おならをしたつもりが誤って便が出て
しまうといった状態に悩まされるおそれもあります。

将来的にそのようなことにならないために括約筋を
鍛える必要があります。
そして、この括約筋のトレーニングとして、歩く時に
肛門を意識的に引き締めることが非常に効果的なのです。

このトレーニングを続けていくことで、尿失禁などの
改善にも繋がってきます。

また、括約筋を鍛えることで身体のヒップアップ効果も
期待できる
ので、ぜひとも取り組んでみて下さい。

スロートレーニングのすすめ。 ~スロトレは安全な筋トレ~

前回、スロートレーニングについて書きましたが、
今回はこのスロトレが安全な筋トレというお話を
していきたいと思います。



まず初めに、スロトレは効果的な筋肉トレーニング法
として知られている「加圧トレーニング」からヒント
を得て生まれたものであり、加圧トレーニングとは
簡単に説明するとベルトなどで筋肉に流れる血液を
制限した状態でトレーニングを行うことにより、
無酸素運動の効果を引き上げるトレーニング方法です。



私たち人間は無酸素状態で運動することで、筋肉内に
「乳酸」という疲労物質が溜まります。

この乳酸という物質が筋肉を鍛えるうえで非常に重要な
役割を果たすのです。



筋肉の増加を促進させる成長ホルモンはごく普通の筋トレ
を行う事でも分泌されますが、無酸素運動により乳酸が
溜まった状態であると成長ホルモンの分泌量が数百倍と
いうレベルで急増するのです。


この成長ホルモンの急増が、加圧トレーニングの効果と
して現れてくるのです。
もう少し説明すると、加圧トレーニングは血流を故意に
制限することによって、身体に酸素や栄養素が十分に
行き渡らなくなり、身体は無酸素状態になっていき、
それと共に身体のエネルギー供給も止まっていきます。
このような状態を作り上げて、身体から乳酸をより効率的
に出させることで成長ホルモンを引き出していき、筋肉を
増やしていくというわけなのです。


このように効果的な加圧トレーニングですが、血流を
制限して行うため、個人で行うには危険が伴います。
血流制限による血流障害や血栓などのリスクがあるため、
専門のトレーナーの指導が必要となってきます。




その点、スロートレーニングは血流を
制限しないで
行うため、1人でも安全
に行うことができます。

また、ゆっくりとした動作で軽い負荷
でも筋肉を鍛える
ことができるため、
関節などへの負担も少ない点などから、

安全にトレーニングを行うことができます。



筋肉が増えれば、基礎代謝も体温も上がっていきますので、
それぞれご自身の体力に合わせて、スロートレーニングを
生活の中に取り入れていただければと思います。


スロートレーニングのすすめ。 ~効果的に筋肉を鍛える方法~

突然ですがみなさん、「スロートレーニング」という言葉を
聞いたことはありますか?



スロートレーニング(通称:スロトレ)とはその名の通り、
ゆっくりとした動作で行う筋肉トレーニングの方法です。



例えば、スクワット1回の動作を
1分近くかけて行うのです。
これだけでも立派な筋トレなのです。
まず30秒ぐらいかけてゆっくりと
腰を落としていき、30秒ぐらいかけて
ゆっくりと腰を元の位置まで戻していく。
その際に呼吸の回数を減らして、
できる限り無酸素に近い状態で行う事
もポイントです。




ゆっくりと動くことで筋肉が持続的に緊張し、筋肉内には
「乳酸」という疲労物質が溜まっていきます。

その結果、筋肉の成長に必要な成長ホルモンが大量に
分泌されることで、筋肉の成長が促されていくのです。



つまり、スロートレーニングは軽い負荷の運動でも、
筋肉の成長に大きな効果が期待できる
という特徴があります。

そのため、男性だけではなく女性や高齢者なども効果的に
筋肉を鍛えることが可能な筋肉トレーニングと言えます。




そして、スロートレーニングにより筋肉を鍛えることは、
単に筋肉量が増えることだけではありません。

筋肉は基礎代謝や体温を高め、免疫力の向上にも影響する
という点から身体の健康にも繋がってくるのです。


筋肉トレーニングは適度に。 ~毎日行う事は逆効果?~

これまで、基礎代謝の上昇や体温上昇による冷えの
予防・改善などに対して、筋肉トレーニングを行う
ことが効果的な方法の1つであることを書いてきました。



筋肉トレーニングは身体にとって非常に良いこと
なのですが、このトレーニングは毎日ではなく、
適度に行う事をおすすめします。


その理由として「筋肉の性質」があります。
それは細胞の修復機能であり、筋肉を鍛えるという
ことは、この修復機能を利用したものなのです。


そして、筋肉を鍛えることは言い方を変えれば、
筋肉細胞を傷つけるということ
といえます。


少し話をまとめますと、運動である程度の負荷を筋肉に
加えると、筋肉細胞が損傷します。
すると、傷ついた筋肉細胞には修復機能が働き、再び筋肉が
傷つかないように前より太い筋肉に修復されていきます。

つまり、筋肉が鍛えられるためにはトレーニングによる損傷と
それを修復する働きという、2つの工程が必要
というわけなのです。


そのため、仮に毎日欠かさずトレーニングを行っていると、
筋肉の修復中にも損傷が行われてしまうことになり、十分な
効果が得られないのです。


アスリートなど一部の方は例外として、一般の方にとっては
運動のしすぎは身体にとってストレスとなってしまいます。



では、どの程度の頻度でトレーニングをすればよいのでしょうか?


理想的とされるトレーニングの頻度
としては3日に1回程度
とされています。
この頻度ですと、傷ついた筋肉細胞が
休みの2日間の間にしっかりと修復される
ので、筋肉細胞にかかる負担が最小に
抑えることができます。






筋肉を鍛えることは脳にも影響がある? ~老化防止には筋トレ?~

以前、筋肉の質を高める話で「脳から筋肉への神経の
経路を鍛える」という言葉を覚えているでしょうか?



脳から筋肉への神経経路を鍛えるということは、筋肉の
質を高めるとともに、脳も鍛えることが可能なのです。


もう少し簡単に言うと、筋トレをすると同時に脳トレも
出来てしまうということです。


例として、高齢者ドライバーの事故についてを挙げてみます。
こうした事故は主に加齢により、脳から筋肉への神経経路が
衰えてしまうことが大きな要因です。

その結果、脳が命令を発してから筋肉がその指令を実行する
までにかかる時間が長くなってしまうために起こるものです。


また、よくブレーキとアクセルを踏み間違えることも、
神経経路が衰えてしまうことで、筋肉が脳の命令を
間違えてしまうことが原因で起こるものです。


しかし、そうした神経経路の
能力が低下してしまった方でも、

脳から筋肉への神経経路を鍛える
トレーニングを重ねることで

運転の反応速度や精度が向上します。



そうした意味ではこのトレーニングは
ある種、脳に対して
老化防止になる
いうことが言えます。

筋肉の量とともに「質」も高めていきましょう。 

これまで、体温上昇のために筋肉を鍛えることが
必要であるということをお伝えしてきました。

そして筋肉の量を増やすためには、その運動の回数や
負荷を増やしたりすることで筋肉は発達していきます。



では、筋肉の質を高めるためにはどのようなことを
すればよいのでしょうか?

ここでいう筋肉の質を高めるうえで大切なことは、
運動の回数や負荷ではなく、「脳から筋肉への神経の
経路を鍛える」
ことです。

それは脳が指令を出してから筋肉が反応するまでの速度
を上げるトレーニングをする
ということです。

もう少し具体的に説明すると、自分の筋肉が発揮できる
最高の速度で筋肉を動かす
ということです。


例えば、短距離の全力ダッシュを例に挙げます。
距離自体は数メートル~数十メートルと短くても構わないので、
ご自身が全力で走り切れる距離を走って下さい。
なお、走る回数も走れる範囲で構いません。

注意してほしいこととして、距離や回数を増やせば効果も
高まりますが、距離や回数を増やすことでスピードが落ちて
しまうようであれば、増やす必要はありません。
ここで重要なことは筋肉を最大限に動かすということを
意識すること
です。


あくまでこのトレーニングで大事なことは「量」ではなく
「質」ということ
を忘れないでください。


冷え性の要因と運動による改善について。 

今回は「冷え性」について少し書いていきたいと思います。



冷え性とは身体の中心部の体温はそれほど低くないにも
関わらず、身体の末端の血行が悪いことで手先や足先などが
異様なほど冷たくなってしまう状態
のことを言います。

そのため、体温そのものが36.0℃以下に低くなっている状態
である「低体温」
とは少し異なります。




では、冷え性の要因とはいったい何なのでしょうか?

要因は様々ありますが、大きな要因として挙げられるのが
低血圧運動不足です。

血圧が低いと、身体中に血液を行き渡らせることができなくなり、
末端の血行が悪くなってしまいます。


そして運動不足の状態が続くことで、筋肉の絶対量が足りなく
なってしまい、末端から血液を身体の中心部へ送り返す力が
弱くなってしまいます。


この2つの要因により、手足の血行だけが極端に悪くなってしまう
「冷え性」という状態になってしまうのです。



こうした冷え性を改善するために効果的な方法は、血行が悪くなり
冷えやすい下半身の筋肉を鍛えることです。


なぜなら、足の筋肉は「第2の心臓」と呼ばれるほど血液の循環に
大きな役割を果たしているため、鍛えることで血行が良くなります。


また筋肉は熱を作り出すため、筋肉が増えれば熱量も増えるので、
冷え性に対して効果的と言えます。



ただし、冷え性の方が運動をする際には身体の冷えにより筋肉が
硬くなった状態のままであるため、急に動くと筋肉を痛めてしまう
おそれがあるので、事前に十分なストレッチを行う事をおすすめします。



「冷え」は身体にとって大きな
ストレスであるため、冷え性の
状態を
放っておいてしまうと、
そのストレスにより自律神経の
バランスが
崩れてしまうことで、
                                                   身体全体が冷えてしまう「低体温」
                                                   へと進行してしまうおそれがあります。




そのため、平熱が36.5℃以上ある方でも末端に冷えがある方は、
低体温の予備軍と言えます。








寝たきりの生活は要注意 ~筋肉の減少~

今回も「筋肉」についての話について書いていきます。



筋肉は私たちの身体を動かしたり、体温維持などに必要不可欠な
もの
であり、加齢とともに年々減少していきます。


よく年をとった時に腰が曲がるということを聞きますが、
これは骨が変形しているわけではありません。
その姿勢を保つために必要な筋肉が失われているからなのです。

例えば、普段腰の曲がった方が横になると身体はどうなるでしょう?
おそらくほとんどの方が身体はまっすぐになるはずです。
もし仮に骨が変形しているのであれば、横になったとしても
腰が曲がったままの状態になります。


そして加齢による筋肉の減少は平均で年に約1%ほどといわれ、
この減少率は男女ともほぼ同じです。

ただし、この数値はごく普通の日常生活を送っていた方の場合
であり、身体を動かさない生活を送っていた方の場合は大きく
異なります。


例えば、一日中ほぼ寝たきりの状態の方のような生活
送っていると仮定します。
そのような生活一日で約0.5%の筋肉が失われてしまうと
言われています。

この減少率は通常の加齢による筋肉の減少率の半分に相当します。
それは言い換えると、一日寝たきりの生活をすると約半年分の
筋肉を失ってしまうということになります。


また、風邪で何日も寝込んだ後に身体がふらふらするといった
経験がある方もいると思います。
これは風邪により体力が消耗してしまったということもありますが、
寝込んだことにより筋肉が短期間で急激に失われてしまったために、
身体を支える力が低下してしまったということも要因の1つです。



つまり、筋肉というものは動かさないと驚くほどに速い速度で
失われてしまう
ものなのです。



そのため筋肉を維持するためには、
毎日の生活において動くことにより

筋肉に適度な負担をかけることが
必要となってきます。





12

« 自律神経 | メインページ | アーカイブ | メタボリックシンドローム »

きばこ酵素風呂

お電話でご予約下さい!

045-306-9874

住所
神奈川県横浜市港北区鳥山町387-2
営業時間
10:50~20:30
定休日
不定休
入酵受付時間
11:00~18:00
(時期により営業時間短縮あり)

このページのトップへ
このページのトップへ