HOME > ブログ > 2ページ目

ブログ 2ページ目

本当に治療すべき糖尿病とは?

今回は「本当に治療すべき糖尿病とは?」というテーマです。






糖尿病には「本格的な糖尿病」とそうでないものとがあります。

本格的な糖尿病では、
①多尿
②口渇
③多飲

という症状が見られます。


まず、血糖値がすごく高くなると腎臓でブドウ糖が尿中に排泄されます。
これは、高くなったブドウ糖濃度を薄めるため、血液の水分が尿のほうに移行し、尿量が増えるのです(①多尿)。
すると、身体は水分不足になって喉が渇きます(②口渇)。
そのため、また水をたくさん飲む(③多飲)。

こうした悪循環が続くと意識が混濁してきて、命の危険が生じることがあります。

大事な栄養分であり、身体の一部でもある糖分が流出するため、体重もどんどん減り、痩せていきます。
すると、身体の抵抗力が落ち、感染症にもかかりやすくなります。
また、手足が腐ったり(壊死)、目が見えにくくなるなどの合併症も生じやすくなります。


したがって、本格的な糖尿病は治療すべきです。









<参考文献>
このクスリがボケを生む! 〜「ケモブレイン」にならない13の知恵〜
(学陽書房・2019)
著者:近藤誠

低血糖発作が重なると、ボケやすくなる?

今回は「低血糖発作が重なると、ボケやすくなる?」というテーマです。







重度の低血糖発作が起きた場合には、日常生活に復帰できても、発作が起きなかった人たちより2倍程度ボケ(認知症)が生じやすいとされています。

そして、低血糖発作の回数が増えるほど、あとでボケてくる確率も高くなります。



なぜ、このようなことが起きるのか?

推測になりますが、脳がブドウ糖不足になった時、脳細胞が死滅するのでしょう。
そこで、重い低血糖発作や発作の頻発より、死滅する細胞も多くなると考えられます。

さらに、血糖降下剤による低血糖発作は既にボケている人の方が、そうでない人よりも起きやすい。

その理由として、例えば少し前に薬を飲んだことを忘れて、また飲んだりするからと考えられます。







<参考文献>
このクスリがボケを生む! 〜「ケモブレイン」にならない13の知恵〜
(学陽書房・2019)
著者:近藤誠

死亡も引き起こす低血糖発作

今回は「死亡も引き起こす低血糖発作」というテーマです。






身体が低血糖状態になると、全身の調節システムは血糖値を上げるためにアドレナリンなどのホルモンを分泌させます。

その結果、発汗や動悸などが起きるので、これらはいわば「アドレナリン症状」と言えます。


発作というくらいですので、様々な低血糖症状はそれまで何ともなかった人に突然起こります。

その程度は体調や体質の他に、直前に食べたものの内容や量、薬の種類や強さ、食事と薬の間隔など色々な条件に左右されます。


血糖を上昇させるホルモンがちゃんと働いてくれれば、低血糖症状は自然に治り、脳機能の異常も起きないはずです。

しかし、アドレナリン症状だけでは治らず、低血糖状態により、脳の機能が落ちることで意識障害などを引き起こす場合もあります。

そのため、発汗や動悸などに気付いたときには、すぐブドウ糖を補給する必要があります。

 

但し、危険なケースとして重い低血糖発作が生じ、アドレナリン症状の前触れがなく、いきなり意識を失う場合があります。

この場合は状況にもよりますが、死に至る可能性が高いのです。

例えば、一人暮らしでいきなり意識を失う場合や家族がいても1人で寝ていた場合などは亡くなるケースがあります。

また、死は免れたものの脳が回復不能なダメージを受け、「脳死状態」になるケースも少なくありません。







<参考文献>
このクスリがボケを生む! 〜「ケモブレイン」にならない13の知恵〜
(学陽書房・2019)
著者:近藤誠



低血糖状態を作り出す薬は危険

今回は「低血糖状態を作り出す薬は危険」というテーマです。






糖尿病と診断されて、血糖を下げる薬を使っている方は大勢います。

血糖降下剤としては注射薬の「インスリン」が有名ですが、服用薬には「メトグルコ」・「アマリール」・「ジャヌビア」・「グラクティブ」・「アクトス」・「スーグラ」・「フォーシガ」など様々なものがあります。



しかし、血糖降下剤を使うと脳が低血糖状態になることで、ボケたり、脳死したりする可能性があります。

なぜなら、脳がうまく働くためには、大量の酸素とブドウ糖(血糖)が必要だからです。

それなのに、薬で血中のブドウ糖を減らし過ぎると色々な症状が出てきます。

具体的な症状として、
●発汗
●気分不快
●ふるえ
●頻脈
●動悸
●吐き気
●集中力の低下
●目が霞む
●痙攣
●意識障害(昏睡)

などがあり、最悪の場合は死に至ります。






<参考文献>
このクスリがボケを生む! 〜「ケモブレイン」にならない13の知恵〜
(学陽書房・2019)
著者:近藤誠

服薬でいつのまにか、せん妄に

今回は「服薬でいつのまにか、せん妄に」というテーマです。






薬の添付文書の「意識障害」には、具体的症状が書かれていませんが、おそらく「せん妄」がその多くを占めていると思われます。

せん妄とは、意識が乱れ、時間や場所がわからず、独り言を言ったり、不眠、幻視、不穏、興奮などが生じる状態です。

原因となる事柄は、加齢や脳卒中などいろいろありますが、種々の薬で生じることも少なくありません。



H2ブロッカーの場合、大抵は服薬開始から数週間で生じ、断薬すると数日で症状が改善するはずです。

しかし、本人はせん妄症状が起きても自覚しないことがあるため、そのまま薬を飲み続けてしまうことが多いようです。

また、家族も症状は年齢のせいかと思って、薬が原因だと気づきにくいようです。







<参考文献>
このクスリがボケを生む! 〜「ケモブレイン」にならない13の知恵〜
(学陽書房・2019)
著者:近藤誠


市販薬には書かれていない重大な情報

今回は「市販薬には書かれていない重大な情報」というテーマです。






前回、医療機関で処方された薬の説明書に副作用の記載が不十分であることをお伝えしました。


では、薬局などで売っている市販薬についてはどうでしょう?

薬局で売っている「ガスター10」の箱に入っている添付文書には「意識障害」と「痙攣」が抜け落ちています。

処方薬と成分は同じなので、副作用も同じはずですが、それらを市販薬の添付文書から削除したことついては製薬会社と厚労省の意図を感じます。

つまり、「意識障害」や「痙攣」などと記載すると売上が減少するからだと思われます。



また、ガスターは「効能・効果」(使用基準)も異なっています。

●処方薬:胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎など
●市販薬:胃痛、もたれ、胸やけ、むかつきなど

このように市販のガスターは、使うための基準が緩く、医師による診断も不要のため、人々は手軽に服用できてしまいます。

しかし、先述の通り処方薬と市販薬の成分は同じなので、その分副作用がより広範に生じていることでしょう。






<参考文献>
このクスリがボケを生む! 〜「ケモブレイン」にならない13の知恵〜
(学陽書房・2019)
著者:近藤誠

胃薬で、ボケやせん妄が起こる?

今回は「胃薬で、ボケやせん妄が起こる?」というテーマです。


※せん妄:幻覚、妄想、興奮、失見当識を起こしている状態のこと。
簡単に言うと、「軽いパニックを起こしている状態」、「周囲の状況が飲み込めず混乱している状態」です。





胃痛や胸やけを抑える胃薬でケモブレインになる人がいると聞いたら、さぞ驚かれることでしょう。


胃薬といっても、薬局で売っている「胃散」の類ではなく、医師が処方する胃薬です。

今回はその中で、「H2ブロッカー」について説明していきます。

H2ブロッカーと聞くとピンとこないかも知れませんが、薬局で買える「ガスター10」と聞くとわかる人もいるのではないでしょうか?
この薬の一般名は「ファモチジン」と言います。

つまり、H2ブロッカーは「ファモチジン」や「シメチジン」などの種の薬を総称する名称であり、胃酸の分泌を抑える薬です。


医療機関で処方された際に渡される説明書には、通常、「ガスター」・「タガメット」・「ザンタック」などの「商品名」が書かれているはずです。

しかし、この説明書は副作用の記載が不十分です。

そこで医家向けの「添付文書」を見てみると、次のようなことが書かれています。

[ガスターの重大な副作用]
●ショック、アナフィラキシー(呼吸困難、全身発疹など)
●再生不良性貧血、白血球減少
●中毒性表皮壊死症(全身の皮膚が剥ける)
●肝機能障害、黄疸
●横紋筋融解症(全身の筋肉細胞が壊れる)
●急性腎不全
●間質性肺炎(発熱、咳、呼吸困難)

また、そのなかに「意識障害」や「痙攣」もあります。
つまり、ケモブレインです。






<参考文献>
このクスリがボケを生む! 〜「ケモブレイン」にならない13の知恵〜
(学陽書房・2019)
著者:近藤誠

「高血圧→脳出血」に騙されてはいけない

今回は「高血圧→脳出血に騙されてはいけない」というテーマです。






なぜ人々は降圧剤を飲むのか?

1つには「脳出血が怖い」という思いがあるようです。

よく、医師から血圧が高いと血管が切れて脳内に出血し、半身不随や寝たきりになるという話を聞きます。



しかし、この話は都市伝説だと言われています。

日本が第二次世界大戦に負けた直後、東北地方では脳卒中といえば脳出血、という時代がありました。
それを医師たちは高血圧のせいにしたのですが、これは因果を逆に捉えています。

というのも、脳出血があるとそれまで血圧が低かった人でも、身体は脳の障害部位に血液を届けようとするため、高血圧になります。
そのため、脳出血した人の血圧を測ると必ず高くなることから、医師たちは「高血圧→脳出血」という流れの思い込みが生まれたとされます。

そして、昔に比べて血圧を測るようになった現代においては、低血圧の人でも脳出血が生じます。
つまり、脳出血の主原因は血圧以外にあるはずなのです。



振り返ってみると、敗戦直後の日本は荒廃し、食糧不足に陥っていました。
人々は飢え、痩せて、平均寿命は50歳にも届きませんでした。

それは国民の栄養状態が悪く、身体の組織や臓器が弱かったと考えられ、脳血管も何かの拍子に簡単に切れてしまって、脳出血を引き起こしたのではないかと思われます。

しかし、敗戦後の経済復興で国民の栄養状態が改善するとともに、脳出血は減少していき、今では脳梗塞の半分以下です。

こうしたことも、脳出血の原因が「低栄養」であったことを裏付けています。






<参考文献>
このクスリがボケを生む! 〜「ケモブレイン」にならない13の知恵〜
(学陽書房・2019)
著者:近藤誠

血圧を下げると自立できない人が増える

今回は「血圧を下げると自立できない人が増える」というテーマです。






降圧剤を飲んでいると、副作用の症状としてフラフラすることがあります。


特に高齢者の方は注意が必要です。

もし、そのまま倒れて頭を打った場合、頭蓋内出血で死ぬことがあります。

また、頭を打たなくても倒れた際の怪我も多いです。
例えば、転倒の際に大腿骨が折れてしまい、そのまま寝たきりになって身体が衰弱してしまい、その後亡くなる方も大勢います。




別の全国調査では血圧を下げると、自立できない人が増えることがわかっています。

ここでいう、「自立できない」とは死亡したか、生存していても身の回りのことができないという意味です。


薬で上の血圧を120未満に下げた人たちでは、自立していない人の割合は7割。

これに対して、薬を飲んでいない人たちでは、自立していない人の割合は2割強という結果でした。







<参考文献>
このクスリがボケを生む! 〜「ケモブレイン」にならない13の知恵〜
(学陽書房・2019)
著者:近藤誠

降圧剤で脳梗塞やガンの発症が増える?

今回は「降圧剤で脳梗塞やガンの発症が増える?」というテーマです。






降圧剤を飲み、血圧を下げる目的は脳卒中や心筋梗塞などの発症を減らし、命を救うためです。

しかし、薬の副作用により、命を落とす人もいるはずです。


そのため、降圧剤を飲んだ方が飲まない場合よりも、総死亡数(全体の死亡数)が減ることを証明する必要があり、高血圧患者を対象とした臨床試験が行われました。


<臨床試験>
70〜85歳までの高血圧患者329人を集めた比較試験が行われ、上の血圧が150〜180、下の血圧が90〜100の人たちでした。

それを2つのグループに分け、一方には降圧剤を飲ませて、血圧目標値を159/90とし、もう一方にはプラセボ(ニセの薬)を飲ませました。

薬の服用期間は平均2年間。

●脳梗塞の発症:降圧剤群8人、プラセボ群5人
●ガンの発症:降圧剤群9人、プラセボ群2人

という結果が出ました。

降圧剤を飲んだグループの方が飲んでいないグループと比較して、脳梗塞の発症が6割増え、ガンの発症は4.5倍にもなったのです。







<参考文献>
このクスリがボケを生む! 〜「ケモブレイン」にならない13の知恵〜
(学陽書房・2019)
著者:近藤誠



<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

きばこ酵素風呂

お電話でご予約下さい!

045-306-9874

住所
神奈川県横浜市港北区鳥山町387-2
営業時間
10:50~20:30
定休日
不定休
入酵受付時間
11:00~18:00
(時期により営業時間短縮あり)

このページのトップへ
このページのトップへ