HOME > ブログ > 4ページ目

ブログ 4ページ目

ガンになった場合の生活術

今回は「ガンになった場合の生活術」というテーマです。

 

 

 

まず結論から言うと、近藤氏はガンの患者さんが長生きするために、本人が出来る特別な方法はないと考えています。

 

十分な栄養を摂って、日光浴を兼ねて散歩をし、仕事や家事に勤しみ、家族や友人と交流して楽しく日々を送る。

これに勝る生活術はないはずです。

 

患者さんたちが願う「ガンの治癒」。

初発病巣や転移病巣が縮小し、消失するケースは確かに存在します。

格式の高い医学雑誌にも、数多くの実例論文が載っています。

但し、「この方法で消えた」と因果関係を明示する論文は皆無です。

 

ガンが増大するか縮小するかは、ガン細胞の「増殖力」と、ガンが育つ「場」である正常組織の「ガンに対する抵抗力」のバランスによって決まると考えられます。

そうだとすると、正常組織の抵抗力を落とさないようにすることが大事です。

 

この点、インターネットなどでは抵抗力を落とすような方法ばかりが囃し立てられています。

ことに食事療法です。

玄米菜食、ゲルソン療法、糖質制限などに共通するのは、真面目に取り組むと体重が減って激やせすることです。

 

実行されている人たちは「十分食べられないことは、こんなに辛いのだから、きっと効果が上がるはず」と思うようですが、逆効果です。

普通の体格の人が痩せると、正常組織が栄養不足になって、ガンに対する抵抗力が奪われるのです。

 

ですから、普通の体格の人が長生きするためには、体重が減るようなことをしない、というのが重要な心得になります。

他方で、激やせしている方は体重を増やし、ビア樽型の人は体重を落とすことが重要です。




<参考文献>
もう、がんでは死なない ~二人に一人ががんになる時代の最高の治療法~
(マガジンハウス・2020)
著者:近藤誠

ガンと診断されたら...

今回は「ガンと診断されたら」というテーマです。

 



色々と警戒していても、「ガン」と診断されることがあります。

 

そのとき、大病院や専門病院に行くと、初診日に「手術」・「抗ガン剤」などと申し渡され、CT、超音波、PETMRIなどが予約され、入院日まで決められてしまいます。

「まるでベルトコンベヤーに乗せられたようだ」と言われる所以です。

ただ、医師に言われた通りにするのも患者さんの権利・自由ではあります。

 

ほとんどの方は、医師から提案された治療法が妥当かどうかを知りたいはずです。

そういう場合、他の病院で「セカンドオピニオン」(2度目の意見)を得ることが勧められています。

 

しかし、実行しても最初の病院と同じことを言われてしまい、役に立たないことが大半です。

なぜなら、ガン種ごとに各医学会が定めた「治療法のガイドライン」があり、ほぼ全ての病院がそれに従っているので、どこへ行っても同じオピニオンになるからです。

 
 

しかし、ガンの部位によっては「診療科」を変えると、別の意見を聞ける可能性が高くなります。


ガイドラインには、複数の方針が書かれていることがあるからです。

例えば、食道ガンや子宮頸ガンでは、手術の他に「放射線治療」が、肝臓ガンでは手術とは別に「ラジオ波による焼灼療法」がガイドラインに書かれています。

それらは臓器を残せるので、手術よりもガンが暴走しにくく、ベターでしょう。

 

ただ、同じ病院の「診療科」だと、院内の外科医や婦人科医などに遠慮して、治療を断られてしまう可能性があります。

それゆえ、別の病院の「別の診療科」宛の紹介状をもらうと良いでしょう。



<参考文献>
もう、がんでは死なない ~二人に一人ががんになる時代の最高の治療法~
(マガジンハウス・2020)
著者:近藤誠

「病気」ではなく、「老化現象」をまず疑う

今回は「病気ではなく、老化現象をまず疑う」というテーマです。

 

 
 

長い人生のうちには出血や痛みなど、「もしかしてガン?」と思わせる症状が生じることがあります。

 

そのとき、医療機関に駆け込むかどうかが、しばしば人の運命を分けます。

検査を受けて「ガン」が見つかると、治療によって後遺症を負い、早死にしかねないからです。

 

もし「ガン」だった場合、全ての「ガン」は臓器に転移しているか、転移していないか、どちらかです。

臓器転移が隠れていれば、治療を受けると早死にしてしまいます。

また、転移していない「ガンもどき」は放っておいても死ぬ危険がなく、治療にはやはり後遺症や早逝の可能性があります。

 

それゆえ、仮に症状が生じても、すぐに医療機関に行くのではなく、少し様子を見るのが賢明でしょう。

例えば、年を取って生じる「腰痛」などの症状はほぼ全てが老化現象と考えられます。

そして、老化であれば、慌てる必要もないわけです。

 

ただし、老化現象でも時には症状が重く、日常生活の質が落ちることがあります。

その場合にも、我慢できるなら様子を見るのが正解でしょう。

骨が変形したための腰痛など、老化現象の多くは症状が日によって強くなったり、弱くなったりする「症状の波」があるものです。

 

これに対して、症状が右肩上がりに強くなっていく場合、医療機関を訪ねないほうがいいとは言えません。

何か原因が見つかって、それを治療することにより、症状が軽減することもあるからです。

 

しかし、症状が強いほど「ガン」による可能性も、臓器転移が存在している可能性も高くなり、従って検査・治療を受けると早死にする可能性も高くなることは、頭の片隅に置いておかれるといいでしょう。




<参考文献>
もう、がんでは死なない ~二人に一人ががんになる時代の最高の治療法~
(マガジンハウス・2020)
著者:近藤誠

ガンの原因:生活習慣④肥満と痩せ型

今回は「ガンの原因:生活習慣肥満と痩せ型」というテーマです。

 

 

 

ガンとの関係で食事内容を心配するよりも、量をどの程度摂っているかを注意すべきです。

なぜなら、食事量が大きく関係する「体重」ないし「肥満度」が、ガンによる死亡率を左右するからです。

 
 

●「肥満」というと、皆さんはメタボ判定される「小太り」の状態を思い浮かべるのではないでしょうか?

数値化で表すと、肥満度を表す指数「BMI」が「25」以上の人たちです。

 

しかし、欧米では「25」以上は「過体重」であり、これを「肥満」と判定するのは日本だけです。

理由は医療産業が肥満判定を増やして、医療行為を受けさせ、医療ビジネスの繁栄を図ろうとしているからです。

 

実は日本人男性では、BMI25」以上が死亡率が一番低いのです。

欧米での「肥満」判定基準は、BMIで「30」以上。

ビア樽型の肥満がそれに当たります。

白人における肥満度と「死亡率」との関係を調べた研究では、BMI2325の人たちに比べ、「30」以上だとガン死亡率が3470%増しになっています。

 

但し、ビア樽型肥満は米国人では4割にもなるのに、日本人はわずか4%

その研究では日本人に多い「小太り」のガン死亡率はほとんど上昇していません。

 

 

●日本人で心配になるのは「痩せ型」の場合です。

こちらは総死亡率が跳ね上がります。

 

調査結果を見ると、BMI2325の人たちに比べ、「19」未満の男性ではガンによる死亡率が44%増。

総死亡率が78%増になっています。

 

女性の場合は、BMIが「19」未満でもガン死亡率はほとんど変化なし。

しかし、総死亡率は61%増になっています。




<参考文献>
もう、がんでは死なない ~二人に一人ががんになる時代の最高の治療法~
(マガジンハウス・2020)
著者:近藤誠

ガンの原因:生活習慣③サプリメント

今回は「ガンの原因:生活習慣サプリメント」というテーマです。

 

 

 

症状改善や病気予防などに、サプリメントを摂っている方は多いと思います。

 

しかし、「これを飲んで効いた」というのは多くの場合、「プラセボ(偽薬)効果」です。

 

例えば、薬と偽って、うどん粉のように薬効のないものを飲ませても、34割の人は効果があったと思うもの。

しかし、症状改善効果や病気の予防効果を証明するには「比較試験」が必要ですが、どのサプリも効果が示されていないのです。

 

 

その半面、サプリは長期間続けて摂ると、副作用が生じて危険です。

効果と副作用は裏腹な関係にあるので、もし効果があれば副作用もあるはずです。

 

この点、「比較試験」によってガン死亡を増やすことが証明されたサプリがあります。

それは「ベータカロテン」です。

 

ベータカロテンは人参、ほうれん草、南瓜などに多く含まれ、身体に入るとビタミンAに変換されます。

ビタミンAには抗酸化作用があるため、ベータカロテンを多めに摂れば、ガン死を減らせるのではないか、と考えられてきました。

 

それを証明しようと、比較試験が実施されたのです。

最初に中国で行ったところ、ガン死が13%減少したとされました。

他方で、フィンランドでも喫煙男性を対象に比較試験が実施されました。

結果は肺ガンの発生率が18%増加。

他の疾患も含めた「総死亡」も8%多くなりました。

 

2つの試験は一見矛盾するようですが、整合しています。

というのも、試験当時の中国は貧しく、栄養不良の人たちが多かった。

そのため、ベータカロテンが補充されると身体が正常状態に戻り、ガンも減ったのでしょう。

ビタミンは不足状態にある人には効果が高いのです。

 

ところが、フィンランドは経済豊かな先進国で、栄養不良の人やビタミン不足の人は少ない。

そのため、ベータカロテン投与は人体にとって「過剰」となり、肺ガンなどを増やしたのでしょう。




<参考文献>
もう、がんでは死なない ~二人に一人ががんになる時代の最高の治療法~
(マガジンハウス・2020)
著者:近藤誠

ガンの原因:生活習慣②食事

今回は「ガンの原因:生活習慣食事」というテーマです。

 

 
 

日々の食材の中に、微量の「発ガン物質」(遺伝子を変異させる物質)が含まれている可能性は否定できません。

そうかといって、人は食事をしなければ生きてはいけない。

 

 

では、どうするか?

 

避けるべきは「偏食」です。

特定の食材を日々、大量に摂るともし発ガン物質が含まれていた場合、影響が大きいからです。

 

例えば、肉食です。

米国には肉を沢山食べている人は、ガン死亡率や総死亡率が高くなった、という研究があります。

また、ソーセージやハムを大量に食べると膵臓ガンが増えるという調査結果もあります。

 

しかし、どの研究もその質に問題があり、本当にガン死亡が増えるかどうかはいまだ不明である、という意見もあります。

 
 

一昔前、国立がんセンターが「おこげ」を食べるなと言いだしました。

おこげを食べると胃ガンが増えるというのです。

 

しかし、これはネズミの実験でのことで、人間に換算してみると毎日丼一杯のおこげを数十年間、食べ続けることに相当するようです。

国立がんセンターはその後、この主張を引っ込めています。

 

結局、ひとつの食材に偏るのではなく、米・パン・肉・魚・卵・野菜など色々な食材をバランス良く十分な量を摂っていれば、食材の面からはガンは恐れるに足らずだと思います。

 




<参考文献>
もう、がんでは死なない ~二人に一人ががんになる時代の最高の治療法~
(マガジンハウス・2020)
著者:近藤誠

ガンの原因:生活習慣①タバコとお酒

今回は「ガンの原因:生活習慣タバコとお酒」というテーマです。

 

 

 

日常生活における最大の「発ガン因子」はタバコです。

肺ガンだけでなく、胃ガン、食道ガン、膵臓ガン、膀胱ガンなど、様々な臓器の発ガン率を上昇させてきました。

ところが近年、肺ガンによる死亡率が減少に転じているのです(高齢化の影響を除去する「年齢調整死亡率」で見た場合)

 

死亡率の減少は男性で顕著です。

男性はもともと喫煙者が多く、肺ガン死亡率も高かったのですが、近年は禁煙する人が増えたため、減少率が大きいのでしょう。

男性の食道ガン死亡率も、近年は減少傾向にあり、これも禁煙が関係していそうです。

 

 

お酒はどうか?

ガンとお酒(アルコール)の関係は、タバコよりも複雑です。

 

まず、少しのお酒ですぐ顔が赤くなって酔ってしまう人は、肝臓でアルコールを処理する力が遺伝的に弱く、口腔・咽頭・食道などの発ガン率を上げると言われています。

 

しかし、お酒に強い人でもアルコールは細胞の遺伝子を傷つけ、発ガン率を上げる力があります。

そして、喫煙していると発ガン率が更に高くなるのです。

 

このようにアルコールは発ガン率を上げるので、大量に飲酒している人が禁酒や節酒をすれば、発ガン率が低下することは間違いないでしょう。

 

ただ、毎日のアルコール摂取量が少ない人が禁酒した場合に、発ガン率が低下するかどうかは不明です。

日本人男性の調査では、全然飲まない人たちより、缶ビール1本程度のアルコールを摂取している人たちの方が、ガン死亡が少ない傾向にあるからです。

 




<参考文献>
もう、がんでは死なない ~二人に一人ががんになる時代の最高の治療法~
(マガジンハウス・2020)
著者:近藤誠

ガンを遠ざける、健康長寿の習慣

今回は「ガンを遠ざける、健康長寿の習慣」というテーマです。

 

 

 

これまで「ガン」や「治療」について検討してきましたが、できれば一生ガンにならずにいたいものです。

 

では、どうしたら「ガン」にならずに済むのでしょうか?

 

この点、ガンには「老化現象」の側面があるので、絶対にガンにならないというのは無理でしょう。

但し、生活態度を変えた人はガンになる可能性を減らすことが出来るはずです。

 

というのも、ガンになる原因である正常細胞の遺伝子変異のうち、その3割が生活習慣によるからです。

 

つまり、生活習慣を変えて遺伝子変異を減らすと、発ガン率を最大3割も減らせる可能性があるわけです。

 

具体的に挙げると、

①「タバコ」と「お酒」

②「食事」

③「サプリメント」

④「肥満」と「痩せ型」

などがあります。





<参考文献>
もう、がんでは死なない ~二人に一人ががんになる時代の最高の治療法~
(マガジンハウス・2020)
著者:近藤誠

ガン検診の考察

今回は「ガン検診の考察」というテーマです。

 


 

ガン検診が死亡率を減らせないことは、ガンが転移する時期を知れば自明です。

 

つまり、転移する能力があるガン(ガン細胞)は、初発病巣が発見可能な大きさ(1センチ)に育つずっと前に転移してしまっている。

そのため、検査でガンを発見しても臓器転移があるので、治せないわけです。

これが「本物のガン」です。

 

これに対し、転移能力がないガン細胞は数がいくら増えても転移できないため、放っておいても宿主が死ぬことがない。

「潜在ガン」のほとんどがこれで、見方を変えると「ガンもどき」です。

 

潜在ガンのような、放っておいても死なないガンを検査で見つけて手術して「治った」と言っても意味がないわけです。

 

 

自覚症状のない人に検診で発見される「ガン」に占める、ガンもどきと本物のガンの割合は部位によって異なります。

 

前立腺ガン、乳ガン、子宮頚ガンは、ほぼ全てが「潜在ガン」であり「ガンもどき」です。

 

胃ガン、大腸ガンはステージ1で見つかった場合には、ほとんどが「ガンもどき」です。

しかし、検診で進行ガンが見つかるケースもあり、その場合には「本物のガン」である可能性が高くなります。

 

肺ガンはステージ1で見つかっても、「本物のガン」の可能性が2割程度あります。

ステージ3だと8割以上です。

 

膵臓ガンは、ほぼ全てが「本物のガン」です。





<参考文献>
もう、がんでは死なない ~二人に一人ががんになる時代の最高の治療法~
(マガジンハウス・2020)
著者:近藤誠

インフルエンザ脳症は薬害だった?

今回は「インフルエンザ脳症は薬害だった?」というテーマです。

 

 

 

解熱剤は死亡率をも高めます。

この点、動物実験では解熱剤を使うと無投薬に比べ、死亡率が上がることが示されています。

どの解熱剤でも、ウイルスの種類が違っても、解熱剤を使った動物の死亡率が上昇します。

 

また、人ではインフルエンザのような発熱性の感染症にアスピリン、ジクロフェナクなどを使うと「ライ症候群」が生じることがわかっています。

急性脳症が生じて死亡し、生き残っても麻痺や言語障害などが残るのです。

 

過去に「インフルエンザ脳症」とされてきた病態は、インフルエンザウイルスによるものではなく、「薬剤性脳症」つまり「薬害」と考えるのが妥当です。

 

 

脳症が生じる仕組みは「サイトカインストーム」(免疫物質の嵐)だと考えられます。

新型コロナでも、重症化原因に挙げられてきます。

サイトカインストームが起きる仕組みは、解熱剤で治るまでの期間が長期化する仕組みとほぼ同じです。

 

解熱剤で免疫細胞の活動が抑えられたあと、薬の影響が薄れて活動を再開した免疫細胞は、ウイルスが前より増えているのに驚いてしまう。

その結果、免疫細胞がウイルスと闘うために分泌する「サイトカイン」が大量に放出され、血流に乗って全身に回り、血管や肺などの臓器・組織を傷つけるわけです。

脳細胞がやられると「脳症」になります。

 

 

新型コロナでは高齢者や基礎疾患など「重症化因子」を持つ人で、サイトカインストームが生じやすく、死にやすいようです。

新型コロナで多数が亡くなっている欧米でも、解熱剤が当然のように使われていることが死亡率が高い一因なのでしょう。




<参考文献>
もう、がんでは死なない ~二人に一人ががんになる時代の最高の治療法~
(マガジンハウス・2020)
著者:近藤誠

<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

きばこ酵素風呂

お電話でご予約下さい!

045-306-9874

住所
神奈川県横浜市港北区鳥山町387-2
定休日
不定休
営業時間
11:00~最終入酵 18:00
(短縮営業日あり)
*詳しくは『営業カレンダー』をご覧下さい

このページのトップへ
このページのトップへ