HOME > ブログ > 6ページ目

ブログ 6ページ目

延命効果

今回は「延命効果」というテーマです。

 

 

 

ガンを治すことができず、症状緩和にも不適当となると、抗ガン剤に期待されるのは「延命効果」です。

 
 

抗ガン剤が使われる場面は2つあります。

①「補助化学療法」:ガンを切除する前か後に実施する抗ガン剤治療。

②「抗ガン剤単独治療」:ガンが臓器に転移していることが明らかな場合では普通手術は行われず、抗ガン剤単独治療となる。

 

どちらも、延命効果を立証するには「比較試験」が必要です。

患者(被験者)を何千人と集め、抗ガン剤を使うグループと使わないグループに分け、生存期間を比較するのですが、そういう比較試験はほとんど行われず、存在しても信頼できるものは極めて稀です。


 

ところが、近年信頼できそうな比較試験により、乳ガンに補助化学療法をしても、延命効果が見られなかったという結果が出ました。

 

臓器に転移していることが明らかな場合の「抗ガン剤単独治療」についても、比較試験が実施されること自体が稀です。

 

乳ガン、卵巣ガン、肺の小細胞ガンのように「有効率」が高くて、臨床現場では抗ガン剤が使われているガン種でも、「無治療グループ」と「抗ガン剤グループ」を比べた試験が実施されていないのです。

 
 

しかし、抗ガン剤には命を縮める副作用が多々あるので、延命効果の有無はきちんと確認する必要があります。

 

とはいえ、比較試験がないので次善の策として、抗ガン剤がなかった時代の乳ガン患者の生存期間と近年に抗ガン剤治療を受けた患者の生存期間を比べて見ました。

 

すると、抗ガン剤治療がなかった時代の患者の方が近年の患者より、生存期間が長かったのです。

 

近年の患者では、抗ガン剤が使われるほど生存期間が短くなっています。

つまり、抗ガン剤には「延命効果」ではなく「縮命効果」があるわけです。




<参考文献>
もう、がんでは死なない ~二人に一人ががんになる時代の最高の治療法~
(マガジンハウス・2020)
著者:近藤誠

症状の緩和効果

今回は「症状の緩和効果」というテーマです。

 

 

 

痛み、神経障害、出血による貧血などの症状が生じ、クオリティ・オブ・ライフが下がっているケースでは、抗ガン剤によって症状が軽減される可能性はあります。

 

ガンが縮小すれば、症状の緩和効果が見られるのは当然のことです。

 
 

問題は、ガンの縮小効果が低く、そのため緩和効果が得られるケースが少ないことです。

半面、吐き気、全身倦怠感、口内炎、手足の痺れや痛み、胃腸障害などの副作用は全員を襲います。

症状緩和効果が見られない人にとっては、副作用は損ですし、症状が緩和した人にとっても副作用で苦しんだら得策なのかどうか疑問です。

 

症状緩和のためには、放射線治療の方が適しています。

ガンを縮小させる力は抗ガン剤よりも放射線の方が強く、照射していない部位に副作用を生じさせることがないからです。

 



<参考文献>
もう、がんでは死なない ~二人に一人ががんになる時代の最高の治療法~
(マガジンハウス・2020)
著者:近藤誠

ガンを治す効果

今回は「ガンを治す効果」というテーマです。
 
 
 
抗ガン剤に一番期待されるのは「ガンを治す」ことだと思います。
 
この点、白血病や悪性リンパ腫など「血液ガン」では抗ガン剤で治る可能性がある「ガン種」があります。
しかし、胃ガンや肺ガンなど「固形ガン」は抗ガン剤では治らない。
それがガン治療医たちの共通認識です。
 
でも、疑問がわくことでしょう。
固形ガンでも抗ガン剤の後に、再発なく長生きしている人がいる。
そういう体験談を新聞やネットで見た。
それは治ったということではないのか、と。
 
しかし、医学界ではそのような個々のエピソードはガンが治るという証拠にならないと考えられています。
理由の1つは、何も治療しなくても自然に転移が消えることがあるからです。
 
また、特定のエピソードを強調すると同じように治療された患者たちが辿った運命が不明に終わります。
 


<参考文献>
もう、がんでは死なない ~二人に一人ががんになる時代の最高の治療法~
(マガジンハウス・2020)
著者:近藤誠

ガンの縮小効果

今回は「ガンの縮小効果」というテーマです。

 

 

 

医師に「抗ガン剤は有効だ」と言われた場合、人によって理解の仕方が違います。

それが、抗ガン剤治療を受けるか否かに結びつきますので、「有効」の意味を整理します。

 

 

[ガンの縮小効果]

医学界で「抗ガン剤が有効」というのは、「ガンが治る」とか「延命する」ことを意味しません。

ガンが一定程度縮小すれば「有効」なのです。

 

つまり、「ガンの直径」が抗ガン剤によって30%以上縮んで「70%未満」になると「有効」と判定されます。

 
 

そして、全患者に占める「有効」判定の患者割合が「有効率」です。

有効率は「ガン種」によって異なります。

乳ガン、卵巣ガン、肺の小細胞ガンでは6割以上の有効率を期待できますが、胃ガン、大腸ガンなど多くのガン種では13割程度です。

 

抗ガン剤の量を増やし、投与する間隔を短くすると、抗ガン剤治療の「強度」がアップするため、有効率を5割以上にすることも可能です。

しかし、「強度」を強めると副作用が強くなり、それによる死者も増えます。

そのため、抗ガン剤に真に期待される諸効果が得られるかどうかは別問題です。

 





<参考文献>
もう、がんでは死なない ~二人に一人ががんになる時代の最高の治療法~
(マガジンハウス・2020)
著者:近藤誠

なぜ、いくつもの臓器が一度に機能不全になるのか?

今回は「なぜ、いくつもの臓器が一度に機能不全になるのか?」というテーマです。

 

 

 

最近は新型コロナウイルスにより、「闘病中の人が多臓器不全で亡くなった」などという報道を目にします。

 

ただ、これまで「多臓器不全」の圧倒的多数はガンで闘病中のケースでした。

 

多臓器不全と聞くと、転移によっていくつもの臓器が一度に「機能不全」に陥ったのだろうと考えがちです。

しかし、転移によって死亡する場合には肺や肝臓などの「単一の臓器」への転移が原因となって死亡する「単臓器不全」になります。

つまり、複数の臓器に転移しているケースでは、それぞれの臓器のサイズ、転移の個数、転移の大きさなどが異なるので、いくつもの臓器が同時に機能不全に陥ることは(ほぼ例外なく)あり得ないのです。

どれかひとつの臓器が先に「機能不全」になり、それによって患者さんが死亡してしまうからです。

 

 

では、いくつもの臓器が一度に機能不全になる理由は何なのでしょう?

 

それは、全身への"血流"が途絶するからです。

肺でも肝臓でも腎臓でも、血液が供給されなければ、すぐに機能不全に陥ります。

 
 

では、血流が途絶する理由は何か?

 

多くの場合、肺炎や敗血症など「重篤な感染症」があります。

そして、その影響で血管内の血液がほぼ一瞬にして凝固し、「血栓」が出来ることで血管内部が(多数の血栓により)目詰まりするので、血液が流れなくなるのです。

 
 

では、ガンの患者たちに感染症が生じる理由は何か?

 

それは、手術や抗ガン剤の副作用です。

手術後にはメスが入った部位に「膿瘍」が生じやすく、それから肺炎や敗血症に発展します。

また、抗ガン剤では副作用で骨髄障害が生じ、白血球が減る為、感染症になりやすいのです。



<参考文献>
もう、がんでは死なない ~二人に一人ががんになる時代の最高の治療法~
(マガジンハウス・2020)
著者:近藤誠

 


ガンには定義がない?

今回は「ガンには定義がない?」というテーマです。
 
 
 
良く耳にする「ガン」という言葉。
実はガンには「定義」がありません。
 
「ガンとは何か?」を言葉で表すことができないのは、ガンの個々の性質の違いによって統一的に表現することができないからなのです。
 
 
では、どうやって診断をしているのか?
 
「病理医」という医師たちが、細胞や細胞の集まりである組織をガンと診断すると、その病変は「ガン」になります。
つまり、細胞や組織の「顔つき」から「ガン」か「良性」かを判断するわけです。
 
しかし、例えるとこれは人の「人相」を見て「性格」を占うことと一緒です。
人間社会には人相が悪い人たちがいますが、彼らは善人と悪人とに分かれます。
そのため、「人相」を理由に「悪人」と決めつけられて刑務所に入れられることはありません。
 
ところが、医療の世界では細胞や組織の「顔つき」から「ガン」や「悪者」と決めつけられ、臓器の死刑(切除術)が実施されるのです。
その結果、いろいろな問題が生じます。
 
胃ガンを例にとると、日本で「早期胃ガン」と診断される病変が欧米では「良性」と診断されたりします。
 
また、本質は「単なる炎症」である病変が「胃の悪性リンパ腫」や「子宮頸がん」と診断されることも頻発しています。



<参考文献>
もう、がんでは死なない ~二人に一人ががんになる時代の最高の治療法~
(マガジンハウス・2020)
著者:近藤誠

酵素風呂「きばこ」より。 今年もよろしくお願い致します。

新年明けましておめでとうございます。
2022年、今年も酵素風呂「きばこ」をよろしくお願い致します。


今年も寒い日が続いています。
そんな中、「少し寒いけど、我慢すれば大丈夫」とお思いの方は要注意です。

身体は「冷え」に対して敏感です。
ほんの少しの冷えでも、身体にとっては大きな影響を与えます。


そのため、身体をしっかり温めるケアが必要となってきます。
防寒対策はもちろんのことですが、「酵素風呂」に入るということも身体を温める選択肢の1つだと思います。


身体の芯から温まることができる「酵素風呂」をぜひ体感してみてください。


酵素風呂「きばこ」は今年も皆様の「健康」に携わり、お手伝いをさせて頂きたいと考えております。



酵素風呂「きばこ」より。 今年も1年お世話になりました。

今年も昨年に続き、「コロナ」の年に感じる1年でした。
しかし、少しづつではありますが、日常生活が戻ってきたような1年でもありました。

ただ、まだ終息というわけではないので、この先も気を緩めずに感染防止に徹底していくことが大事なこととなります。


そして、酵素風呂「きばこ」は今年開店14周年を迎えました。
これも偏に皆様のご愛顧によるものであり、心より感謝しております。

酵素風呂「きばこ」では、引き続き、コロナウイルス対策として予防対策としての「マスク着用」や店舗内の「消毒」、各部屋の定期的な「換気」を毎日徹底しております。

[きばこ酵素風呂の新型コロナウイルス予防対策]



来年も酵素風呂「きばこ」をよろしくお願い致します。
きばこ酵素風呂

ガンの性質の違い

今回は「ガンの性質の違い」というテーマです。

 

 

 

ガンの性質については、そのケースによって異なります。

一概に「ガン」と診断されても、

●他の臓器に転移するもの、転移できないもの

●周囲の組織や臓器に浸潤するもの、できないもの

●ガン細胞の分裂が速いもの、ゆっくりなもの

といったように性質が違うのです。

 

このように性質が異なるのは、個々のケースでガン細胞が持つ「変異遺伝子」の組み合わせが異なるからです。

 

そして、ガン細胞が分裂していくとき、「変異遺伝子」の組み合わせは(子孫の細胞に)受け継がれていくので、一度獲得した性質は変わりません。

 

例えば、転移できない性質であれば、細胞分裂を、重ねていっても、最後まで転移できないことになります。

 

なお、性質が異なるものが全て「ガン」とされているのは、性質の違いを診断する方法がないからです。




<参考文献>
もう、がんでは死なない ~二人に一人ががんになる時代の最高の治療法~
(マガジンハウス・2020)
著者:近藤誠


医療は発ガン率を上昇させる?

今回は「医療は発ガン率を上昇させる?」

 

 

 

医療の進歩により、様々な治療法が確立されてきました。

 

しかし、治療行為の中には「変異遺伝子」を生み出し、「発ガン率」を上昇させるものがあるのです。

 

そして、発ガン率が高いのは種々の「ガン治療」行為によるものです。

 

例えば、「抗ガン剤」の多くは遺伝子を傷つけることにより、「ガン細胞」をやっつけようとしますが、同時に「正常細胞」の遺伝子をも傷つけてしまい、「変異遺伝子」を生み出してしまうのです。

 

そのため、患者さんが(ガンや治療によって死なずに)生き続けると、発ガン率が上昇します。

 

そして、抗ガン剤は全身くまなく行き渡るため、どの部位に「ガン」が出来ても不思議ではありません。

 

 

また、放射線治療も(患者さんが生き続ければ)「発ガン」の原因となり、「放射線発ガン」とか「放射線誘発ガン」などと呼ばれます。

 

発ガンする部位は放射線をかけた範囲とその周辺に限られますが、遺伝子を傷つける力は(抗ガン剤より)強いので、発ガンの可能性はかなり高いと言えるでしょう。




<参考文献>
もう、がんでは死なない ~二人に一人ががんになる時代の最高の治療法~
(マガジンハウス・2020)
著者:近藤誠


<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

きばこ酵素風呂

お電話でご予約下さい!

045-306-9874

住所
神奈川県横浜市港北区鳥山町387-2
定休日
不定休
営業時間
11:00~最終入酵 18:00
(短縮営業日あり)
*詳しくは『営業カレンダー』をご覧下さい

このページのトップへ
このページのトップへ