HOME > ブログ > 3ページ目

ブログ 3ページ目

身体の痛みの原因は酵素不足の生活? ~酵素不足と痛みの関係性~


今回は酵素不足と痛みの
関係性について書いて
いきたいと思います。




意外に思うかもしれませんが、痛みの原因は酵素不足の
生活と関係がある
ことをお話ししていきます。



少し極端な例ですが、肉などの動物性タンパク質・ショ糖・
質の悪い油などを多く摂る食生活を続けているとどうでしょうか?

動物性タンパク質は胃腸で消化するのに時間がかかり、
多くの「消化酵素」を必要とします。
また、多量の摂取により消化不良を引き起こしやすく、
消化されなかったタンパク質のかけらが血管に詰まる
ことで、末梢の血管まで血液が届きにくくなります。

ショ糖や質の悪い油も消化に大きな負担がかかり、多量の
摂取は血液をドロドロにして血流を悪くしてしまいます。

こうした血流の悪化によって、身体には頭痛や腰痛、肩こり
や手足のしびれなどが引き起こる可能性があります。




また、上記のような酵素の足りない食生活を送っていると、
体内の「代謝酵素」が不足してしまい、代謝不全の状態に
陥りやすくなります。


代謝がうまく機能しないことで、身体の免疫力や排泄力
などが低下してしまい、体調不良や病などを引き起こす
おそれがあります。




さらに、酵素不足の生活はミネラルのバランスを崩して
しまうこともあります。

ミネラルは酵素の活動を補助する働きをする「補酵素」
であり、私たちの身体は様々なミネラルを必要とします。

例としてマグネシウムを挙げてみます。
マグネシウムは体内の約300種類の酵素を活性化させる
「補酵素」
としての役割を果たすので、私たちの人間の
身体を健康に保つために非常に重要な働きをします。

そのため、マグネシウムが不足すると当然のことながら
代謝が悪くなってしまいます。


また、マグネシウムとカルシウムは密接な関係にあり、
不足によることで両者のバランスが崩れてしまい、
や筋肉に影響を及ぼしてくるおそれがあります。





このように、身体に痛みが出るには酵素不足が関係
しているのです。


痛みを感じたら、「もしかしたら酵素不足の生活をして
いるのかも?」ということも考えてみて下さい。






{関連記事はこちら}
[消化酵素と代謝酵素の関係性とは?]
[ショ糖(砂糖)による悪影響とは?]
[動物性食品と植物性食品について]
[質の悪い油に注意しましょう]
[油の種類について]
[栄養素マグネシウムについて]
[動物性タンパク質と動物性タンパク質について]
[酵素不足は肥満を招く?]

「痛み」は健康を見直すきっかけ? ~痛みと言う名の危険信号~

以前、痛みの原因がその箇所ではなく、実は別のところに
ある可能性がある「痛みの裏側には病が潜んでいる」
いう話について少しお話ししました。




今回はその「痛み」について
少し考えてみたいと思います。

「痛み」は辛いことであり、
なるべくならば感じたくは
ないものです。




しかし、「痛み」というものをどう捉えるかによって
考え方は大きく変わってきます。


例えば、身体に痛みが出るということは、身体が私たちに
何かしらのサインを送っているという考え方もできます。

もちろん、痛みがあるときには辛いと感じることでしょう。
しかし、そうした思いを「健康について見直すきっかけ」
という考え方で捉える
とどうでしょうか?

痛みの原因を考えることにより、今までの食生活や生活習慣
などを今一度見直すことができると思います。

そして、その見直しが健康に過ごしていくための行動にも
繋がって
くると思います。

そうすれば痛みによる辛い体験も、決して無駄にはならない
はずです。





薬が「毒」になる危険性とは? ~薬に頼りきりにならないこと~

今回は「薬」についての話です。




薬は疾病の治療や予防などに用いられ、ほとんどの方が使用した
経験があると思います。



しかし、「薬」は自然界には
ない化学物質を使ったもの

大半を占めており、長期間の
慢性的な服用は私たちの身体

にとっては「毒」となる危険性
が高くなります。




例えば、鎮痛剤は急性の痛みに対して効果がありますが、
この効果は一時的なものです。
そのため、慢性的な痛みに対しては鎮痛剤を続けて使用
していく必要があります。
しかし、鎮痛剤に頼り続けることで身体は別の不調を
引き起こすおそれがあります。


また、薬は病気の症状を抑える「対症療法」に有効ですが、
病気の根本的な原因は治すことができません。



例えば、高血圧症の治療に血圧のコントロールとして降圧剤
を服用します。
降圧剤の効果で症状は一時的には治まりますが、降圧剤は
飲み続けていくことになります。
なぜなら、その症状に対しての根本的な原因が治っていない
からです。
そのため、この治療は極端に言うと、生涯薬を飲み続けると
いうことになります。



このように本来、「病気を治したい」という思いで長期間に
わたって薬を服用してしまうことが、逆に身体に様々な
悪影響を引き起こしてしまうという、本末転倒な結果を
招いてしまうのです。


そのため、「薬」に頼りすぎることは極めて危険なこと
と言えます。

薬には、何かしらのリスクが伴います。
そのことを忘れずに使用することが大事なことです。





{関連記事はこちら}
[病の原因について考えること]
[薬の長期的な使用を控えるわけとは?]
[薬剤性ストレスについて]
[睡眠薬が睡眠障害を引き起こす?]



身体の疲労や痛みは酵素不足が原因? ~身体に必要不可欠な酵素~

前回、疲労や痛みの裏側に潜む病の可能性についての話をしました。





今回はどうすれば疲労や痛みを緩和・改善できるのかという話を
書いていきたいと思います。



十分な休息ということも、
もちろん答えの1つですが
ここでは酵素栄養学の観点から
「酵素を浪費しない、酵素を
補給する」
ということを意識
していただきたいと思います。



以前にもお話ししましたが、酵素とは「生命の維持に必要不可欠
なもの」
であり、端的に言ってしまうと酵素なしでは生きていく
ことができないのです。


酵素が不足してしまうと、それに伴う代謝や免疫力の低下により
病に侵されやすい身体になってしまうのです。


もう少し説明すると、酵素不足が続くことで身体の代謝が悪く
なってきます。
身体の代謝が悪くなることで、体内の毒素や老廃物などの排出
が上手くいかなくなります。
また血流も悪くなることで、身体全体に血液がうまく循環されず、
身体の冷えにも繋がってきます。
こうしたことから、慢性的な肩こりや腰痛、疲労などに悩まされて
いくのです。


そんな酵素が不足してしまう大きな要因は「生活習慣」にあります。
例えば、夜更かし・朝寝坊といった不規則な時間の生活や毎日の
喫煙・飲酒生活、コンビニの弁当や外食中心の生活など、この
ような生活を続けていくことで体内の酵素は浪費されていき、
病気の原因になるおそれがあるのです。



そのため冒頭でお話ししましたが、「酵素を浪費しない、酵素を
補給する」ということを意識した生活を送ることがとても大事な
ことと言えます。

酵素の無駄使いを防ぎ、体内にある酵素を温存することで、身体
の中に酵素が十分にある状態であれば、代謝や免疫力の向上に
繋がり、病気を寄せ付けない健康な身体を維持できるのです。






{関連記事はこちら}
[酵素の働きとは?]
[消化酵素の浪費が病気を引き起こす?]
[酵素を摂り入れる食生活を]




身体の疲労や痛みの裏側には病が潜んでいる?

皆さんはよく、「疲れがとれない」・
「元気がない」・「調子が悪い」
など疲労や肩こり・腰痛といった
痛みに悩んでいませんか?



現代社会の環境下において、そうした悩みを抱えている方
は多いかと思われます。




現代人の中には疲れが溜まっている状態であっても、仕事を
休むわけにはいかないといった理由などで、そのまま多忙な
日々を送っている方が多くいます。
しかし、そのような日々を送っていれば当然のことながら
身体は倦怠感を感じ、やる気もなくなってくることで仕事
の効率も悪くなってきます。

また、肩こりや腰痛といった痛みを感じていたとしても、
一時的なものと思って放っておいては、やがて慢性的な
痛みに悩まされていってしまいます。



そして、たかが肩こりや腰痛といって甘く見てはいけません。
私たち人間の身体というものは、ある種よくできているもので、
例えば内臓などの臓器に異常が起こることで、身体に痛みを
感じます。
つまり、身体は内部の異常を外部に「痛み」という危険信号を
送り、
私たちに知らせてくれるのです。


そのため、ただの肩こりや腰痛として放置していると、実はその
裏側で身体は病に侵されているといったこともあり得るのです。





正しい姿勢は精神面にも影響する? ~姿勢を正すメリット~

今回も「姿勢」について書いていきたいと思います。






前回の姿勢と精神の
関係性の話から姿勢を
正すメリットは身体的
なことだけでなく、
精神的にも影響を
及ぼします。




例えば人間は嫌なことや辛いことなどがあると、自然と肩が
落ち、身体は前かがみの姿勢となり、目線が下がります。

逆に楽しいことや嬉しいことなどがあると、胸を張ることで
目線は上がります。

このように心(精神)と姿勢には繋がりがあります。



そして、私たちの心や感情といった精神状態は良くも悪くも
日々変化するため、常に一定というわけにはいきませんが、
姿勢については自分の意思で一定に整えることができます。



例えば背筋を伸ばすことで、自然と気持ちが引き締まっていき、
物事に対して前向きの気持ちが生じてきます。

これは心の反映ともいえる姿勢を前向きなものに変えていく
ことで、気持ちを前向きな状態に変えることができるためです。

こうした精神面の影響は家庭でも社会でも生活をする上で、
とても重要なものです。



以前に「運動の習慣化」をすすめてきましたが、これは身体的な
メリットだけでなく、毎日続けていくことでその運動があなたに
とっての「プレショットルーティーン」となっていけば、幸いと
いう思いです。

そして姿勢を意識した運動により、気持ちが前向きになることで
精神的に大きな影響があります。


こうした影響は低体温の大きな要因ともいえるストレスに対して、
とても効果的なものです。






{関連記事はこちら}
[運動の習慣化のすすめについて]
[プレショットルーティーンとは?]
[病気の始まりはストレスから?]
[低体温の原因は?]


「姿勢」と「精神」の関係とは? ~プレショットルーティーン~

今回は「姿勢」と「精神」の関係性について書いていきたいと思います。





わかりやすい例として、「姿勢」と「精神」の関係性をスポーツの
世界で例に挙げてみます。


世界的に有名な野球選手であるイチロー選手はバッターボックスに
入るといつも決まった動作をしているのにお気づきでしょうか?


知っていらっしゃる方も多いと
思いますが、右手一本でバット
を持ち、その腕をまっすぐ前に
伸ばして左手は右肩に添えて、
視線は一点を見つめるという
動作です。


イチロー選手はこの動作により、精神を統一することで心と身体の
準備をして、打席の勝負に集中力を高めています。



こうした一連の動きと心の準備を行うプロセスを
「プレショットルーティーン」と言います。


これはもともとはゴルフの世界で使われている言葉でありますが、
現在では多くのプロスポーツ選手が取り入れているため、広い意味
での言葉として使われています。


プレショットルーティーンは毎回ほぼ同じ手順や動作を行う
ことで、その精度や成功率を高めることができます。


普段からいつも毎回同じように行うことによって、ストレスや
プレッシャーなどを感じる場面であっても、その手順や動作を
行うことによって、いつも通りの力を発揮することができるよう
になるのです。



つまり、一連の動作や手順を毎回同じように行うことで、その
間の思考パターンも同じにすることが可能となり、頭の中から
マイナスの考えを排除することで、集中力を最大限に高めること
ができるというわけなのです。

正しい姿勢は健康を支えている? ~姿勢を正すメリット~

今回は「姿勢」について書いていきたいと思います。





私が子供の頃はよく、
お腹とお尻に力を入れて
背筋を伸ばす
といった、
いわゆる正しい姿勢を
意識する
ように言われて
きました。


こうした姿勢は食事や勉強、読書など日常の様々な状況
において教えられてきました。

しかし、最近の子供の姿勢についてはあまり意識されて
いないためか、猫背や背骨の歪んだ子供が増えてきた
ように感じます。



以前にも少しお話しましたが、骨は私たちの身体を
支えているだけではなく、血液を作り、身体の免疫
にも関わってくる大事なもの
です。

そんな骨が歪んでしまったりしてしまうと、骨の本来
の役割ができなくなり、その結果として病になるおそれ
があります。


そうした意味で正しい姿勢というものは身体だけでは
なく、健康も支えている
ことと言えます。





関連記事:寝るときの姿勢が健康に影響する?

朝のウォーキングで健康に。 ~運動の習慣化~

以前、運動についての話を何度か話してきましたが、
今回は朝の運動について少し書いていきたいと思います。





よく、朝のウォーキングが健康に良いと言われているのは
なぜでしょうか?



ウォーキングやジョギングなどは
有酸素運動であるため、身体の
脂肪燃焼にとても効果的な運動です。

そのため、こうした運動は身体の健康
維持や管理に大きく
関わってきます。




特に朝は1日の中で体温の低い時間帯であるため、この
時間帯に身体を動かすことは体温の上昇に繋がります。

朝の運動によって身体をしっかりと温めることで、その日
の体調が変わってくると言っても過言ではありません。


そんな影響を与える朝の運動であるため、皆さんに
「習慣化」していただきたいことなのです。

注意点として、割と気軽にできるウォーキングですが、
ウォーキングも立派な運動です。
そのため、いきなり身体を動かすと筋を痛めてしまう
おそれがあるので、準備運動が必要です。
特に朝は身体が硬くなっているため、ストレッチを
行ってから始めるようにしましょう。





また歩く際、ただダラダラと歩くのではなく、お尻の穴を
引き締めて歩くという意識をもって歩く
ようにしましょう。

というのも、お尻の穴、つまり肛門を意識するということ
はとても大切なことだからなのです。



なぜ大切なのかというと、私たちの肛門の周りにも筋肉が
あり、その筋肉である「括約筋」という筋肉が加齢ととも
に衰えてきて、筋肉が弱くなってきます。


すると例えば、おならをしたつもりが誤って便が出て
しまうといった状態に悩まされるおそれもあります。

将来的にそのようなことにならないために括約筋を
鍛える必要があります。
そして、この括約筋のトレーニングとして、歩く時に
肛門を意識的に引き締めることが非常に効果的なのです。

このトレーニングを続けていくことで、尿失禁などの
改善にも繋がってきます。

また、括約筋を鍛えることで身体のヒップアップ効果も
期待できる
ので、ぜひとも取り組んでみて下さい。

水分補給に冷たいものは避けましょう。 ~白湯(さゆ)のすすめ~

今回も水分補給についての話ですが、その内容に関して
気を付けて頂きたいことがあります。





それは「冷たい飲み物を飲まない」ということです。
これは一年中の話であり、寒い冬の日はもちろんのこと、
暑い夏の日でも飲まないように心掛けてください。





なぜならば、冷たいものを飲む
と体温は急速に低下していきます。

特に朝の時間の体温は低い状態に
あるので、そこに冷たいものを
入れてしまうと当然、体温が下がり
すぎてしまいます。


何度もお話ししていますが、
体温と健康は密接な関係であるため、
体温を下げないためには冷たいものは
飲まずに、温かいものを
飲むように
することが大事なことです。





その温かい飲み物の中でも「白湯」が最も身体に適しているといえます。


朝はコーヒーや紅茶、お茶などを飲む
いう方も多いと思いますが、実はこれら
の飲み物にはカフェインが含まれている
ため、利尿作用
があります。

そのため、水分を摂っているようでも
身体を脱水させてしまって
いる意味で
水分補給にはならないのです。




朝の時間帯は身体の生理リズムでは「排泄」の時間であるため、
身体の老廃物や毒素を排出する働きを行っています。

その排泄の作業には水分が必要不可欠であり、利尿作用のある
飲み物を摂ることは、その必要な水分までも排出させてしまう
ので身体のデトックス効果に影響を及ぼしてきます。



ここで誤解をしないでほしいことは、カフェインの含まれる
飲み物を飲んではいけないというわけではなく、飲む時間帯
に気を付ける
ようにすることです。

朝の時間帯は白湯を飲むようにして、コーヒーや紅茶、お茶
などの飲み物は正午過ぎに飲む
ようにすると良いでしょう。



また、水分補給にジュースなどの果汁飲料やコーラなどの炭酸
飲料といった飲み物は好ましくありません。

これらの飲み物は味や香りがあるので、水と比較するとおいしく
感じると思いますがカロリーが高く、糖分の摂りすぎとなって
しまうために
水分補給としては不向きです。

スポーツドリンクなども汗をかく運動時には適していますが、
日常
に飲む分には糖分の摂りすぎとなってしまいます。






関連記事:[生理リズムの3つの時間帯とは?]



<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

きばこ酵素風呂

お電話でご予約下さい!

045-306-9874

住所
神奈川県横浜市港北区鳥山町387-2
営業時間
10:50~20:30
定休日
不定休
入酵受付時間
11:00~18:00
(時期により営業時間短縮あり)

このページのトップへ
このページのトップへ