HOME > ブログ > 3ページ目

ブログ 3ページ目

いい便を出すための条件とは? ~5つのポイント~

前回まで「いい便」であるポイントについて書いてきました。



今回はその「いい便」を出すためにはどのようにすると
良いのか書いていきたいと思います。



ポイントとしては5つあります。

①食物繊維の量が多いこと。

食物繊維は身体の中の食物の残りカス
を集め、便としてまとめる
働きをする
ので、「いい便」を作るのに欠かせない
ものです。


また、食物繊維を摂取することは排便量
が増えるとともに、
腸内環境を整えて
                                                   くれる役割も果たします。




②良質な油が含まれていること。

油は便をスムーズに移動させて、体外
に排出する役割があります。

そのため、油が少ないと便がスムーズ
に出なくなることがあります。

しかし、油が多すぎると下痢を起こす
おそれがあるので注意が
必要です。




③水分が多いこと。


便は70~80%程が水分であるのが理想です。

そのため、水分不足であると便秘を引き起こす
おそれがあります。







④食物酵素が多いこと。


生野菜や果物、発酵食品など酵素が含まれて
いるものを食べていると、
酵素の働きにより
消化が良くなることで、便通がよくなります。







⑤身体を温かくすること。

排便には腸のぜん動運動が関わっており、この働きが不十分で
あると便通は悪くなります。


このぜん動運動は、体温が低い状態であると少なくなります。

ぜん動運動の働きを活発にするには、体温を高い状態にすること
が必要となってきます。

そのためには、身体を温めるということが重要となってきます。

また、何度も言っていることですが身体を温めることは「便」
ということだけにとどまらず、身体全体に対して好影響を
及ぼします。





そして、身体を温めるには
「酵素風呂」
が特におすすめです。
酵素風呂で身体を温めて、健康な
身体を目指しましょう。

「便」であなたの健康がわかる? ~いい便であるポイント⑤~

最後は、ポイント⑤「量は1日に300g以上が理想」
について書いていきます。




日本人の平均的な1日の排便量は150~200g程度
言われています。

見た目の量としては、バナナ1~2本程度と思って
いただければわかりやすいかと思います。

また、食物繊維を多く摂っている方は便の量が増え、
200~300g程度と言われています。


この1日の平均排便量は約1回の排便量程度に相当するので、
1日2回以上の排便が理想の量となります。



便の量も、普段の生活習慣が大きく影響してきます。
不規則な食生活などに気を付け、食物繊維や水分の
摂取を意識することが大切なことです。
また、適度な運動も心掛けるようにしましょう。





「便」はあなた自身の
健康のバロメーター
です。
そうした意味で、排便時に
便を観察する習慣をつける
と良いです。


便の形状や色の異常が出たとき、便の量や回数が普段と
異なるときなどは、身体の中で何かの異変が起きている
可能性があります。


それは別の意味で消化・吸収・排泄という身体の生理
リズムの乱れが生じてきているともいえます。






{関連記事はこちら}
[生理リズムの3つの時間帯とは?]

「便」であなたの健康がわかる? ~いい便であるポイント④~

続いて、ポイント④「最低1日1回の便通」について書いていきます。




便通という話になると、必ずと言っていいほど
「便秘」の話が出てきます。

話が少し逸れますが、便秘についても少し説明していきます。

便秘と一言でいっても様々な症状があります。


便秘の診断基準というものがあり、それによると
◎「便秘症」の診断基準
以下の6項目のうち、2項目以上を満たす
 a.排便の4分の1超の頻度で、強くいきむ必要がある。
 b.排便の4分の1超の頻度で、兎糞状便または硬便である。
 c.排便の4分の1超の頻度で、残便感を感じる。
 d.排便の4分の1超の頻度で、直腸肛門の閉塞感や排便困難感がある。
 e.排便の4分の1超の頻度で、用手的な排便介助が必要である。
 f.自発的な排便回数が週に3回未満である。

◎「慢性」の診断基準
6カ月以上前から症状があり、最近3ヵ月間は上記の基準を満たしていること。


といった基準があるようです。


つまり便秘とは、簡単に言ってしまうと腸内に便が長期間溜まって
しまっている状態
のことを言います。
こうした腸内環境から、悪玉菌の増殖により様々な有害物質が発生
することで、腸内に悪影響を及ぼします。


便秘の要因として、野菜不足の食生活や夜更かしなどによる睡眠不足、
日常の運動不足などの生活習慣やストレス、薬の服用による胃腸の
働きの低下などがあります。


そのため、便秘の改善には日常の生活習慣を見直すことが大事なことです。
肉中心の食生活を避け、睡眠時間の確保や、体操や散歩など身体を動かす
ことなどを取り組んでみるとよいでしょう。






さて、話を本題に戻します。

先ほどの便秘の診断基準の中に「自発的な排便回数が週に3回未満」
というものがありますが、やはり便が腸内に長く留まっているという
ことは腸内環境的には良くありません。



そうした観点からすると、
良好な腸内環境であるため
には1日1回の便通が必要

考えられます。






「便」であなたの健康がわかる? ~いい便であるポイント③~

今回は、ポイント③「色は黄褐色」について書いていきます。




便の色も、健康を知る上で重要な判断材料となります。


正常な便の色は「黄褐色」ですが、食物や腸内環境によって
便の色が変化します。


例えば、肉類の多い食事を続けていた場合は濃褐色の便に
なり、緑色野菜を大量に食べた場合は緑色の便になります。

このような便が出たときには、食生活を一度見直してみる
ことが必要です。




そして、特に気を付けていただきたい便の色が次の3つです。
これらは腸内環境が主な原因で起こるものです。


◎まず1つ目は「赤い便」(血便)です。
これは肛門に近い部位に何か問題があるときに起こります。

原因として多いのはイボ痔や切れ痔などによるものですが、
大腸の病気による出血の危険性もあり、大腸ガンや直腸ガン、
潰瘍性大腸炎などの病気のおそれがあります。


そのため、赤い便は単に痔からの出血だろうと安易に
自己判断することは禁物です。



◎続いて2つ目は「黒い便」(タール便)です。
これは胃や小腸、十二指腸など比較的肛門から遠い部位
での出血によるものです。
出血した血液が腸内細菌による分解を受けて、タールの
ように黒く変色するため、タール便とも呼ばれています。


病気のおそれとして胃ガン、食道ガン、十二指腸ガンや
胃潰瘍、十二指腸潰瘍など
があります。




◎最後に3つ目の「灰白色の便」です。
先ほど説明した通り、正常な便の色は黄褐色であり、この
色は胆汁に含まれるビリルビンという物質によるものです。

この胆汁は肝臓で作られた後に十二指腸に流れていくのですが、
胆汁の通り道である胆管が詰まったり、肝臓の働きが悪くなる
ことで灰白色の便になります。


病気のおそれとして胆のうガンや胆管ガン、肝炎などがあります。

なお、小児でこの便が出た場合はロタウイルスによる胃腸炎の
おそれがあります。





「便」であなたの健康がわかる? ~いい便であるポイント②~

今回は、ポイント②「適度な太さ・固さ・長さがある」
について書いていきます。





いい便の形として「バナナ」
をイメージしていただくと
わかりやすいかと思います。





というのも、便の太さ・固さ・長さがバナナ1本分
ぐらいが理想
とされているためです。




そして便には適度な水分が含まれており、健康な
方の便は
70~80%程が水分で半練りの状態です。


便の水分量が少なくなるとウサギのフンのような
コロコロした便になり、便秘を引き起こすおそれ
があります。


逆に、水分量が多くなると水っぽい便になり、
下痢を引き起こすおそれがあります。



便秘や下痢便が出るときは、腸内環境に何かしらの
問題が生じていることが多いので、食事などの生活
習慣を見直していく必要があります。




「便」であなたの健康がわかる? ~いい便であるポイント①~

前回、いい便であるためのポイントを5つ挙げました。


今回は、ポイント①「嫌なにおいがほとんどしない」に
ついて書いていきます。





普通「便は臭いもの」と
思われていますが、実は
いい便はほとんどにおい
がしないものなのです。





便のにおいは食物の内容や腸内環境によって変わってきます。

悪臭の原因は、腸内細菌によってタンパク質が分解された際に
できるインドール、スカトールなどの物質によるものです。


これは肉などの動物性タンパク質や白砂糖(ショ糖)の過剰摂取
による消化不良が原因で起こります。


消化不良が起こることで、腸内では悪玉菌が増殖して腐敗が起こります。
そこから発生する有害物質によって、便のにおいがきつくなるのです。




つまり消化不良による腐敗によって、便のにおいが変化するため、
腸内にタンパク質の代謝物がほとんどない状態で、しっかり消化が
されていれば、便のにおいが少ない「いい便」といえるのです。







{関連記事はこちら}
[消化不良に注意すること]
[消化不良を引き起こす原因とは?]

「便」であなたの健康がわかる? ~便は消化器官からのメッセージ~

今回は「便」について書いていきたいと思います。




便と聞くと、あまり良い
イメージはないかも
しれませんが、人間が健康
を維持していくためには、
良い排泄をすること
が大切
なことです。



例えば、「1日に何回もの下痢」・「3~4日に一度の排便」。
このような下痢や便秘が習慣的になってしまっている方は、
腸内環境に問題があることが多いと言われています。

そうした意味で、いい便が出ているかということをチェック
することは健康管理に繋がってくるのです。






では、「いい便」とはどのような状態をいうのでしょうか?

いい便であるための5つのポイントがあります。

①嫌なにおいがほとんどしない。
②適度な太さ・固さ・長さがある。
③色は黄褐色。
④最低1日1回の便通。
⑤量は1日に300g以上が理想。




これらの内容については、次回以降に書いていきたいと思います。



健康のカギとなる「代謝酵素」を温存するためには? ~生命活動に欠かせない酵素~

私たちの健康に大きく関わってくる「酵素」。


そんな酵素を大きく分けると、人間の体外にある「外部酵素」
体内にある「体内酵素」の2種類に分けられます。

さらに体内酵素は「消化酵素」「代謝酵素」の2種類に分け
られます。



それぞれの酵素を簡単にですが説明していきましょう。

外部酵素とは「食物酵素」のことであり、生の食物に豊富に
含まれる酵素です。


消化酵素とは口から取り入れた食物の消化・吸収活動の際に
不可欠な酵素です。

代謝酵素とは生命活動に重要な役割を果たす酵素です。



代謝酵素に関してもう少し説明すると、これがないと身体を
動かす、心臓が動く、血液が流れるなど生きていくうえでの
基本的な生命活動ができないのです。

また、免疫や自然治癒力の維持にも影響するので、病気に
なりにくい健康な身体を保つのに欠かせないものなのです。



そのため、体内の代謝酵素が少なくなると病気にかかりやすく
なります。

逆にいえば、代謝酵素が体内に豊富にあるように温存できれば
健康維持ができるというわけです。






では本題ですが、代謝酵素を温存するためにはどうすればよい
のでしょうか?

ポイントは消化酵素と代謝酵素の関係性にあります。

この2つの酵素には優先順位があり、消化酵素→代謝酵素の順
で使われていくため、代謝酵素の温存には消化酵素の浪費を
抑える必要があるのです。



そのためにはこれまで話してきたことを思い出してみて下さい。

①加熱食を食べ過ぎないこと。→[加熱食中心の生活に注意]
②過食をしないこと。→[過食の生活に注意]
③夜遅くの食事をなるべくしないこと。→[深夜の食生活に注意]
④砂糖使用の食品を控えること。→[様々な食品に使用されている砂糖の影響]
⑤スナック菓子など酸化した油脂の食品を控えること。→[酸化した油に注意]
⑥アルコールは飲みすぎないこと。→[アルコールの分解には酵素が必要]
⑦タバコは吸わないこと。→[タバコによる身体への影響]
⑧薬の摂取を控えること。→[薬の安易な使用に注意]


このような様々なことに気を付けることで、消化酵素の浪費を
抑えることができるのです。

 


酸性食品とアルカリ性食品とは? ~食生活の見直しを~

私たちが普段食べている食品には、「酸性食品」と
「アルカリ性食品」という分類の仕方があります。


これは食品そのものではなく、食品に含まれるミネラルが
酸性かアルカリ性かを判断して分類されます。


<参考>
酸性ミネラル:塩素・リン・硫黄。
アルカリ性ミネラル:ナトリウム・カリウム・カルシウム・
          マグネシウム。



◎酸性食品:肉類・魚類・卵・砂糖・穀類・酒類など。

◎アルカリ性食品:野菜・果物・海藻類・大豆製品・キノコなど。





普段の食生活で「お肉を良く食べる」、「毎日お酒を飲む」、
「甘いものが大好き」などといった方は酸性食品の摂りすぎ
の傾向が強いため、身体の体液が酸性に傾いてきます。


すると、人間の身体は体液を中性に保とうとするため、
体内のアルカリ性ミネラルが大量に消費されます。



具体例として、アルカリ性ミネラルであるカルシウムは
主に骨に含まれますが、体液が酸性に傾いている状態で
あると体液中和のために骨から出てきてしまいます。

体内のカルシウムは一度出てしまうと元に戻らない特徴が
あるため、酸性食品を食べ続けると出すぎたカルシウムが
結石となり、腎臓内や尿管などで詰まるおそれが生じます。

また骨の中のカルシウムが減るため、骨粗しょう症などの
病が起こりやすくなります。




こうしたアルカリ性ミネラルの流出を防ぐためには、
「食生活の見直し」が大事になってきます。

まずは、上記のような酸性食品の過食を避けることを
意識することが大切です。

またタバコも身体を酸性にするため、禁煙を心掛けましょう。


そして、アルカリ性ミネラルを
含む野菜や果物を中心に
食べる
ようにすると良いでしょう。


アルカリ性食品である大豆製品
の味噌や豆腐などは発酵食品
でもあり、豆腐の味噌汁なども
おすすめのメニューの1つです。




普段何気なく食べているその食品が、「酸性なのかアルカリ性なのか?」
ということにも注意を払う習慣が身に付くと良いでしょう。







{関連記事はこちら}
[砂糖による消化不良とは?]
[砂糖が身体に及ぼす悪影響とは?]
[動物性食品と植物性食品について]
[タバコの悪影響について]
[酵素の豊富な発酵食品について]
[果物の様々なメリットについて]




食品の摂り方次第では身体に悪影響を及ぼす? ~偏摂取は健康の弊害~

今回は、食品の摂り方によっては逆効果になってしまう
おそれのある話について書いていきます。




例として、「牛乳」
を挙げてみます。

牛乳は多くの方が身体
に良いと思われている
食品の1つです。



確かに、身体にとって良い食品ではありますが、ただ単に
たくさん飲むだけでは豊富な栄養素を体内にうまく摂り入れる
ことができず、逆に飲みすぎることで健康上の弊害が現れる
おそれがあります。



牛乳というと、骨を強くするイメージが強いですが、飲み方に
よっては骨を強くするどころか、骨の病気を引き起こす原因に
なりかねないという研究報告があります。





なぜ、そのようなことが起きるのでしょうか?

牛乳にはカルシウムやビタミンB群、たんぱく質などの栄養素
が豊富に含まれています。

しかし、その反面に動脈硬化などの原因となる飽和脂肪酸が
多く含まれているといったマイナスの面があります。


さらに、牛乳には骨の形成などに必要なカルシウムを骨に運ぶ
役割をする「マグネシウム」というミネラルが欠乏しています。


そのため、マグネシウムが不足した状態で牛乳をたくさん摂取
しても、カルシウムを骨に上手く吸収することができません。


なので、牛乳を飲む際にはカルシウムの吸収を助ける働きをする
マグネシウムが豊富な食品を摂るということが大事なことです。


マグネシウムはワカメや昆布などの海藻類、アーモンドなどの
ナッツ類、大豆など豆類、キノコ類に多く含まれています。







{関連記事はこちら}
[栄養素マグネシウムについて]
[油の種類 質の良い油とは?]




<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

きばこ酵素風呂

お電話でご予約下さい!

045-306-9874

住所
神奈川県横浜市港北区鳥山町387-2
営業時間
10:50~20:30
定休日
不定休
入酵受付時間
11:00~18:00
(時期により営業時間短縮あり)

このページのトップへ
このページのトップへ