HOME > ブログ > 5ページ目

ブログ 5ページ目

薬によるストレスにも注意。 ~薬剤性ストレスについて~

私たち人間の身体は「交感神経」と「副交感神経」という
2つの自律神経が交互に支配しており、その自律神経が
バランスよく働くことで身体の健康を維持しています。


そして、交感神経・副交感神経のどちらも過緊張により、
血流障害が引き起こり、低体温を招くことで病に侵され
やすい身体へとなっていく
という話を書いてきました。




今回は交感神経過剰になる原因の1つとして「薬」による
ストレスについて書いていきたいと思います。



一般的に薬は病気を治療したり、
緩和するためなどに使用され、
医療の分野において重要なもの
ではありますが、薬は私たちの
身体にとって負担のかかるもので
あり、ストレスになるのです。




日本は薬の使用が多い国として知られており、抗生物質の
使用が特に顕著とされています。

抗生物質は主に感染症などの治療薬として用いられていますが、
実は農薬や食品保存剤としても使われているため、薬を飲まない
方でも知らないうちに摂取してしまっているという場合があります。


抗生物質は交感神経を緊張させる薬であり、こうした摂取
により身体はストレスを受け、交感神経過剰の状態となって
しまい、様々な影響が生じてきます。


また意外なものとして肩こりや腰痛のときなどに使用する
「湿布」も交感神経も緊張させます。
湿布で病気?とお思いになるかもしれませんが、湿布を数十年と
長期間毎日使用していた結果、間質性肺炎という病気になって
しまったという事例があるようです。

間質性肺炎とは肺の中にある肺胞と肺胞の間の部分の組織が
繊維のように硬くなってしまう病気であり、肺が十分なガス
交換を行うことができなくなることで最悪の場合死に至ること
があります。



このように、薬による薬剤性ストレスは身近な問題として挙げる
ことができ、薬を使用する際には何でもかんでも安易に使用する
のではなく、必要最少限にとどめるということが大事なこと

言えます。



{関連記事はこちら}
[薬の長期的な使用は控えるわけとは?]
[薬を第一に考えないことについて]





自律神経の乱れは低体温を引き起こす?  ~副交感神経過剰による低体温~

前回、交感神経が過剰に働くことで生じる低体温に
ついての話を書きました。

今回は副交感神経が過剰に働くことで引き起こる
低体温の話
について書いていきたいと思います。




副交感神経は睡眠時やリラックス時といった身体が
休息の状態のときに働きます。

また副交感神経が優位になると、血管は拡張するので
血流は良くなります。



血流が良くなる点から、低体温について無関係に思えますが、
ダラダラした生活や運動不足の生活などが続いてしまうと
身体は副交感神経が過剰に働いてしまいます。


副交感神経が過剰に働いてしまうことで、身体は過緊張状態
となり、血液の流れが滞ってきます。



これはどういう事なのかというと、私たちの全身に流れている
血液は基本的にほぼ一定量で流れ、循環しています。
一定量を流れている血管が拡張した場合、血管が収縮している
場合と比較すると流れが緩やかになります。

自律神経のバランスが保たれていると、血管の収縮・拡張が
交互に行われますが、副交感神経が長期に渡り、過剰に働いて
しまっていると血管の拡張が続いてしまうことで血液の流れが
悪くなってしまい、その結果として全身に血液が行き届かなく
なることで身体は低体温になっていきます。




{関連記事はこちら}
[運動不足は冷えの原因?]
[ストレスからの身体の冷えについて]






自律神経の乱れは低体温を引き起こす?  ~交感神経過剰による低体温~

前回、自律神経のバランスが崩れてしまうことの危険性
について少し触れましたが、実際に自律神経のバランス
が乱れているかどうかを知るためにはどうすればよい
のでしょうか?



わかりやすい目安としては「体温」です。
体温が高い状態であればバランスが良く、体温が低い状態
であればバランスが崩れてしまっているとされています。

なぜならば、交感神経・副交感神経のどちらも過剰に緊張
してしまうことで血流障害が生じ、身体は低体温になって
しまうためです。




この自律神経の乱れにおける低体温のメカニズムについて、
簡単にですが説明していきたいと思います。

まず交感神経が過剰に働いてしまうことで引き起こる低体温
の話
から始めていきます。

交感神経は活動的な時に働きますが、長時間の労働やハードな
仕事などによる肉体的疲労、またその仕事による睡眠不足など
の「身体的ストレス」を受けることで過剰に働いてしまいます。
また、対人関係などからの「精神的ストレス」を受けること
でも過剰に働いてしまいます。



話が少し変わりますが、自律神経の働きは血液にも影響しており、
交感神経が過緊張状態であると白血球の中の「顆粒球」という
ものが増加する傾向があります。


一言で「白血球」と言っても、白血球を分類すると「顆粒球」・
「リンパ球」・「単球」という3種類に大きく分類されます。
顆粒球はさらに「好中球」・「好酸球」・「好塩基球」に分類
されます。

顆粒球(主に好中球)は白血球全体の半分以上を占めており、
体外からの細菌に対して反応します。
リンパ球は白血球全体の20~40%を占めており、細菌よりも
小さな異物であるウイルスに対して反応します。
単球は白血球全体の3~6%を占めており、顆粒球と同様に
細菌に対して反応します。

白血球の中の「顆粒球」は免疫機能に関わっており、増えること
は一見すると身体に良いことのように思われます。

しかし、顆粒球が必要以上に増えすぎてしまうと顆粒球が死滅した
際に発生する活性酸素により、血液が酸化してしまいドロドロの
血液へと変化してしまうのです。



ドロドロの血液では血流が悪くなり、
全身に血液が行き届かなくなること
で身体は低体温になっていきます。
低体温になると代謝や免疫力も下がって
くるので、病に侵されやすくなります。




自律神経のバランスが崩れると? ~生活リズムを整えること~

前回、私たちの身体は自律神経がバランスよく働く
ことで、健康を維持しているということを書きました。




何度か書いていますが、
自律神経はストレスにより
大きく影響されます。

なぜなら、自律神経の働き
をコントロールしている
のは
「脳」であり、ストレスの
認知を行っているのも
「脳」
                 であるためです。


そのため、ストレス状態が続いてしまうと自律神経の
バランスが崩れてしまうのです。




では、この自律神経のバランスが崩れてしまうと
どうなってしまうのでしょうか?

まず自律神経には元々、「日内リズム」というものが
存在しています。
このリズムは朝~夕方ぐらいまでは「交感神経」が優位
に働き、夜~朝にかけては「副交感神経」が優位に働く

というものです。


自律神経はそのときどきの行動により、その都度反応して
交感神経と副交感神経の切り替えを行います。


具体例を挙げると、眠気の状態で身体を動かすと目が
覚めるのは、休息状態である副交感神経優位の身体を
動かしたことにより反応して、活動状態である交感神経
優位の身体に切り替わったという事です。

他にも、食後に眠くなるというのは胃腸が活発に動く
ことにより、それまで交感神経優位の身体が副交感神経
優位の身体に切り替わるためです。


そのため、夜に仕事をしていれば交感神経が優位に働き、
日中でもゴロゴロしていれば副交感神経が優位に働きます。


しかし、このような生活は自律神経の日内リズムに
反しており、身体はストレスを受けてしまうことで
自律神経のバランスが崩れてしまい、病を引き起こす
おそれが生じます。



昔から、早寝早起きといった規則正しい生活が良いと
されてきたのは、そうした生活リズムが自律神経の
バランスを整えるうえで大事なことであったためなのです。

この話を機に、今一度ご自身の生活リズムを見直してみる
のもよいかと思います。



{関連記事はこちら}
[人間の生理リズムとは?]
[早寝早起きの睡眠が良いわけとは?]


自律神経の働きについて。 ~自律神経と健康~

今回は「自律神経」について書いていきたいと思います。



人間の身体は「交感神経」と「副交感神経」という2つの
自律神経が交互に支配しており、その自律神経がバランス
よく働くことで身体の健康を維持しています。



「自律神経」とは循環・呼吸・消化・発汗・体温調節・
内分泌機能・生殖機能・代謝などを
制御し、この働きに
より私たちの身体は健康でいられるのです。

もう少し簡単に説明すると、自らの意思と関係なく
無意識のうちに働いている神経
のことです。

例えば、手や足などは自分の意志により動かすことが
可能ですが、心臓や腸などの臓器の動きは意識的に
動かすことはまず不可能です。
そうした意識的に動かすことのできない身体の働きを
コントロールしているものが「自律神経」
なのです。

この自律神経は私たち人間にとって生きていくうえで
非常に重要なものであり、24時間働き続けています。



次に自律神経は
「交感神経」
「副交感神経」
の2つに分かれ、
それぞれの働き
があります。



「交感神経」が身体を支配すると、血管が収縮して
血圧が上昇、気道が拡張して心拍が速くなり、
胃や腸などの消化器系の働きが抑制されます。

「副交感神経」が身体を支配すると、血管は拡張して
血圧は下降、気道は収縮して心拍は緩やかになり、
胃や腸などの消化器系の働きが活発になります。

もう少し具体的に説明すると、交感神経は仕事などで
働いている
ときや運動しているときなど身体が活動的
な時に働きます。

副交感神経は寝ているときやリラックスしているとき、
食事の
ときなど身体が休息しているときに働きます。



このような自律神経の切り替えにより、身体は活動時と
休息時の
それぞれに適した状態に合わせることができるのです。





{関連記事はこちら}
[ストレスによる自律神経の乱れについて]
[ストレスによる身体への影響とは?]


病気の始まりはストレスから? 

今回は「ストレス」についての話を書いていきたいと思います。


病気の原因として細菌やウイルスなどがありますが、
医学の進歩により、病気の一因として「ストレス」
が関係していることがわかってきました。



一言で「ストレス」といってもその実体は様々あります。
肉体疲労や睡眠不足などから受ける「身体的ストレス」
と、仕事や対人関係などから受ける「精神的ストレス」
に大きく分けられます。

また、私たち人間の身体はストレスに対して様々な機能が
働いているため、ストレスと自覚していなくても身体が
ストレスによる反応を起こしている場合もあるので油断は
禁物です。



ストレスが加わると身体は様々な反応を起こします。
例えば、寒いときに身体が震えることや暑いときに身体
から汗が出ること、緊張により胸がドキドキすること、
恐怖により鳥肌が立つことなどもストレス反応の1つです。



ストレスに対して身体は
健康状態を保とうとしますが、
ストレス状態が長期間続いたり、
大きなストレスを受けたり
すること
で身体はストレスに対応することが
できなくなって
しまい、それが自律
神経やホルモンのバランスを崩して
しまう
ことで「病気」の始まり
という
                                                  ことに繋がってくるのです。




{関連記事はこちら}
[ストレスによる身体への影響とは?]
[ストレスで身体が冷える?]
[低体温の原因はストレスにあった?]
[睡眠の重要性について]
[病気にならないための心掛けとは?]



スロートレーニングのすすめ。 ~スロトレは安全な筋トレ~

前回、スロートレーニングについて書きましたが、
今回はこのスロトレが安全な筋トレというお話を
していきたいと思います。



まず初めに、スロトレは効果的な筋肉トレーニング法
として知られている「加圧トレーニング」からヒント
を得て生まれたものであり、加圧トレーニングとは
簡単に説明するとベルトなどで筋肉に流れる血液を
制限した状態でトレーニングを行うことにより、
無酸素運動の効果を引き上げるトレーニング方法です。



私たち人間は無酸素状態で運動することで、筋肉内に
「乳酸」という疲労物質が溜まります。

この乳酸という物質が筋肉を鍛えるうえで非常に重要な
役割を果たすのです。



筋肉の増加を促進させる成長ホルモンはごく普通の筋トレ
を行う事でも分泌されますが、無酸素運動により乳酸が
溜まった状態であると成長ホルモンの分泌量が数百倍と
いうレベルで急増するのです。


この成長ホルモンの急増が、加圧トレーニングの効果と
して現れてくるのです。
もう少し説明すると、加圧トレーニングは血流を故意に
制限することによって、身体に酸素や栄養素が十分に
行き渡らなくなり、身体は無酸素状態になっていき、
それと共に身体のエネルギー供給も止まっていきます。
このような状態を作り上げて、身体から乳酸をより効率的
に出させることで成長ホルモンを引き出していき、筋肉を
増やしていくというわけなのです。


このように効果的な加圧トレーニングですが、血流を
制限して行うため、個人で行うには危険が伴います。
血流制限による血流障害や血栓などのリスクがあるため、
専門のトレーナーの指導が必要となってきます。




その点、スロートレーニングは血流を
制限しないで
行うため、1人でも安全
に行うことができます。

また、ゆっくりとした動作で軽い負荷
でも筋肉を鍛える
ことができるため、
関節などへの負担も少ない点などから、

安全にトレーニングを行うことができます。



筋肉が増えれば、基礎代謝も体温も上がっていきますので、
それぞれご自身の体力に合わせて、スロートレーニングを
生活の中に取り入れていただければと思います。


スロートレーニングのすすめ。 ~効果的に筋肉を鍛える方法~

突然ですがみなさん、「スロートレーニング」という言葉を
聞いたことはありますか?



スロートレーニング(通称:スロトレ)とはその名の通り、
ゆっくりとした動作で行う筋肉トレーニングの方法です。



例えば、スクワット1回の動作を
1分近くかけて行うのです。
これだけでも立派な筋トレなのです。
まず30秒ぐらいかけてゆっくりと
腰を落としていき、30秒ぐらいかけて
ゆっくりと腰を元の位置まで戻していく。
その際に呼吸の回数を減らして、
できる限り無酸素に近い状態で行う事
もポイントです。




ゆっくりと動くことで筋肉が持続的に緊張し、筋肉内には
「乳酸」という疲労物質が溜まっていきます。

その結果、筋肉の成長に必要な成長ホルモンが大量に
分泌されることで、筋肉の成長が促されていくのです。



つまり、スロートレーニングは軽い負荷の運動でも、
筋肉の成長に大きな効果が期待できる
という特徴があります。

そのため、男性だけではなく女性や高齢者なども効果的に
筋肉を鍛えることが可能な筋肉トレーニングと言えます。




そして、スロートレーニングにより筋肉を鍛えることは、
単に筋肉量が増えることだけではありません。

筋肉は基礎代謝や体温を高め、免疫力の向上にも影響する
という点から身体の健康にも繋がってくるのです。


筋肉トレーニングは適度に。 ~毎日行う事は逆効果?~

これまで、基礎代謝の上昇や体温上昇による冷えの
予防・改善などに対して、筋肉トレーニングを行う
ことが効果的な方法の1つであることを書いてきました。



筋肉トレーニングは身体にとって非常に良いこと
なのですが、このトレーニングは毎日ではなく、
適度に行う事をおすすめします。


その理由として「筋肉の性質」があります。
それは細胞の修復機能であり、筋肉を鍛えるという
ことは、この修復機能を利用したものなのです。


そして、筋肉を鍛えることは言い方を変えれば、
筋肉細胞を傷つけるということ
といえます。


少し話をまとめますと、運動である程度の負荷を筋肉に
加えると、筋肉細胞が損傷します。
すると、傷ついた筋肉細胞には修復機能が働き、再び筋肉が
傷つかないように前より太い筋肉に修復されていきます。

つまり、筋肉が鍛えられるためにはトレーニングによる損傷と
それを修復する働きという、2つの工程が必要
というわけなのです。


そのため、仮に毎日欠かさずトレーニングを行っていると、
筋肉の修復中にも損傷が行われてしまうことになり、十分な
効果が得られないのです。


アスリートなど一部の方は例外として、一般の方にとっては
運動のしすぎは身体にとってストレスとなってしまいます。



では、どの程度の頻度でトレーニングをすればよいのでしょうか?


理想的とされるトレーニングの頻度
としては3日に1回程度
とされています。
この頻度ですと、傷ついた筋肉細胞が
休みの2日間の間にしっかりと修復される
ので、筋肉細胞にかかる負担が最小に
抑えることができます。






筋肉を鍛えることは脳にも影響がある? ~老化防止には筋トレ?~

以前、筋肉の質を高める話で「脳から筋肉への神経の
経路を鍛える」という言葉を覚えているでしょうか?



脳から筋肉への神経経路を鍛えるということは、筋肉の
質を高めるとともに、脳も鍛えることが可能なのです。


もう少し簡単に言うと、筋トレをすると同時に脳トレも
出来てしまうということです。


例として、高齢者ドライバーの事故についてを挙げてみます。
こうした事故は主に加齢により、脳から筋肉への神経経路が
衰えてしまうことが大きな要因です。

その結果、脳が命令を発してから筋肉がその指令を実行する
までにかかる時間が長くなってしまうために起こるものです。


また、よくブレーキとアクセルを踏み間違えることも、
神経経路が衰えてしまうことで、筋肉が脳の命令を
間違えてしまうことが原因で起こるものです。


しかし、そうした神経経路の
能力が低下してしまった方でも、

脳から筋肉への神経経路を鍛える
トレーニングを重ねることで

運転の反応速度や精度が向上します。



そうした意味ではこのトレーニングは
ある種、脳に対して
老化防止になる
いうことが言えます。

<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

きばこ酵素風呂

お電話でご予約下さい!

045-306-9874

住所
神奈川県横浜市港北区鳥山町387-2
営業時間
10:50~20:30
定休日
不定休
入酵受付時間
11:00~18:00
(時期により営業時間短縮あり)

このページのトップへ
このページのトップへ