HOME > ブログ > 8ページ目

ブログ 8ページ目

体温は健康のバロメーター ~その9 体温上昇の恩恵~

以前、体温が1℃上がると身体の免疫力は500~600%も上昇すると
いう事を書きました。

そして、前回の話でも書きましたが、体温上昇のメリットは免疫力の
上昇だけではありません。


他にも、体温が1℃上昇することで身体に様々な変化が生じてきます。



今回は、そんな体温上昇の恩恵について書いていきたいと思います。

「体温が上がると血行が良くなること」
血行が良くなることで血液の循環が良くなり、身体を構成する細胞に十分な
酸素や栄養素が供給されます。


すると細胞の一種である筋肉の修復が良くなり、筋肉も増えやすくなります。
筋肉量が増えると身体の基礎代謝も上がり、内臓脂肪の解消にも繋がります。

そして同じ理由から骨も丈夫になってきます。
そのため極端な話、体温が上がることで骨粗しょう症といった病の予防に繋がる
というわけです。



また、血流が良くなることで胃や腸などの消化器系の臓器にも良い影響が
生じてきます。

例えば、胃腸の蠕動(ぜんどう)運動が活発になります。
蠕動運動とは消化した食べ物を腸の中で移動させたり、便を体外へ排出させたり
する動きのことであり、この運動が活発になると身体の中の老廃物や毒素が
排出され、便通もスムーズになります。

逆にこの運動が鈍くなってくると、身体に毒素が溜まってしまうことで様々な
病気を引き起こすおそれが生じ、便秘の原因にもなってきます。



さらに体温が上がることで、脳の血流も良くなります。
例えば、脳の中にある海馬という記憶に関する場所の血流が良くなることで、
記憶力低下や認知症の防止に効果があると言われています。



このように体温上昇により、血行が
良くなることで身体にとって様々な
メリットが生じてきます。
そのため、体温を1℃でも上げるように
心掛けることがとても大事なことと
言えます。



内臓脂肪の解消は体温が関係している? ~体温を上げてメタボ改善~

今回はメタボリックシンドロームの改善について、少し書いていきたいと思います。



メタボリックシンドロームの大きな要因として、「内臓脂肪」という問題があります。

内臓脂肪は内臓の周りにつく脂肪のことで、身体につきやすい脂肪です。
この内臓脂肪が身体につく原因の多くは食生活にあります。
例えば、外食中心の食生活や、油の多い肉料理中心の食生活などを
送ってしまっていると簡単についてしまいます。

しかしその反面、身体から取れやすい脂肪でもあるため、食生活に気を
付けることや運動などで減らすことが可能です。



その食生活の改善とともに、「体温を上げること」がメタボリックシンドロームの
改善に繋がってきます。


体温を上げるメリットは免疫力を高めることだけではありません。


体温が上がると、基礎代謝のエネルギー量が増えます。
私たちが1日で消費するエネルギーの大半は基礎代謝といい、
生命活動を維持するために必要なエネルギー量で占められています。


つまり体温が恒常的に上がれば、
その体温にするためにより多くの

エネルギーを必要とし、消費する
身体になるため、内臓脂肪の解消に

大きな影響を及ぼしてくるのです。




そのため、体温を上げるということはメタボの改善や予防などの点から
非常に大事なことと言えます。








メタボリックシンドロームの意外な原因とは? 

今回はメタボリックシンドロームの原因について書いていきたいと思います。



メタボリックシンドロームの病態生理学的原因は3つあると言われています。
1つ目の原因は「過食」、2つ目の原因は「運動不足」と、生活習慣に関わる
この2つの原因については多くの方がご存じのことと思います。

3つ目の原因は男性のメタボリスクを高めている意外な原因です。
それは「男性の更年期障害(PADAM)」です。

以前は更年期障害があるのは女性だけで、男性に更年期障害はないと考えられてきました。
しかし、現在では男性でも更年期障害に苦しむ方が増えてきており、認知度も高まっています。


女性の更年期障害は女性ホルモンであるエストロゲンの低下により引き起こされ、
男性の更年期障害は男性ホルモンであるテストステロンの低下により引き起こります。
両者とも性ホルモンの低下によって起こるものですが、その症状としては大きく異なります。

女性の更年期障害が生理不順やホットフラッシュなどの身体症状が現れるのに対して、
男性の更年期障害はうつ病に似た精神症状が現れます。
そのため、男性のうつ患者者の中にはかなりの数の男性更年期障害が含まれていると
言われています。


本来、性ホルモンは年齢とともに徐々に低下していくものですが、更年期障害が
現れる人は急激に低下してしまいます。
その原因はストレスにあり、男性ホルモンであるテストステロンの急激な低下が
男性のメタボリックシンドロームに関係してくるのです。



というのはテストステロンと内臓脂肪は
反比例の関係
にあり、テストステロンが低下
すると、同じ脂肪の蓄積でも皮下脂肪では
なく内臓脂肪として蓄えられやすくなります。

前回お話ししましたが、メタボリックシンドローム
と関係しているのは内臓脂肪による肥満
です。



このように男性の更年期障害により、テストステロンの低下を招くことで内臓脂肪の蓄積に
繋がってしまい、その結果としてメタボリスクが高まっていくということになるのです。

そのため男性の方が女性に比べてメタボになりやすい傾向にあります。




メタボリックシンドロームとは?

今回はご存じの方も多いと思いますが、メタボリックシンドローム(通称:メタボ)
について書いていきたいと思います。



まず、メタボリックシンドロームの話の前に「脂肪」の種類について少し説明していきます。


脂肪は身体に付く場所によって、大きく「皮下脂肪」「内臓脂肪」に分けられます。

わかりやすく言うと、「皮下脂肪」とは名前の通り、皮膚の下にある脂肪のこと
指でつまむことのできる脂肪と考えてください。

また「内臓脂肪」とは内臓の周りにつく脂肪のことで身体の内部にあるために
指でつまむことができない脂肪と考えてください。


そして肥満は「皮下脂肪型肥満」「内臓脂肪型肥満」の2つのタイプに分けられます。

皮下脂肪型肥満は腰回りやお尻、太ももなど下半身を中心に脂肪が付いた肥満
ことで、見た目の体型から「洋なし型肥満」とも呼ばれています。

内臓脂肪型肥満は内臓の周りに脂肪が付いた肥満のことで、お腹がポッコリと出る
体型から「りんご型肥満」とも呼ばれています。



この内臓脂肪型肥満に加えて高血圧や
高血糖、脂質異常が重なった状態のことを

メタボリックシンドロームと言います。


通称メタボは動脈硬化を引き起こし、脳卒中や
心臓病などをはじめとした様々な病気の原因
となるおそれがあります。




最後にメタボリックシンドロームの判断基準について書いておきます。
内臓脂肪型肥満:腹囲(へそまわり)が男性85cm以上。女性90cm以上。
②血清脂質:中性脂肪(トリグリセライド)値が150mg/dl以上。

         HDLコレステロール値が40mg/dl未満。
③高血圧:最高血圧が130mmHg以上。最低血圧が85mmHg以上。
④高血糖:空腹時血糖値が110mg/dl以上。



①の内蔵脂肪型肥満に加えて、②~④の3項目のうち2項目以上当てはまって
しまうと、メタボリックシンドロームと診断されます。


体温は健康のバロメーター ~その8 免疫力が高まる理由とは? その2~

前回、免疫力の高まる理由として「血液の流れが良くなる」という
ことについて書いていきました。

今回はもう1つの理由について書いていきたいと思います。



2つ目の理由として、「酵素の活性が高まる」ということが挙げられます。
以前お話ししたように、私たちの身体は何を行うにも「酵素」が必要です。

もう少し説明すると、私たちの身体は体内で様々な化学反応が絶えず
行われており、その際に酵素が必要となります。
この化学反応とは食べ物を消化する「分解」や栄養素を体内に取り込む
「吸収」、老廃物を体外に出す「排出」などがあります。
また細胞が新陳代謝などを行うのも酵素が必要となってきます。
そうした意味で酵素は生命維持に必要不可欠なものと言えます。


その酵素は体温が37.0℃より高いときに、より活性化すると言われています。
酵素がしっかりと働いている状態では身体の機能も正常に働き、
免疫力も高いため、病に侵されにくい健康な身体を維持することができます。

しかし、36.0℃以下の低体温の状態では酵素の働きが悪いために、
免疫力が低下してしまい、身体に何らかの悪影響が生じてきます。



そのため、体温をしっかりと上げて酵素の活性を高めることは、
とても大事なことと言えます。




{関連記事はこちら}
[酵素の働きとは?]
[酵素不足は消化不良を引き起こす?]
[酵素不足は肥満を招く?]

体温は健康のバロメーター ~その7 免疫力が高まる理由とは?~

前回、体温が上がれば免疫力が格段に高まり、逆に体温が下がれば
著しく低下してしまうという体温と免疫の関係性について書いていきました。



では、なぜ体温が高いと免疫力は高まるのでしょうか?
理由としては大きく2つあります。

まず「血液の流れが良くなる」ということが挙げられます。
血流が良くなると免疫力が高まるのは、免疫機能を持った白血球が
血液の中に存在しているためです。


血液の働きとしては2つあり、身体中の細胞に栄養や酸素を送り届け、
代わりに老廃物を持ち帰る働き
免疫機能としての働きがあります。


先ほど名前の出た、白血球は血液を介して身体の中を巡る中で、
身体の中に異物が侵入してきていないかをパトロールする働きがあります。
そして異物を発見すると素早く対処して、他の白血球の応援を呼びかけます。


このような白血球の働きによって、私たちの身体は侵入してきた細菌や
ウイルスを駆除し、身体の健康を保っているのです。



しかし、このとき血液の流れが悪いとどうなるのでしょうか?
白血球は先ほどお話ししたように血液中に存在しています。
そのため血流が悪いと細菌やウイルスなどの異物対処に遅れが出たり、
応援の呼びかけにも反応が遅くなるなどその働きは低下してしまいます。




そして細菌やウイルスなどの異物駆除に
必要な白血球が足りなければ、身体の
免疫機能が負けてしまうことにより、
病に侵されるおそれが生じます。




そのようなことにならないために、体温を上げて血流を良くするということが
とても大事なことと言えます。





もう1つの理由は次回に書いていきたいと思います。

体温は健康のバロメーター ~その6 健康のためには体温を上げましょう~

これまで低体温の状態が身体へ大きな影響を与えるということを
書いてきました。

つまり体温によって私たちの健康状態が左右されるといっても
過言ではありません。



その健康で病気になりにくい身体になるためには、どのようなことを
すればよいのでしょうか?

これまでの話から考えれば、自ずと答えは出てきます。
それは「体温」を上げるということです。

もう少し詳しく言うと、「体温を上げ、その体温を恒常的に
高い状態に保つ」
ということが大事なことです。




話が少し変わりますが前回、体温が1℃下がると免疫力が
30%低下してしまうという話をしましたが、
逆に体温が1℃上がると免疫力はどのぐらい上昇するのでしょうか?

下がるのと同じぐらいで30%ぐらいの上昇かな?とお思いの方も多いと思います。


ある研究によると、実に驚くべきことに
免疫力は500~600%の上昇
言われています。
つまり、体温を1℃上げることで
身体の免疫力は5~6倍も高くなる

ということになります。


例えば、よく風邪をひいたときに発熱するのは、体温を上げることで免疫力を
高めようとする身体の防衛反応ということなのです。



そのため、「体温の高い状態を意識する」ということが身体の免疫力を
高めることに繋がり、
その結果として健康で病気になりにくい身体に
なるというわけなのです。



体温は健康のバロメーター ~その5 低体温の状態が病気になるわけとは?~

前回の話で少し書きましたが、体温は身体の免疫機能に
大きな影響を与えます。




低体温は身体にとって非常に危険な状態であるといえます。
ある研究では体温が1℃下がると、免疫力が30%も低くなると言われます。

免疫力は私たちの身体を様々な病から守るためのもので、この機能が
正常に働いていることで健康を維持しているのです。


この免疫力が低下すると、菌やウイルスなどから身体を守ることが
できなくなってしまい、病を引き起こすおそれが生じます。




つまり、体温が下がり低体温に
なってしまうと病気に対する抵抗力が
下がり、抵抗力が低下したことに
よって病気が発症・悪化してしまうのです。

こうした状態になると体内環境が
悪化してしまい、さらに低体温に
なってしまうというおそれが生じます。



すると、ますます免疫力が下がることで病に侵されやすくなるという
負のスパイラルに陥ってしまうのです。




体温は健康のバロメーター ~その4 低体温になる原因とは?~

「低体温」は身体の冷えから生じるものですが、そもそもの原因とは何なのでしょうか?




身体の冷えの原因の1つとして
「ストレス」があります。
現代社会はストレス社会とも
言われており、私たちは日々
何かしらのストレスを感じながら
生活しています。


ストレスには身体的ストレス精神的ストレス環境ストレスなど
様々なものがあり、さらに一過性のストレス慢性的なストレス
などに分けることができます。


私たちの身体はそのようなストレスに対処し、健康を保つための
機能が備わっています。

それは自律神経のバランスです。
この自律神経は「交感神経」と「副交感神経」の2つが交互に
働くことで、身体のバランスを整えています。


交感神経は仕事などで働いているときや運動しているときなど
身体が活動的な時に働きます。
副交感神経は寝ているときやリラックスしているときなど身体が
休息しているときに働きます。

私たちの身体を様々な病気から守る免疫機能は、この自律神経の
バランスが保たれていることで正常に機能し、その結果として健康を
維持することができるのです。



しかし、身体に過度なストレスを受けると交感神経または副交感神経が
過剰な緊張状態となり、自律神経のバランスが崩れてしまいます。

この自律神経のバランスが崩れてしまうと血液の流れが悪くなり、
血液が全身に流れなくなることで、低体温となっていきます。



つまり、ある意味「体温」はこれらの機能が正常に働いているか
どうかを知る指標と言えるのです。

もう少し簡単に言うと、体温が正常であれば免疫機能も正常に働いている
状態
であり、反対に体温が異常(低体温)であれば免疫機能が低下し、
上手く働かないことで身体は病に侵されやすくなってしまうのです。


体温は健康のバロメーター ~その3 健康な人の平熱は何度?~

前回、前々回と自分の平熱を知っておくという事が大事であることを
書いてきました。


では、健康な人の平熱は何度ぐらいあるのでしょうか?

この平熱は36.5℃~37.2℃の範囲と少し幅があります。

世間的には37.0℃ぐらいは微熱と捉えるかもしれませんが、
だるさや辛さなどの病的な自覚症状がなければ37.0℃は
熱ではなく、健康な体温と言えます。




では、なぜ現代社会では37.0℃を熱と捉えるのでしょうか?
それは前回にも書きましたが、現代人に「低体温」の方が
多いという現状があるためです。


低体温の状態は
免疫機能が低下し、
体調不良や病を
引き起こすおそれ
があります。




<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

きばこ酵素風呂

お電話でご予約下さい!

045-306-9874

住所
神奈川県横浜市港北区鳥山町387-2
営業時間
10:50~20:30
定休日
不定休
入酵受付時間
11:00~18:00
(時期により営業時間短縮あり)

このページのトップへ
このページのトップへ